きまぐれ和次朗日記帳

あわてないと思っていても
ついついあわててしまいます
酒でも飲んで唄でも歌いながら
ぼちぼちいきましょう

誰もいない海

2012年08月29日 | 新潟からの便り
まだまだ暑い日が続く

人間達の夏は終わったようで もう誰もいない

ウミネコ達が佐渡を眺めている … 邪魔する人間がいないから … 静かにじっと眺めている …
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震雲?

2012年08月28日 | 新潟からの便り

昨日の早朝の空 ‥ まだ明けぬ空に気になる雲を見つけた ‥ 金星がその雲を見下ろす

本来 地震雲という定義は確立されていないようだが やっぱり気になる

東の空がすっかり明け 新潟、福島、山形の県境あたりからも 不思議な雲が立ち上がっていた

否定も肯定もできないが 気のせいであってほしい

                                          

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

案山子

2012年08月26日 | 新潟からの便り

「元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか 淋しかないか お金はあるか 今度いつ帰る」

さだまさしさんの「案山子」の出だし さださんの曲の中でも想い出に重なる好きな歌です

遠く離れて暮らした私に 幾度も心配の便りをくれた今は亡き母親につながる歌 ‥

JR信越線沿いの田んぼに 案山子が立っていた ‥

マネキンなのでちょっとリアルすぎる ‥ 鳥達も 危害を加えないとわかれば効果は無いようだ

「越路早生」の稲刈りが もう始まっている ‥ 7割が一等米

今年は「こしひかり」の成長も早いようだ ‥ 新米はおかずが無くても美味しくいただける

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひまわり

2012年08月23日 | 花の便り

国道沿いの「ひまわり」

「ひまわり」の花を見ると何故かイタリア映画「ひまわり」の曲が頭を過ぎる

まだ小学生の頃のソフィア・ローレン主演の反戦映画

内容はわからなくても音楽だけが身体に染み込んでいる

同じイタリア映画「鉄道員」など 昔の映画は哀愁を帯びた曲が多く 何度聞いても心を潤す ‥

「ひまわり」の花言葉のひとつに「あこがれ」がある ‥ 海外に行くと地平線の向こうまで「ひまわり」に埋めつくされている風景があるそうだ ‥ 一目見てみたい ‥ あこがれである

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンクリートの隙間から咲く花

2012年08月19日 | 花の便り
コンクリートの表面は40度は超えているだろう

何を好んで過酷な最中を顔を出してきたんだろうか

この花の名はなんだろう

山道を行き交う人のように思わず声をかけてしまった「こんにちは!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加