高校「倫理」の授業録

高校「倫理」の授業で喋った与太話集。

【コラム】クイズ「アテネの学堂」(古代ギリシアの確認問題)

2017年06月14日 | コラム


この絵は、ラファエロの有名な作品「アテネの学堂」(1509-1510年)です。
バチカンの教皇庁ラファエロの間に飾られていますが、この作品には古代ギリシアの哲学者たちが描かれていると言われています。
といっても、ラファエロ自身が誰が誰であるのか明示していませんから、それぞれのキャラクターからおおよそこの哲学者じゃないかと様々な研究者が解釈しているようですが、それぞれが食い違っているようです。
以下のクイズは、Michael Lahanasが推理したとされるウィキペディアの情報を参照して作成したものなので、精確さには注意しましょうね。あくまでゲーム感覚のお遊びということで。
というわけで、さっそく古代ギリシアの学習が終わった時点で、それぞれの哲学者の特徴を思い出しながら、以下のヒントを参考に図中の〇内の数字に当てはまる哲学者が誰なのか当ててみよう!


① 「アキレウスと亀」を提起した哲学者か、同名のストア派の哲学者。後者はストア派らしく、学園から帰宅する途中に転倒してつま先の骨を折ってしまった際、高齢の自分はもう死ぬのが適当だろうと考え、「いま行くところだ! どうして私を呼びたてるのか!」と言って、自ら息を止めて死んでいったというエピソードがある。

② 禁欲主義者と言えば…その割にはふくよかな気がしますねぇ

3 不明

④ 「万物は無限のもの」と述べた哲学者、「万物は火、水、土、空気の四元素からなる」と述べた哲学者か。あるいはボエティウスか。

⑤ 描かれた顔を見てわかるようにアラブ・イスラム世界におけるアリストテレスの注釈者として有名。ラテン語名アヴェロエスの名でよく知られている。スペインのコルドバ生まれのイスラーム神学者。これは教養と知っておきましょう。

⑥ 宇宙は数の調和で成り立っており、輪廻転生や音楽の調和と結びついていると考えた哲学者・数学者

⑦ ソクラテスに恋をした美少年か。あるいは、このスタイルからアリストテレスが家庭教師をした大王か。


8 アンティステネスか、クセノフォンか

9 ヒュパティア — フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレか、ラファエロの愛人マルゲリータ

10 アイスキネスか、クセノフォンか

⑪ 「あるものはある、ないものはない」と述べた哲学者

⑫ 言わずと知れた市民と対話する哲学者の元祖。けっこうカッコよく描かれているね。

⑬ 「万物は流転する」といえば?「暗い人」と呼ばれた哲学者らしく憂鬱そうに描かれていますね。ミケランジェロがモデルだとか。

⑭ 指をさす天上には真理のイデア界がある…といえば。手には著書「ティマイオス」をもっている。ちなみにモデルはレオナルド・ダ・ビンチ。

⑮ 対話相手である14の哲学者に対して、地上の事物に潜む質料と形相の一致を説いた哲学者。手には彼の著書『二コマコス倫理学』をもっている

⑯ 犬の哲学者と呼ばれ、大樽の中で生活した奇行の哲学者。そこには自足することと動じないことが大切だと考えた彼の思想の実践がある。神殿の会談でだらっと寝そべる姿は、彼らしさを表現しているのかな。住むところも気にせず、神殿や倉庫で寝て「アテナイ人は自分のために住処を作ってくれる」と言ったとか。僕はこの哲学者の生き方、大好きだなぁ~

⑰ 新プラトン主義の哲学者といえば…

⑱ 浴槽に入ると水面が高くなることに気づき、水は圧縮では容易に減容しない性質から、同じ体積分水面が上昇し、容易に体積を測ることができると考えた数学・物理学者か。あるいは「線は幅のない長さである」と定義づけるなど幾何学を発明した数学者か。


19 ストラボンか、ゾロアスター?
ゾロアスターはペルシア語でザラスシュトラといいます。ゾロアスター教の開祖ですが、これのドイツ語読みがツアラトゥストラです。これを聞いて、ニーチェの同名の作品を思い出せる人はすごいです。

⑳ 地球儀をもって議論していますね。天動説に基づいて天球図を作った天文学者。教養として知っておくとカッコいい。


21 プロトゲネス

R この絵の作者ラファエロです。西洋絵画には、時々作者自身が図中にひっそり描かれていることがあるんです。




どうでしたか?
それぞれのキャラにあった描き方がされていますか?
厳密な答えはわからないけれど、ラファエロの想像力と僕らの想像力を組み合わせて絵を鑑賞するのも楽しいよね!
答えはウィキペディアの「アテネの学堂」をクリックして確認してみよう!
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【第6回】ソクラテス②-ソク... | トップ | 【第7回】プラトン① »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL