わかやま市民記者クラブ

一般市民が記者として報道する事で、地域の人々が一緒になって問題解決の方策を考える手助けになればと考えています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新年明けましておめでとうございます。

2006-01-04 12:36:49 | イベント
新年明けましておめでとうございます。
昨年の10月から、主催者である私の仕事関係が多忙となっていたため、殆どと言っていいほど市民記者活動をする事が出来ませんでした。

本年は、少々落ち着くと思いますので、リハビリ (^^ゞ も兼ねて、少しずつでは有りますが活動を再開したいと思っています。

今年度は、貴志川線の経営が南海電鉄から和歌山電鐡に移行し、また、無作為に開発が進められていた郊外の大型ショッピングセンターの新規開発に規制がかかってきます。
日本の人口も昨年度は一万人の自然減が発表され、少子高齢化社会に突入しております。ますます、量より質を求められ心も満足を求める人々増えています。統計では、子供の数より犬や猫などのペットの数を追いこしたのもうなづけます。

この様な時代、 日々の暮らしの中で感じた意見をインターネットを活用し一般市民が記者として報道する事で、地域の問題点に光を当て、地域の人々が一緒になって問題解決の方策を考えることは、ますます重要になると考えます。
コメント (12)   トラックバック (62)
この記事をはてなブックマークに追加

存続を祝う会開催-和歌山、貴志川線、16日

2005-10-17 15:25:57 | イベント
住民運動の盛り上がりなどにより、存続が決まった貴志川線(和歌山―貴志間14・3キロ)の存続を祝う集い会が、16日、和歌山県貴志川町のかがやきホールで行われ、沿線住民を中心に500名を超える参加者があった。主催は貴志川線の未来を"つくる"会。

つくる会の挨拶の後、和歌山電鉄の社長を無給で兼務する両備グループの代表小嶋光信氏、同グループのデザイン顧問水戸岡鋭治氏や、日頃の同線利用者を含めた討論会が行われた。小嶋光信氏は、「現在廃線問題が浮上した路線の多くは、地元自治体が主体となって第3セクターなどで運営されているが、その多くは赤字状態が続いているが、その原因の多くは、経営責任が曖昧だからだ。経営責任をハッキリとする事で、経営の透明化、年間定期券や記念乗車券など乗車券の多様化も図り、貴志川線を鉄道再生のモデルケースとしたい。また、地域の住民でしていただけることは是非してほしい。またイベントの企画など、地元の人的・物的資源を活かす場面では是非協力をいただきたい。」と語る。また、同グループのデザイン顧問水戸岡鋭治氏は、「最初は軽い気持ちで受けようとしたが、沿線住民の熱い気持ちに心を打たれた。住民の意見を聞いて、使い勝手が良く、無理の無い道具をデザインしたい。」と抱負を語った。
 
前後して、中村慎二貴志川町長や、県選出の国会議員3名などが来賓の挨拶に立った。途中遅れて会場に到着した和歌山市の大橋健一市長は、「沿線住民に乗れ乗れ、ばっかり言うだけではダメ。市役所の職員が自ら率先して乗る事が必要。沿線から通う職員には定期の現物支給も検討したい。」などど、語った。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

君も社長になろう!自分自身に挑戦する生き方、講演会開催へ

2005-05-18 21:36:10 | イベント
「起ち上がれニッポンDREAMGATE」チーフ・プロデューサーの吉田雅紀氏の講演会、
『雇われないで生きて行く“独立起業”君も社長になろう!~自分自身に挑戦する生き方~』が、6月4日(土)の13時30分~15時30分、和歌山市園部の能力開発機構和歌山センターで開催される。先着100名、無料。

ドリームゲート(Dream Gate)とは、夢を追うすべての方に、やりたいことをやる道として会社員以外にも独立・起業という道があることを知ってもらい、同時にその挑戦を様々な形でサポ―トをする経済産業省後援のサービスのひとつ。

問い合わせ先は、雇用・能力開発機構和歌山センター 業務第一課で、
電話 073-461-1548、FAX (073-464-2020)、申し込み用紙は、
同ホームページからダウンロードできる。詳細は以下の通り。【了】 

主催:独立行政法人雇用・能力開発機構和歌山センター、 ドリームゲート近畿
後援:NPO和歌山ビジネスサポートクラブ 
開催日時:平成17年6月4日(土)13:30~15:30
会場:和歌山市園部1276番地(和歌山県自動車学校の西隣り)
   独立行政法人雇用・能力開発機構和歌山センター(セミナー会場)
駐車場無料
対象者:創業・異業種進出を目指す方 / 参加費;無料/先着100名
テーマ:『雇われないで生きて行く“独立起業”君も社長になろう!~自分自身に挑戦する生き方~』
講 師:吉田雅紀氏
講師プロフィール
「起ち上がれニッポンDREAMGATE」チーフ・プロデューサー / (株)ベンチャー・サポート・ネットワーク代表取締役
大阪市が運営する創業支援施設「あきないえーど」の所長を経て、日本に起業文化を構築するため、2003年DREAMGATEプロジェクトを立ち上げる。自身も中小企業診断士の資格を持ち、起業家の育成・支援を精力的に行う。

