田舎暮らしの日々是好日

山羊とともにのんびりと農家生活をしながら日頃の憂さ晴らしをつぶやきます。

ヨロン島エコツアーガイド連絡協議会の立ち上げ

2017-04-19 03:56:32 | 日記

  奄美群島が足並みをそろえるために連絡協議会を発足させる必要があったようだ。
  要綱の説明の後
  役員が事務局案のとおり決まった。

  会員は登録制で28名の申し込みがあったようで、
  業種の区分がはっきりしないので、
  役員の選出でちょっとした意見や提案があったのは当然のことだろう。

  自己紹介がてらに、
  実践者としての希望なども申し上げた。

  後の懇親会は結構盛り上がって、
  観光課長や事務局職員との交流が上手くいった。
  観光協会の自立に向けての活動が始まったといえそうだ。



  エコツアーガイド業を始めてから10年経った。
  お金をもらってガイドを始めた第一号が私だったの思う。

  昨日はサンケイツアーズのガイドを雨の中、無事に務めた。
  お客さんに喜んでもらえたことがガイドの喜び。




  娘を連れてまた来ますので
  個人ガイドをお願いしますと言われた方、
  その他の方々と握手を交わして別れる・・・。

  このホテルのお客さんがほとんどであるが、
  直接ここを通すと手数料がピンハネされるのが面白くないので
  半年前から断ることにした。
  ここの専属ガイドと思われたくない、
  ちょっとうぬぼれすぎた。
    ガイド従業員の養成をすべきである。




   これからは観光協会との連携を図っていこう。

  なんでもありを試してきたが
  今後は後輩の育成に移行しよう。
  やりたいことが多すぎて時間が足りなくなった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンケイツアーズの道案内 | トップ | ミツバチに刺されてしまった。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グライセン)
2017-04-19 06:05:01
おはようございます。
旅は添乗員と現地ガイドで7割決まるのかな~
特に現地ガイドに力が無いと海外では最悪!ただ、案内、説明だけでは務まりません。見学の範囲内も力のあるガイドなら交渉で広がります。乗り物の順番待ちもすぐ乗れたりするんです。こういう時は大抵ガイド自信が大きな組織の中に入っている模様です。これを感じたのはローマの時でした。
組織力もある程度必要なのかも・・・
縁の下 (泡盛)
2017-04-20 04:06:04
 添乗員さんとの相性の良しあしもありますね。
ガイド歴が10年にもなるので、言いたい放題させてもらっていますが、言い過ぎたり、政治や宗教、思想的な内容になった時、しまったと思って、反省することが多いです。
 とか、気に入ったお客さんとの受け答えが多くなったりして・・・。
 一般の観光ガイドよりも、調査研究のためのガイドの方が得意です。
 知識をひけらかさないような話し方態度の方が好感がを持たれます。
 聞かれて答える形式をとりたいですが、質問が少ないときは、こちらから質問します。
 名刺をくださいとか・・・、こちらも、お伺いしたいとか思うような方も時々あります。
 そんな方には、私の記事の乗った冊子とかを、さりげなくプレゼント・・。
 リピターになってくれれば 又会えます。
 これが都市と農村の交流の仕掛けです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。