わじゅ カタル

山里・龍昌寺

草取り

2016-09-15 21:29:28 | 日記

 玉葱苗のところ草取り2回目である。この時期またたくまに草で覆われる。玉葱の発芽率は悪い。ふつうのものが80%だとすると、60%ぐらいか。草取りをしながら追肥をしている。で、思ったこと。同じように種まきをしているのにもかかわらず、芽のよく出ているところと、出ないところの差はなんなのか。種そのものに問題があるのか土の何かなのか。きっと理由があるのだろう。それに出た苗もすくすく伸びているものと、いじけたように小さいものと、この差はなんなのか。こんなことは考えても詮無いことなれど、人ならば平等だの、健常者と障害者などとレッテル張られて、その後の人生に多大な影響を与えるのだが、それでその後の人生楽しかった?幸せ?であったかなどはまた違うことなのだ。苗ならば、役に立たないものは、捨ててしまうだからね。そこでも人であることの意義が問われるね。などと草むしりしながら、思いめぐらした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼しい | トップ | 村の爺様 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。