我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

失われた、20年。

2017年06月14日 | 歴史

ご案内 

2017 06 14 失われた、20年。【わが郷】
村山富市 政治家の顔 民主党とかサヨク系

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

わが郷でもたびたびご紹介させていただいている、

 カーデザイナー田中徹の BLOG

 上のサイトです。

 ここにアップされている記事は、経済学者とか批評家の及ばない、リアリティに満ち満ちています。所詮他者の意見の受け売りとか、黴臭い学問書の切り抜きではとうてい及びもしない、経済の生の真実があふれています。そこで今日は、田中徹氏の記事からその一部をご紹介させていただきました。

 

ための自由貿易なのか(中編)

気がつくと世界で一二を争う輸出大国にはなっていましたが、内需が振るわず国民生活は窮乏を極めます・・輸出企業の社員だけはもちろん高級取りでしょう。優雅な生活も可能な筈・・・と思いきや、大半が非正規社員に化けていて、相変わらずウサギ小屋に住みセコい生活を送っていました。

一方、経営者だけはゴーンさんのように20億30億の報酬を得てメチャ優雅にしているのです。中には100億の収入を得たとドヤ顔をしている在日系貿易商社トップが、TVなどでアグネス・チャンも真っ青な豪邸や趣味の悪い贅沢品のコレクションを披露、自慢しています。格差が致命的に広がりました。もう取り返しがつきません。

上の話は極端な例なので、ちょっと乱暴だと思われるかもしれませんが、効率のいい輸出産業を増やし、農業のような効率の悪い労働集約型産業を減らして行くと内需産業が衰退し、結果的にはGDPを減らす事になります。何よりも国の形が変わり、食の安全が損なわれるのです。

さらに国際水平分業は品質や部品の安定供給という点でも問題があります。災害や戦争だけでなく、ちょっとした政治的な問題でも供給に制限を受ける場合があり得るのです。ところが日本式垂直統合型は技術漏洩や、相手方政府が介入する等、競合国のアンフェアなやり方で崩壊しつつあります。
http://ust.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-bc1e.html

 

 source

 

 なめられない 日本の実力 わが郷

上の折れ線グラフで、ウグイス色の日本のGDPが、1995年頃を境にして、右肩あがりの成長を止めてしまった。自民党が政権の座を降りて、本当に日本のお殿様なのか、得体の知れない細川護熙などというオッサンが首相になった。つづいては、多くの日本人を拉致してくれた。北朝鮮とズブズブの関係にある、社会党の村山富市が首相になっている。この一見すれば、山羊のように優しい表情の爺さんの、その影ではオウムサリン事件などの、日本国攻撃テロ事件が頻発している。国民の目が、こうした珍奇な殺人事件に釘付けになる。その間に、日本経済の屋台骨が、ずるりと引き抜かれてしまった。そして、ネトウヨ諸君が腐してやまない、韓国と同じ湯田屋の殖民地経済に、日本は落とし込まれてしまった。

あれから、20ナン年も経過した。

それでも、財務諸表も読めない、子供だとか、歳は取っても子供と同じ、経済に対しての知識がない。

そのような、知恵はガキが、如何に韓国を貶(けな)して悦に入っていても、実態は韓国経済と同じ。国際的な巨大金融の良いように牛耳られている。そして、左翼であるはずだった、社会党などの残党が流入して出来た、その旧・民主党政権でも、日本経済失速の大元凶・雇用の不安定化=派遣や契約社員の激増。これを止めることは出来なかった。

日本や米欧の巨大企業が、低開発国へ進出すれば、その地域の生活レベルは、少しばかりアップする。

しかし、日本や米欧の国民の生活レベルは、ガタンと落される。

 

そして、公務員だとか巨大企業の正社員は、年収をそれほど減らされない。かえって、安い品々の外国からの流入で、生活は豊かになる。だが、この正社員の数も激減させられてきた。

日本は、というか、アメリカもEU諸国も、カネ貸しとその手下の自称保守派の、実態はチンピラ扇動ウヨクに、

 

  思い切り

  舐められて

  しまったまま。

 

蓮舫が本当は支那人で、国籍は台湾と日本との二重国籍だった。

これと同じように、自称保守派の自民党の中にも、心情は朝鮮人が多くまじっている。

2013 08 27 辛い物を 喰いすぎると

1995年あたりから、政権を追われた自民党は、自信を喪失して壊れてしまった。

その廃墟の中で、まったく別の自民党が、小泉純一郎を御輿にして、デッチあげられた。

これを為したのが、カネの力でマスコミを完全に操り、自民党を牛耳った国際金融なのだ。金融は 信用創造 という手法を用いて、『お金を印刷できてしまう。』 ならば、この金融が前面に出れば、国民とくに貧乏な庶民の怨嗟の的となる。なればこそ、金融つまり銀行などは絶対に社会の表面には出てこない。 (マスコミに餌を喰わせているのは、広告主の企業であり、その企業を操っているのが、銀行などの金融なのだ。なので一般人に、本当の仕掛け人など見えるハズもない。)

2014 03 29 頭が痛い【政治】

アメリカや欧州などの、テロルの現状を見れば、社会が混乱すればするほど、キャッシュという実弾をもった金融家が専制システムを構築しやすくなる。

安倍晋三氏も腹の底は、なかなか見せない。

2017 06 12 苦い政治は 嫌われる。【わが郷・政治】 苦い政治は 嫌われる。 わが郷

しかし、執拗に籠池幼稚園だとか、 「加計学園」の獣医学部の新設で、つつかれまくっている。

マスコミと金融業界は、どう見たってアッチ側。

なれば、やはり安倍晋三氏は、こちら側なのだろう。

人気ブログランキングへ  肌感覚で、国民は真実を知っている。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

  岩水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 45位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2017.06.13 (火)    3424  PV      651  IP      528 位  /  2725887ブログ

 

 

 わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔 

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蛙の温泉。 | トップ | 真っ青な、天空。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有り難うございます。 (田中 徹)
2017-06-14 16:21:31
最近まめに書いている割にはランクが下がって、内心焦っておりました。(笑)

あまり上でも妨害コメントが入りますし、下過ぎてもやる気が起きないので、たまに紹介して頂くと助かります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む