わじゅ カタル

山里・龍昌寺

十三夜

2016-10-14 22:00:20 | 日記

 快晴のもと稲刈りは、元気に始まったのだ。やっぱりお天気がいいと気分もさわやかだよね、ね。などとやっておったのだ。昼過ぎにコンバインの脚、キャタピラー(正式にはクローラーという)が切れてしまい立ち往生。農機屋に連絡すると月曜にならないと入らないと言う。信州から田んぼが大好きな友も来て、さあやるぞっだったんだ。いやはや。切れてしまったものをぐずぐずいうこともできず、切れたものをはずしにかかるも、これがまた難関である。道具を取りに何回、寺を往復したことか。ジャッキで持ち上げて、クローラーを張っているネジをゆるめる。これがたいへんっだった。もちろんクローラーは泥でびっしりだから手で取り去って、などとやっていたら、もう夕暮れだ。あれ、お月さん丸い、くっきりと我を照らすように輝いていたなぁ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒い | トップ | そば切り仁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。