お問い合わせ先
独立行政法人 雇用・能力開発機構和歌山センター
業務第一課 電話 073-461-1548 FAX 073-464-2020
メールによるお申し込みは wakayamac02@ehdo.go.jp まで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴志川線の引継ぎ、岡山電気軌道に決まる

2005-04-28 18:56:58 | 貴志川線
テレビなどの報道によると28日、和歌山市と貴志川町(きしがわちょう)が公募していた南海貴志川線の継承事業者に岡山電気軌道(本社岡山市)が選ばれた。

公募に対し最終9者が名乗りをあげていたが、岡山電気軌道を選んだ理由について和歌山市長は、「事業計画、資金計画、共に優れている。既に鉄道事業を行っているなども決め手になった。」と、話されていた。

今後、岡山電気軌道は、住民や行政と共に運営協議会の設立し、新たに資本金3000万円の新会社を設立し地元で社員を募集する予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激安ツアー棚田体験300円―6月5日(日)

2005-04-28 15:21:16 | イベント
6月5日(日)10:30から、和歌山県海草郡美里町赤木にある棚田で田植え体験等が行われます。
参加者は当日、JR和歌山駅東口9時に出発する無料のバスを利用するか、現地に10時に
集合、参加費は保険代300円。小学4年生以上、家族同伴可、弁当、水筒等は各自持参、定員60人。当日は、簡単な水辺生物の観察などを予定しています。

棚田とは、自然傾斜を利用した農地が階段状に分布している地形を表すもので、
雨水を蓄えゆっくりと下流へ流すことでダムと同じ役割をします。また、汚れや細菌がろ過した水が地下水となり、下流で生活用水や工業用水として再利用されています。

参加希望者は、往復ハガキで代表者の住所、電話番号、参加者全員の氏名、年齢、集合場所を5月23日までに水土里(みどり)ネット和歌山
〒640-8249和歌山市雑賀屋町1
尚、参加者多数の場合は抽選、和歌山県民優先。

問い合わせ先、県庁農村計画課 073-441-2943 担当 高瀬さん、中谷さん 【了】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴志川線を応援するファンド勉強会―5月1日開催

2005-04-28 10:06:09 | 貴志川線
5月1日(日)午前10時、和歌山市手平のビッグ愛(6F、和歌山県NPOサポートセンター会議室)で、南海電鉄撤退後の貴志川線を市民が資金面で支える市民ファンド「コミュニティ・ファイナンス分科会」を開催します。オブサーバーの参加も歓迎、無料。

「和歌山市民アクティブネットワーク」(代表、小田章和歌山大学長)の貴志川線分科会として(代表小山正人さん)数回のファンド勉強会を開催した後の第一回。
この市民ファンドは、金銭的な見返りが主な目的の企業向けファンドとは異なり、精神的共感や満足感を主眼においたファンド、同じような趣旨のファンドに風力発電などがある。

参加希望者は、氏名・職業/勤務先・電話番号・FAX番号・Eメールアドレスを、事務局の糀谷昭治さん迄、073(432)1444(和歌山社会経済研究所内)


和歌山市民アクティブネットワーク
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPOと行政、よりよい協働とは?

2005-04-26 15:02:14 | オピニオン
NPOと行政、よりよい協働とは? 【ライブドア・PJニュース 04月26日】- NPOと行政との協働が叫ばれて久しいが、中々上手く協働が出来ているとは感じられない。それには幾つかの理由があり、それらを理解し新たな対策等を講じなければ同じことだと思う。

1)行政 VS NPO、市民
【今までの協働】 
例)平日の午後、某市の会議室で市民と行政との協働についてシンポジウムがあった。市民との協働に対し、市の担当官は、「マニュアル等をつくり、今後検討していきたい」

※問題点 平日の午後、仕事を持っているNPOや市民が気軽に市役所に行けるのだろうか?また、マニュアルも必要かもしれないけど、今後はきめ細かく素早いサービスが必要になるだろう、それに、そのニーズは絶えず変化する可能性がある。マニュアルを作り、それに一々対応していては遅いのではないか?

