「ほんわか・ほ協議会」こと若穂地区住民自治協議会

ほんわか温かい心と、若穂を+して「ほんわか・ほ協議会」。
若穂は、長野市の千曲川東岸に広がる”プチ田舎”のまち・・・。

若穂の課題について、加藤市長と懇談

2016-12-24 | 長電バス保科温泉線

12月22日、若穂地区住民自治協議会(綿内剛美会長)の代表13名が市役所を訪れ、加藤市長との懇談会に臨みました。これまでは若穂に市長や市の幹部を迎えて「集会形式」で懸案事項について協議してきましたが、今年度は初めての少人数による「懇談方式」。若穂は ①スマートICと”道の駅” ②千曲川新道 ③都市計画道路 ④住民自治協議会活動ーの4点をあげて要望し、意見交換しました。また、高齢化が進んでいる中で、若穂支所2階のホールを利用しやすくするためにエレベーター設置も要望されました。 (小 通信員)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「~堀直虎の側近として活躍... | トップ | 初日の出  多摩丘陵より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む