我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

火の病 (やまい)。

2016年11月12日 | 軍事

ご案内 

2016 11 12 火の病 (やまい)。【わが郷・軍事】
佐藤正久 政治家

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

民主主義とは、愚かさの上に成り立っている。

この愚昧さを馬鹿にしてはいけない。

 

トランプ氏は、

この機微を十分に理解したからこそ、

 守旧 共和党を粉砕し、

民主党のヒラリーを 下すことが出来た。

 

 トランプ【わが郷・政治家】1946~ トランプ アメリカ合衆国

 

 

韓国で核保有論再燃 「自分たちで国守らねば」

   20161111 854

 【ソウル=名村隆寛】次期米大統領にトランプ氏が選ばれたことにより、韓国で「核保有論」が再燃の兆しを見せている。

 トランプ氏はこれまで韓国に、在韓米軍の駐留経費の負担増を強く要求し、米軍撤退まで示唆。その延長線上で韓国の核保有を認める発言までしている。

 韓国では今年1月に北朝鮮が4回目の核実験を強行して以来、与党セヌリ党や保守系メディアの間で、米国による「核の傘」の必要性とともに、独自の核保有論が主張されてきた。さらに、9月の5回目の核実験の後には、より真剣な議論が展開された。

 その間、韓国国内では、クリントン氏優勢の見方が支配的な一方、「トランプ氏が米大統領になれば、韓国は自分たちで国を守らねばならない」という懸念もあった。だが、トランプ氏の当選により、それが現実味を帯びてきた。

 その半面、「トランプ氏は韓国の核武装について簡単に判断できない」「核保有容認など選挙中に公言してきたことは大統領に就任すれば後退するだろう」などといった専門家の楽観的な指摘もある。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)

 

 核兵器【記事分類】 核兵器 記事分類の索引

戦後日本の核政策では、核武装はタブーであった。帝國軍は完全に、武装を放棄してしまっていた。あの状況下で、米軍などの管制下にある、その日本政府が「日本国の核武装」など言えるはずもなかった。ところが、幾星霜。時代は進み、アメリカの大統領候補が、日本の 核武装実現 に言及する。それで、そのトランプ候補は古い共和党をぶち壊し、返す刀で民主党ヒラリー候補を打ち負かした。

独逸も伊太利亜も、旧枢軸国は、自国の核武装からは、かなり遠いところにいる。

そして、日本国は 「隠れ日本ファン」 からは、ひそかに日本国核武装の期待を寄せられる。このような状況に成っているのだろう。

 2016 10 27 ドゥテルテ の真実。【わが郷・政治】 ドゥテルテ の真実。 わが郷

核兵器は廃絶せねばならない。

刀や槍は鉄砲が戦の主装備と成ることで、その役目を終えることとなった。

しかし、世の中から槍や刀剣が無くなったわけではない。今では主に美術品としての価値を認め、それが収集されたりもしている。核爆弾は、それよりも効率的な兵器の出現によって、その役割を終えることとなる。つまり、サヨクの平和主義者は、まるで哲学者か宗教家の修行を行っている。もちろん、この真摯な願いによって、世界平和は希求されてきた。民主主義の世界では、この大衆の願望を無視することは出来ない。それで、とくに被爆国の日本政府は、「日本国は、国民を護るために、核武装を実現させる。」 なんて、言ってはいけない空気を読むしかないのだ。

ところが、世界の軍事専門家は、『日本は実質的な核武装国家』 だと認識している。

世界は、アメリカが広島・長崎へ透過した。その原子爆弾の存在を知らなかった。

これと同じように、世界は日本が自国防衛のための、『核兵器の……。』 を確証する事は出来ない。

軍産【記事分類】軍産 【アメリカ合衆国

真っ先に核武装せねばならない。

その日本国政府は、『日本が核兵器を持つことはない。』などと、ことあるごとに公言してきた。

ころが、アメリカなどの軍産複合は、もっと、もっとおカネが欲しかった。

 

ちょうど、その願望に応えるようなタイミングの良さで、北朝鮮が核実験を行った。

そして、わが日本は 『専守防衛』 のマヌケなお題目を、大衆が信じこまされたままで、その洗脳がとけないで居る。

 

音速の何倍もの速度で飛んでくる。

その核ミサイルを、迎え撃つのだという。

敵のピストルの弾を、自陣営がライフルで撃ち落とす。

こんなの、ゴルゴ13だって出来はしない。

 

しかし、大きな嘘ほど人々を騙すことが出来る。

東京都の築地市場の、豊洲への移転は、トンデモな詐欺だった。

MD(ミサイル・デフェンス)計画は、これと似たようなもので、インチキ極まりない。

この邀撃ミサイルは、湾岸戦争で使用された、パトリオットの改良型

わが郷・左近尉が思うに、

トランプ次期大統領が、選挙戦で云ったこと。

『日本も核武装をすればよい。』

は、「MD計画なんぞで、米穀軍産にカネを盗まれることの無いように。」 と、云う腹の内を、彼特有の 『暴言』 にない交ぜて言ったまでのこと。

 

わが郷・左近尉は、日本国の制式核武装を謂ってきた。

この声が、もっと日本中で、というか「同盟国」アメリカでも大きくなればよい。「片務的」な日米安保も、日本が制式核武装を実現することで、平等な軍事同盟となる。そして日本国民は、諸外国の核兵器の投射という恐怖から、実体のある防衛装備によって、護られることとなる。

 しかし、これを日本政府が国際的に公言すれば、あのアブナっかしい韓国だって、核兵器が欲しいと火の病を発症させることとなる。

人気ブログランキングへ  北朝鮮は実際に、燃えちゃっているのだし……。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 2012 03 28 択捉水道を 封鎖せよ 【わが郷・軍事】 核戦略 潜水艦の通り道 わが郷

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

  岩水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2016 11 11  韓国で核保有論再燃 「自分たちで国守らねば」 livedoor

2016 10 22  『国後水道はロシアにとり交通の要衝』―自民・佐藤正久氏 【財経新聞】

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 29位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2016.11.11 (金)    3616  PV     1261  IP      179 位  /  2627812ブログ

 

 

わが郷の顔【わが郷・その他】  わが郷の顔 

 

回顧の滝【岩淸水・言葉の説明】 回顧の滝 紅葉

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かたや、日本では | トップ | カラクリの糸。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

軍事」カテゴリの最新記事