わじゅ カタル

山里・龍昌寺

万葉の頃

2016-12-13 20:38:17 | 日記

 古文の会で、今、万葉集を読んでいる。人麻呂や額田女王の名前ぐらいは、知ってはいる。けれど、ほとんど名前だけで。しかも和歌を読んでも、こちとら基本的な素養というか、詩心がどうもチンプンなのだ。彼らの和歌もこちらを素通りしているようで、なんともなのだ。それで、万葉の頃を舞台にした小説がないものかと、近くの図書館で探して借りてきた。「天智帝をめぐる七人」杉本苑子。大化の改新は中大兄皇子が主役で、蘇我入鹿親子は悪役と思い込ませるものありて、それゆえ蘇我一族がほしいままにしていた政治を、彼らを一掃することで改新したんだと、思っていたのだ。ところがこの小説では、中大兄皇子は小賢しい狭量なものとして描かれており、蘇我入鹿を懐の広い革新的なものとして描かれているから、まったくひっくりかえされて読まされている。それはそれで、作家がそう書きたい何かがあるのだろう、と思って読み進んでいる。人物像はともあれ、その万葉の頃のありようが小説ならではこそ、よくみせてくれるのであるよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢庵漬け | トップ | 冬の勉強会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。