「ほんわか・ほ協議会」こと若穂地区住民自治協議会

ほんわか温かい心と、若穂を+して「ほんわか・ほ協議会」。
若穂は、長野市の千曲川東岸に広がる”プチ田舎”のまち・・・。

《速報》 最高の秋日和の中で「赤熊」舞う!!

2016-10-16 | まちの話題

「保科に住んでるけど初めて見たよ」

・・・そんな人が多い?

保科地区といっても、高井穂神社の7区(八幡・町滝崎・久保・須釜・在家・引沢・五区)の祭り・・・・

ましてや、若穂の中でも川田地区や綿内地区にとっては知らない人がほとんどかもしれません

今回は「ほんわか・ほ通信」などでPRしました

若穂が誇れる貴重な伝統行事です 

(八幡公民館を経て行列は保科地区の中心部に向かいます) 

(御幣を持って先頭に立つのは今回の元締め、湯本幸さん:八幡区)

(伝承を受け継ぐのは「奴巻保存会」の皆さんです)

(今回の”殿様役”は東条歩希君(八幡区)。堂々として立派でした)

(殿様を警護する鉄砲隊・・・。もう少し衣装と装備にインパクトがほしいかな?)

(”見せ場” の、旧街道での奴巻パフォーマンスが始まりました)

(ここが決め所!!重いですよ「赤熊」は・・・)

(ここまでには何回もの練習がありました)

(パフォーマンスを終えて(´▽`) ホッと一息)

(さあ、次の演技場所まで進軍です)

(大役 ”殿様” の心境はいかがかな?)

(神楽隊は殿(しんがり)を固めます・・・)

 

6年ぶりとなる、2016年10月16日(日)の保科高井穂神社の赤熊(しゃあま)のスナップでした

伝統を継承するのは人材的にも、経費的にもなかなか大変・・・

次回も開催されることを心より願います

                                                         (小)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は6年に一度の若穂保科... | トップ | 郷土史研究会が《真田三代の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む