例)博物館や図書館の運営をNPOに任せる
問題点 行政の安易なコスト削減に使われている場合が多い。

【新たな動き】
 自治体は今までの実績から毎年同じように補助金を出す方向から、公募による補助金交付の方向に代わってきたし、説明会が休日に行われるようなってきている。新規に応募しようとするNPO団体にとっては朗報である。

【新たな問題点】
 今まで貰っていた補助金がもらえないNPOや授産施設が増えてきている。行政だけに頼らず広く支援がもらえるように自ら努力しなければならない。

2)NPO同士の問題
【精神の貧弱さ】
 私が色々なNPOやボランティア団体と話す機会があって感じた共通点は、どの団体もボランティアの確保や運営等が精一杯で他人(他の団体)の話を聞く余裕が無い。助けて~ばかりで、他の団体と協働しようと思っていない(出来ない)。以前、和歌山県の委託事業「ふるさとからのNPO」の公開プレゼンテーションに出席したとき、他のプレゼンテーションが終わった団体に対し誰も拍手を送らなかった事に違和感がした。

 確かにライバルではあるが、一次審査を通り同じ県内でボランタリーの気持ちを持って活動されている人に拍手を送っても良いのではないか?因みに、大リーグでは良いプレーに対して拍手がおこる。そんな精神を見習うべきだともう。

【宣伝力の弱さ】
 インターネットを利用してNPOなども宣伝活動が行われるようになった。しかし、その余りにも多い情報の海の中でお金が掛けられないNPOなどの活動は直ぐに情報の海の中に沈んでしまう。そんな時こそ、パブリック・ジーナリストが必要で今後も注目されるのではないか? 【了】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ライブドアPJ、日本テレビの取材を受ける

2005-04-24 15:00:52 | ジャーナル
ライブドアPJ、日本テレビの取材を受ける【ライブドア・PJニュース 04月24日】- 日本テレビの撮影クルーが23、24日の両日、大阪で開催されたパブリック・ジャーナリスト(PJ)になるための研修会と、和歌山で実際に活動をしているPJを取材した。撮影内容は後日編集され、26日以降の同系列報道番組、「ニュースプラス1」で午後5時25分から放送される予定。

 同クルーは、米澤淳志ディレクター兼記者(36)以下4名で、23日は大阪・北区の貸会議室の一室で行われた研修会の様子と、PJの小田光康講師や参加者のインタビューを取材。研修会終了後に近くの飲食店で開かれた懇親会も撮影した。翌24日は場所を和歌山に移し、PJ武中の勤務、ネタ探し、記事の打ち込みなどを撮影取材した。

 ニッポン放送の買収合戦でフジテレビは心身とも相当のダメージを受けた。だが、他局にとっては、ライブドア関連の報道が視聴率でトップを取っているフジを追い落とすのには格好の材料に違いない。ライブドア広報の乙部綾子女史に続き、今度はPJと…暫くの間、フジテレビ以外のテレビ局による「ライブドア関連報道」は続くだろうか?【了】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スプリングライブ 2005」開催

2005-04-24 14:59:48 | イベント
「スプリングライブ 2005」開催【ライブドア・PJニュース 04月24日】- JR和歌山駅西口地下広場で24日、和歌山大学軽音楽部、宮田スプレイキャッツなど8つのバンドとストリートダンス5組の「スプリングライブ 2005」が開かれた。

 午後4時、約200人の聴衆が集まってライブがスタート、バンドクループの後にダンスグループが踊る型式でライブが進行。時間が経過する毎に聴衆は増えていった。和歌山でも若い人達が「自分(の考え)を思いっきりアピールして、いろんな人とつながりを持って、学校・地域をみんなで創っていこう」の趣旨で作られた「NPOみんながおまつり」が主催。

 同会の和歌山県立大成高校の横出加津彦教論(39)によると、6月12日にはダンスのイベントを和歌山市駅前広場で開催する予定。

 パンクロック系のバンド(BBA)に出演する和田沙也加(さやか)さん(16)は、バンドを通じて楽しく交流できるのが大変気に入っていると話していた。【了】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イノブタダービー」開催=和歌山県

2005-04-23 14:58:38 | イベント
「イノブタダービー」開催=和歌山県【ライブドア・PJニュース 04月23日】- 和歌山県すさみ町商工会は5月3日、同町が主催する「イノブータン王国」のゴールデンウィーク中のイベントで、生後3ヶ月のイノブタを出走豚に仕立てて行う「イノブタダービー」を開催する。

 イノブタは1967年、同町にある和歌山県畜産試験場で生まれたイノシシのオスと豚のメス交配種。

 同町商工会広報の有田さんによると、「イノブータン王国」は1981年5月、当時のミニ独立国ブームに乗って「建国」された紀伊半島で初めてのミニ独立国。毎年ゴールデンウィーク中に多種イベント「王国建国祭」を開催しており、「イノブタダービー」は今年で25回目を迎える。

 レースは競馬と同じ要領で、6頭立てで4レースが行われ、連勝複式の豚券が発行されるが、ネットでも豚券投票を受け付ける。当たり豚券から抽選で、各レース10人に王国オリジナルTシャツをプレゼントされる。本命は一枠のヨンサマ(3歳オス)、対抗は2枠のラクテン(3歳オス)と言ったところだが、3枠でM&A豚舎所属のホリエモン(3歳オス)も外せない。詳しくは、王国競豚新聞で。投票期間は5月2日まで、無料。【了】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加