わじゅ カタル

山里・龍昌寺

2017-07-13 21:28:49 | 日記

 昼間薪切りの時、木陰で休んでいるとどこから出てきたものか、赤とんぼ(まだ赤くはないが)が群れて飛んでいた。そこに一陣の風が吹いて、ようやく気持ちの暑さが解消するようなおもいがある。こういうことはなんとも有り難い。夕方、暗く夜の帳が降りる前のひととき、ほんのひと声ふた声だったが蜩がカナカナと鳴いてくれた。うん、この声を聴くと毎度なにかしらこころにしみこんでくるものがあるね。古の人たちがこの蝉や鳥などの声に先祖の魂や霊性をかんじていた名残だろうか。蝶蝶のあのひらひらに浮遊する魂をみていたということを、先途書いてからなんだかこちらも意識するようになり、蝶蝶をみると妙な気分におそわれる時がある。こういう感覚も歳とともに変わりゆくものとしてあるんだね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅採り | トップ | 例年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。