ほのぼの主婦日記

毎日がワクワク・キラキラ☆
小さな感動の連続です。 

犬小屋の環境改善~高齢ワンコ(しかも外飼い)の介護奮闘編

2017-05-15 22:19:49 | ワンコの病気etc.

現在の我が家のワンコの状態

後ろ足のふらつきが酷いですが、なんとか歩行可能。散歩は毎日10分程度。

着けたままOKの介助ハーネス使用。

オネショは常時。寝返りは自分でできます。

食欲が落ちたものの、まだ自分で立って食べられます。

時々私が姿勢の補助をしたり、または小屋で横たわったまま食べさせることもあります。

 

 オネショどころか、結構な頻度で(大)まで犬小屋の中でしちゃうワンコ。

犬小屋に、マット(タオルケット類を重ねて布団っぽく厚みを出したもの)を敷いているのですが、

これがまた小屋の中で滑るんです・・・

後ろ足を庇うためでしょうか。どうしても犬小屋正面奥の壁に寄りかかるようになり、

奥の壁にぴったり寄せたはずのマットが、どんどん手前にずれてきてしまいます。

今までは、マットがずれるだけなら、ワンコがすのこの上で寝るというだけでした。

でも今は、オネショとウンチという問題があり、なるべく

「ペットシーツが敷かれていないスペース」を作らないようにしなければいけません。

 

で、購入してみました。

 

 

滑り止めマットです。

左と真ん中は100円くらい、右のは600円くらいでした。

それぞれ、見た目(目の細かさ)や触れた感じが違います。

今回は、左と真ん中のものを2枚重ねて使用することにしました。

 

 

こんなカンジです。

奥から手前にずれてくるので、奥の方に2枚重ねてみました。

新聞紙は、以前から隙間を埋めるために使っています。

この上にマット(布団)を敷きます。

 

マット(布団)は、昔息子に使っていた、子ども用のオネショシーツ(クリーム色の)でくるんでいます。

捨てなくて良かった~。

そして、手前から布団半分のサイズのタオル、その上にペットシーツを養生テープでとめます。

 

奥半分も同様にタオルを敷いて、その上にペットシーツを貼り付けます。

黒っぽく見えるペットシーツが厚手のもので、よくオネショをする場所に使用しています。

 

最後にスロープ代わりの段ボールを手前に敷いて、一応完成です。

 

【後日談】

この方法でも、やっぱり一日放っておくとかなりズレていました。

敷かないよりはマシですが、ズレに関してはさらなる改善が必要です

 

そしてもうひとつ。

夜中も小屋の中で作業することが多いので、

小屋の中用の照明を買いました。

 

1000円くらいでした。

電池式で、このまま小屋の中に設置することも可能です。(設置しても付けたり外したりできる)

これで少し作業がしやすくなりました。

 

最後に、小屋ではないのですが、ワンコの食事場所にも滑り止めとして玄関マットを敷きました。

これには抵抗がないようで、普通に上を歩いてくれます。

いつも、右に見えるブロックの上の、タオルの上にお皿を置いています。

このタオルは、もとは人間用の体洗い用のものでしたが、

ワンコのお皿の滑り止めにちょうど良いです

『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペットシーツ選び~高齢ワン... | トップ | ゴハンも食べなくなりました... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む