汐まねきのブツブツ・Ⅱ

汐まねきは新しい住処に移り住むことになりました。
またブツブツと泡を吹かせてもらいます。

汐まねきの経済論#109 資本主義の街道まっしぐら・ロッキード社

2017年01月15日 | 日記
ロッキード社が資本主義(自由競争主義)の街道をまっしぐらに歩むことを宣言しました

1月13日、ロッキード社のCEOのマリリン・ヒューソンが次期大統領就任予定のトランプに対してロッキードの製造するステルス戦闘機F35の
大幅な値下げと1800人の労働者の新規雇用を明言しました。このことはほとんどの方がご存じのとおりです。

本題はそのあとです、
ヒューソンCEOは、1800人の雇用は増やします、しかしロッキード社の利益は確保しなければなりません、そこで労働者の賃金は減らさざるを得ません、さらに雇用を継続させるため、又製造の、コスト削減のために大量生産をさせていただきますので戦闘機を消耗してください、よろしくね。と言ってはいないようですが、彼女の本音というよりは、資本主義の(自由競争主義)の方程式通りですから今更、なにも言う必要はないでしょう!ということでしょう。

これは当然発表されなければならない筈ですが省略されてしまいました。

まさに資本主義の終着点である、労働者の貧困化、貧富の格差の増大、そして一歩間違えると戦争への道へとまっしぐら。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

汐まねきの経済論#108 2017年の経済論

2017年01月05日 | 日記
2017年今年の経済論

今年の経済論は数字の経済からら脱却して思想の経済に向くのではないかと予想しています。

正月1月3日NHKで珍しく真面目で見ごたえのある番組がありました,ご覧になった方も多いことと思います。
資本主義はどこへ向かうのか・・・というタイトルで、J・ステグリッツがでていました。

数字を使わない経済学は経済学ではない!というのがこの30年ほどの経済学でした、経済学者は数字を追いかけることで
経済学者として認められてきたのです、数字の奴隷になっていました。その結果は経済の為に人間・社会が存在することになりました
、それは逆で、人間・そして社会のために経済があるのでしょう? 昔のルネッサンス・人間復活です。

まさにその通りです、数理経済から経済哲学へと転換するのが、経済学にとっての今年の方向ではないかと考えています。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

汐まねきの経済論 #107 パリ協定を思う

2016年12月30日 | 日記
パリ協定・・気候変動枠組み条約に思う

今年もあと少なくなりました。
今年、最も大事な会議は何といっても十一月にモロッコのマラケシュで開催された地球温暖化に関する会議・COP22でした。
世界の情勢がどのこうの、経済が・金融が・それに文化が・オリンピックが・・・なんとか・といっても
もしかしたら今後、、地球全体で人間も動物も植物も生きていられるかどうか?を考える会議でした。

しかし、そこでは、先進国のグループは技術を開発して、それを防ぐ様々な方法を考え出したうえ機械や道具を開発して、それを
開発途上国に売りつける算段をしました、一方、開発途上国は、どうしたら先進国から援助のお金を引き出させるか?を要求する会議
になったのです。


何時になったら、真剣に考えることになるのでしょう、気が付いたときは手遅れだった、という可能性があるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汐まねきの経済論#106 労働は悪・遊びは善

2016年12月13日 | 日記
プレミアムフライデー
とうとう、働かないで遊ぶことが奨励される事態になりました。

これは、従来の経済の基本的原則からは完全に反対の論理です、まさにノーベル賞(経済学部)ものといえるでしょう。
プレミアム・フライデーです。

政治と経済は車の両輪の関係にあります、政治が経済をカネだけの面でしか見ていないことから、この様な
珍説・奇案・が堂々と恥ずかしくもなく出てくる始末になりました。

かって、経済学を学ぶものにとって経済原論という科目が一番重要な科目でしたが最近があまり耳にしません、
金融が第一の座の位置についています。

金融・イコールが経済ではありません、こんな基本がおろそかにされることから、プレミアムフライデーの
妖怪が生まれ出てきました。

ちなみに、働かないで、遊べ、そして、賭博を奨励する国や政府がどこにあるのでしょう。

健康のためなら死んでもいい?!という笑い話があります、おカネのためなら滅んでもよい・・・これは笑って済ませる
わけにはいきません。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急報告です・津波

2016年11月22日 | 日記
22日の朝早くの福島県沖の地震で津波が押し寄せました。

宮城県多賀城市の砂押川に津波が押し寄せました、家の前が砂押川なので写真を撮ることができました。
何度も逆流をしたり、押し寄せたりを繰り返しています。

今回は、経済論から離れて緊急の津波情報です。

実は、この多賀城市には先月転居したばかりです、私は地震男。津波男、災害を呼ぶ男・・・なのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加