日々雑感 わたしが思う あの事この事

進取究明。日常の中でふと気づいた事や過去への回想、現在・未来を思い、様々な人やモノ、思想への考察などを綴ってゆきます。

近隣の子供、道路族が酷い

2014年05月07日 | 日記
 毎日毎晩、夕方五〜七時過ぎになっても子供のけたたましく叫び遊ぶ声が聞こえる。うちの道路の前で近所の子供とどこか遠くの子供も合わせて、一種の道路族で、子供用の自転車やら何やら総動員で遊んでいる。
 親は家の中にいるのか外出しているのか解らず、幼い子供らだけで無法地帯のように遊ぶ。窓を閉め切ってもこうなのだから、これが夏になったら大変だ。
 幼稚園に通っている女の子供は三時位には終わるらしく、それと小学生の妹、姉の中学生、男の外の子供らが加わり、絶叫している。
 新郡山市長は子供の遊び場を作り、何でも子供子供と子供を優先する政策らしいが、何も進んではいない。
 親が飲み屋の子供で、教育も悪い。その他の子供を預かり、うちの目の前で近所迷惑をかけても何も痛くも痒くもなく、他人に悪いとも思わず、迷惑の掛けどうしである。外に出て遊んでいるくせに子供は皆デブだ。店の余り物をたらふく食べてブタになったのだろう。ワサワサこせこせしてあちこち騒いで動くから腹が減り、食い過ぎて豚になる。じっとしている子供のほうがやせているのが多いだろう。姉妹揃って女の子のくせに凄い大デブだ。醜い大太りで、その癖そいつらがけたたましい大声挙げて叫んでいるんだから、この連休中も折角の休みを台無しにされたと思っている人も多いだろう。
 どうして家の中や公園で遊ばないのか。昔の親は公園や家の中で遊ばせた。いまは親が遊びたくて外に出て行く。子供が家の中に居るのが普通だろう。車の時代に、他人の敷地の前の道路上(わたしの家の前は私道と公道、そいつらの家の前は公道・市道)で遊ばせなくてもいいのに。あっちもチョロチョロ、こっちにチョロチョロで、子供に道路を占拠されて車が出せない家もいっぱいあるのだ。
 家の中にそいつらがいても窓全開で夜中まで宴会をやっているようなうるささ。窓を閉めるという礼儀作法一つとしてない。
 しかも飲み屋の子の宵っ張りで飲み屋の夫が帰って来るのを母親子供含め家族全員で夜遅くまで待ち構えている。夜中でも家のレースのカーテン一枚で煌煌と明るい下の部屋の開け放たれたサッシ窓網戸から奇声、話声、泣き声、叫び声、怒号がこちらまで聞こえる始末。二階階段を駆け下り上る音もうるさい。
 常にかけずり回り、奇声をあげる。サルかブタのような醜い酷い叫び声をあげ、親は何も注意をしない。
 この一家の子供らの、女のくせに大げさな身振り手振り、大声で喚く(わめく)わざとらしい得意気な話し方、突然の大きな叫び声、泣き声、怒号、大きな音を立てて歩く靴音、サンダルの音、ボール遊びの音、etc…、、全てが嫌いだ。
 この問題一家の、道幅狭い道路を挟んだそいつら隣の家以外にも、その新興住宅の家の並びの家も二人の男女兄妹の子供が幼いくせにうるさい家がある。夫は付いて子供らを見張っているが、特にうるさくてもやはり注意もしない。親子で道路上で大声で騒ぎ、暴れ遊んでいる。一緒に遊ぶ男親は常識のない、オツムの弱そうな(性格も小狡く気弱そうな)、男の間抜け。やはりその同じ並びのうちからは狭い道を挟んだ隣合わせの問題一家のすぐ隣の男の子の家は今年から高校生で六、七人で集まりキャッチボールや自転車で騒ぎ、うるさい。総じて前は大きな駐車場だったここの新興住宅街の新しく移り住んで来てうちの家に面した五軒のうち三軒は何人もの子供ばかりの多い、そいつら何軒かが結託して大勢大挙して集まって道路上で騒ぎ出すと手の付けられない、家の中でもかなりうるさい、かなり大きな騒音を出す近所迷惑・無法地帯・問題家庭ばかりだ。
 夜九時半を回るのに自宅の車二台が停まった小さな猫額のようなそいつら問題一家の狭い庭で二人の姉妹がボールの投げ合い、ボールをコンクリート地面に叩き付けバウンドさせ、バレーボールもどきをやっていたのには参ったな。やはりばか親は何も注意をしない。これじゃあ、夜もおちおち眠れない。安眠妨害で、このDQNめと恨みたくもなる。本当にうるさかった。
 こういう親やうるさい子供は全国的に増えているらしい。「うるさい子供」「子供 道路族」他で調べると沢山の事例がある事がわかる。
 子供たちは国の宝、微笑ましい、天使のようだ、なんて決して言いたくはない。逆に道路族の教育・教養がなく、躾(しつけ)がしっかりと出来ていない子供らは国のお荷物、人非人、下らない、反吐が出る程憎らしい、ブタかサルのゾンビかモンスター、悪魔のようだと言いたい。
 この国はベビーブーム以前の子育て上手だったベテラン母親世代の日本とは打って変わり、昨今の少子化でむしろ子供の面倒は国から周りから手厚い保護で甘やかされ守られているくせに、育て下手再教育が必要な産む事だけは一人前のばか親とで、親の劣化(つまりは子供の劣化)が進んでいる。昔はこんな親や子供はいなかったし、見た事も無かった。
 子供がとみに多いうちの近所を見ると、本当に少子化なのかという疑問と、年々子供が大人や社会に対してつけ上がり、甘やかされているのが痛々しい程だ。数年前の民主党政権の子供手当などの悪法、悪い政治が今の禍根につながっている。

