我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

表と裏。

2017年12月07日 | 歴史

ご案内 

2017 12 07 表と裏。【わが郷】

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

西欧かぶれの大虐殺者。

その信長が、誅滅させられる。

所謂、本能寺の変である。

ならば、大河ドラマの視聴料が

高額 負担なのか。 

 

どうせならば、NHKをみっつ以上に分割せよ。

視聴者は、気に入った放送局に、料金を払えばよい。

 

今のシステムは、ソ連や支那の言論統制と、

なんら変わらない。

2017 12 06 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷【岩淸水・保管記事】

 

 

NHK 受信契約訴訟

契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷

         126 1832

  NHKが受信契約の申し込みに応じない男性に対して起こした裁判で、最高裁判所大法廷は、「受信料は憲法の保障する表現の自由のもとで国民の知る権利を充たすための制度で合理的だ」として、テレビなどを設置した人に受信契約を義務づける放送法の規定は憲法に違反しないという初めての判断を示しました。

  NHKは、テレビなどの設置者のうち、繰り返し受信契約を申し込んでも応じない人たちに対して、申し込みを承諾することや受信料の支払いなどを求める訴えを起こしています。

  このうち都内の男性に対する裁判では、設置者に受信契約を義務づける放送法64条の規定が憲法に違反するかどうかや、契約がいつ成立するかなどが争われました。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧下さい。)

 

アンポンタン【原発事故・岩水】 アンポンタン 原発事故

 憲法の自由意志よりも、NHKという放送局を受信料で育てていくことの方が、公共の福祉の実現に寄与するという理屈なのでしょう。
https://canij.com/2657/

 

真実に忠実だ。とか、有能で社会の発展に貢献できる。

このような人たちは、戦後支配構造からは、絶対に評価されない。

評価されるのは、どれだけ忠実に米欧の戦後日本支配に、恥も外部も投げ捨てて、従うか。

 

ならば、最高裁判所の大法廷に、雁首をならべた裁判官等は、売国の徒が法衣を着ているがごとし。 

サンフランシスコ講和条約を締結させられて、日本は朝鮮半島と台湾、そして千島列島のほとんど全部を、奪われた。このような侵略行為を正当化。その「強いられた認識」のうえに、われら日本人は忍従を強いられてきた。広島・長崎での 30万人の大虐殺。そして東京都などへの焼夷弾攻撃で、多くの非戦闘員が焼き殺された。この非道は明々白々の、戦時国際法違反。この事を、NHK は報道しない。

反対に、最近でも時折 3チャンネルなどで、アウシュビッツのホロコーストで、ユダヤ人が 600万人虐殺した。だとかの、出鱈目な嘘を報道している。

ドレスデン空爆【岩淸水・歴史】

30万人から、数十万人が殺傷された。

しかし、欧州のマスコミだとか、教育・文化状況は、ユダヤに「占領」されたままだ。

「同胞」 のユダヤ人を、ドレスデンなどから非難させる。その目的で、ユダヤは 『ヒトラーの虐殺』 を宣伝した。こうして、ほぼユダヤ系の人たちが非難した。その都市などに、ユダヤに指揮された英米などの連合国軍は、戦時国際法に違反した、無差別爆撃を行った。

この非道を覆い隠す。そのために、積極的に宣伝されたのが、ヒトラーによるホロコーストである。東洋では、米軍の戦時国際法違反。その無慈悲な大虐殺を、煙幕で覆い隠す。その為に、北京政府は 『南京の大虐殺』 そして、韓国では 『日本軍による、慰安婦狩り』 とかの、捏造神話が振りまかれた。

このような、米欧の戦時犯罪を、覆い隠す。

その為に、進駐米軍は、日本国民を洗脳するための、その組織をデッチあげた。

ならば、このNHK(ニホン放送協会)なるものは、日本国民の利益に真っ向から対立している。

 マスコミ 大衆報道【記事分類】 マスコミ 大衆報道 記事分類

常陽市の洪水災害は、特ア朝鮮系などの我欲追求の結果。

太陽光発電のパネルを、自然堤防削って設置した。

その結果、低くなってあふれた濁流が、堤防を徹底的に洗い流してしまった。

この真実も、NHKは報道しなかった。

 豊洲問題【岩淸水・言葉の説明】 豊洲問題 ことばの説明

徹底的に汚染された、東京ガスの土地をムリムリ買った。

その上に、数千億円もかけて、豊洲新市場が建設された。

良い土地を奪われて、瑕疵まみれの土地に新市場を作らされた。

この不合理も、というか都税の簒奪を、絶対に報道しない。

 

このような、出鱈目な放送局の維持費を、われら国民は憲法の思想信条の自由、契約の自由それから、真実を追究する権利。これらを蹂躙されてきた。

そのような、国民をだます報道ばかり。

このような、悪の放送システム。これを維持する義務など、われら日本人には、有ろうハズもない。

デマゴギー報道を維持する。そのコストが、司法システムによっても、合法化された。

しかし、我ら日本人の真実は、別の所にある。

人気ブログランキングへ  司法も戦後支配の、敵が作った目眩まし。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

人気ブログランキングへ  宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 28位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2017.12.06 (水)    4184  PV     1433  IP      146 位  /  2787494ブログ

 

わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔   

 

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違うだろ。 | トップ | 日本で働くのと、タカる のと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事