田舎暮らしの日々是好日

山羊とともにのんびりと農家生活をしながら日頃の憂さ晴らしをつぶやきます。

新潮社「波」 届く

2017-06-20 03:51:37 | 日記

 初めて手にする冊子だ。

 定価 百円(本体93円) 

 百ページ余りあるのに 百円でできるのにはまず驚いた。


 広告代で経費を賄うのだろう。





 境界紀行」 たましいの行方をさがして  谷川ゆに

 4・5・6月号の6月号の中に与論島が取り上げられている。

 風葬を案内する機会があったので
 たまたま 私の名前がでてくるが、
 初めて会ったひととは思えないほど近しく話をすることができた。

 前世でも 近くにいて何かと相談委のってくれたかたであろうか。

 それとも あの世で再開して
 今世のはなしができるかたなのであろうか








 かつて味わったことない
 洞窟でのひと時であった。

 魂が引き寄せてくれたのか、
 川崎に出張があって
 大森で待ち合わせて話す機会ができたあとだけに

 やっぱしなー」

 と思わずにはいられない。

 聖なる予言」を読んでからは
 ますます
 あの世とこの世の境界が見えてきたような気がする。








 内と外
 げっとー   イザヤベンダさんを読みたくなった。




 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが胸の燃ゆる思いにくらぶ... | トップ | 梅雨明けの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。