(類似参照記事
「うるさい餓鬼、近所迷惑」2013年07月07日、
「子どもらの騒ぐ声、平穏だった住宅街が… 」2013年06月23日、
「オリンピックイヤー、近所迷惑な子供、迷走する政治」2012年07月22日
「近所迷惑なうるさい子供、餓鬼(ガキ)」2011年07月07日
(一部参考、「昨日のしみじみ雑感-最近の中国、民主党など」2010年10月18日)
「近くのモンスター住民」2010年05月16日、
「近隣住民(モンスター住民)について」 2009年07月23日 

『日々雑感 わたしが思う あの事この事』 内ブログ記事参照)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« Braunにする | トップ | 共産党を選挙で選ぶのは誤り »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
様々な回答 (エル)
2014-05-14 00:42:21
>>毎日毎晩、夕方五、六時過ぎになっても子供のけたたましく叫び遊ぶ声が聞こえる。

他県から移住してきた世帯の子供である可能性がありますね。
他の県からの移住者や諸外国からの移民(特に中国系やイスラム系)を行政が安易に受け入れるという事は、文化や習慣の行き違いによる思わぬトラブルなどのリスクやそれに対応する為の配慮(イスラム系の場合、ハラル食を用意するなど)を抱えることになります。

>>外に出て遊んでいるくせに子供は皆デブだ。

最悪の場合、短命化する恐れがあります(実際に、沖縄県では戦後の米軍統治下でもたらされた食生活の欧米化がそういう結果を招いています)。

>>新郡山市長は子供の遊び場を作り、何でも子供子供と子供を優先する政策らしいが、何も進んではいない。

創風会は、このことに関して、市議会にて糾弾して欲しいものです。

>>この国はベビーブームの時の日本と、今の少子化とで、親の劣化(つまりは子供の劣化)が進んでいる。昔はこんな親や子供はいなかったし、見た事も無かった。

近年、死者を出すほど問題となっている保護者による児童虐待は、加害者がその親から悪い影響を受けて育ったことが要因の一つにあると言えます。

韓国の沈没事故について
韓国屏風(ヨンピョン)島沖で、フェリー「セウォル号」が沈没し、高校生など数百人(日系人1人含む)が亡くなられました。
事故原因は、過積載とバラスト水の操作、運航会社による管理体制の不備、船長の離席と三等航海士の経験不足、船体改造(かつて日本船であったなみのうえを流用していた)、船体検査制度の不備、船体の故障などです。
事故を起こしたフェリー会社清海鎮海運のオーナーである兪炳彦(ユ・ビョンオン)は、宗教団体キリスト教福音浸礼会(別名救援派=クウォンパ、五大洋集団自殺事件を引き起こしたことで知られています)の教祖でもあります。また、清海鎮海運やその子会社13社の従業員の多くは同教団の信徒です。
それ以外にも韓国国内では、ビルの傾きや倒壊、地下鉄事故などが相次いで起きています。
日本に対して過剰に追いすがろうとした韓国人の体質が、これら事故を引き起こさせたと言われています。

総連ビル売却問題
