桐生仙人友の会

仲間内での情報交換を目的に行っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大軍師 黒田官兵衛/桜田晋也

2007年06月27日 | 小説・漫画
豊臣秀吉に仕えた軍師位の知識しか無かったが、この小説を読んで見方が変わった。軍師としてだけでなく、武将としても実績を上げている。

軍師としては、特に秀吉死後の動きは、凄い。結果的に、息子の黒田長政が五十二万石を徳川幕府から得ている。

ただ、主人公と対比させるためだろうが、石田三成や小西行長を必要以上に無能に描いていたのは気になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« データのバックアップ | トップ | エアコン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
軍師と参謀の意味は (山本勘助は軍師、瀬島龍三は参謀)
Googleを使い軍師と参謀の意味を調べました軍師とは大将のもとで、作戦・計略を考えめぐらす人。軍の参謀。(大辞泉)大将につき従い、軍事に関する計画を立て、作戦を考える人。参謀。(大辞林)とあります、軍師は軍監や軍者、軍配者、軍配ともいわれていた。 軍師の役...