わじゅ カタル

山里・龍昌寺

2017-07-06 21:57:19 | 日記

 昨晩七尾の友人一家が孫たちもつれて蛍を見に来た。あいにくお月さんが煌々と輝いており、暗闇に明滅する妖しい様相をたのしむことはできなかったが、それはそれ。幼きものたちが歓声を上げて追いかけるさまも、またいいのである。

 

 大蛍ゆらりゆらりと 通りけり  一茶

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラーム文化 | トップ | サラダ記念日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。