日本における北朝鮮大使館擬きの団体、朝鮮総連(チョンリョン)の中央本部ビルの落札者が香川県高松市の企業「マルナカホールディングス」(同社は朝鮮総連への貸出などは認めず、明け渡しを求める方針)に決まり、最終的に朝鮮総連の本部機能は関連団体である朝鮮出版会館(コリア・ブックセンター)や、同胞法律・生活センターへと移転しつつあります。
韓国、北朝鮮の事 (わたしより)
2014-05-14 05:48:14
知らない沢山の情報が入って来て、全部網羅していて、エルさんの情報、為になりました。
ふくしまFMが配信開始 (エル)
2014-05-14 09:02:25
RadikoにおけるふくしまFMの配信が2011年4月28日から2012年3月31日までの期間限定で行われて以降長らく途絶えていましたが、2014年5月9日付けで配信が再開したそうです。同局の受信が困難ないしは不可能な会津地方西部・南部では同サービスを介して聴けるようになりました。首都圏のラジオ局(例にBayFMやNACK5など)は、raziko.jp(radikoの下敷き)で聴けますが、ラジオベリーやTBC東北放送ラジオ、datefmなどの聴取は、従来のラジオチューナーを使う必要があります(datefmは郡山地区において、放送大学FMと同一の77.1MHzの影響で場所によっては受信困難ないしは不可)。
夏休みになって (Unknown)
2014-07-20 10:38:53
一戸建てに住み替え本当に失敗した。今話題の道路族がたくさんいるからだ。夕方になると奇声と共に出てくる。親は井戸端会議で知らん顔。一人出てくるとぞくぞくと出てきて家が一番気が休まらない。私の叔父は道路族の子供とぶつかり子供はなくなった。だから加害者になる怖さも知っている。その親は井戸端会議に夢中だったのに叔父が全て悪いと言っていたが結局親の責任も問われたらしい。道路で遊ぶ危険をわかってほしい。道路で遊ぶそして騒ぐのは迷惑だということも。家は休息できる場所のはずだ。お互いに気を使うべきだとおもう。

同情します (わたしより)
2014-07-20 14:46:13
いずこも同じ秋の夕暮れ(まだ夏だが)、うちの近所も補助輪付きの幼児用自転車で猛スピードで走る子供やボール遊びの小中高生、いろんな家の子供が入り交じり、大勢で示威運動でもしているかのよう。昭和の頃はこんな不謹慎、異常で常識はずれな子も親もいなかったはずが、今の時代は少子化で子供が大切に過剰に守られている為か、大手を振ってのし歩く。もういい加減にせい、といいたいです。
今、ヤンキーに怒鳴り込みにあいました (もも)
2015-05-25 18:03:52
人のうちの前で遊んで車にボールをぶつけるから自分のうちの前でやるように言ったら親が怒鳴り込みにやってきました。その人によるとこどもがすることにそんないい方をするのは大人げないことで、やめてください。だって。しかもこっちだって我慢してるんですよ!だって。
ただ、悲しい… (わたしより)
2015-05-25 21:31:11
全国、どこでも(特に新興住宅地、中には旧市街も)道路族の話題は尽きません。思えば、昭和以前の頃はこんな話は聞きませんでした。近所でこちらが子供に叱ればその親もそういうものだと思い、子供にも厳重に注意して躾けていたものです。この現代日本は、一体どうなってしまったのでしょうか。悲しい、としか言い得ません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。