我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

心は縛れない。

2016年10月17日 | 歴史

ご案内 

2016 10 17 心は縛れない。【わが郷・歴史】
騙されるのが 悪い。

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

  

シリアの現政権を打倒するために、

国際金融スジが送り込んでいるのが、

反政府勢力であり、ISである。

 

そして、米英などの金融旦那衆が

支那にデッチ上げたのが、

蒋介石の国民党という、反清朝勢力であった。

 

 

 

 

民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」

   2016 10 15   20:11

 民進党の蓮舫代表は15日、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。

 蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。

 蓮舫氏は9月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出。一方で、国籍法で義務づけられた日本国籍の選択宣言をした時期への言及は避けていた。

 国籍法14条は日本国籍の選択について、外国籍の離脱によるほか、戸籍法に従い、日本国籍を選択し、外国籍放棄の宣言をすることによると定めている。
http://www.sankei.com/politics/news/161015/plt1610150010-n1.html

 

  source

蓮舫の父は、台湾を武力占領した蒋介石の、国民党軍とともに台湾にやってきた。

この外省人は自らを中華の人として自尊し、もとからの住人本省人を蛮族だと見下す傾向があった。そして件の蓮舫民進党(嗤)代表は、外省人である父のことを誇りに思っていた。日米終戦を承けて、特亜のにわか戦勝国人、つまり三国人が日本にもやってきた。

それぞれに連合艦隊を曳きまわして、大海戦をなしえた国は、大日本帝國とアメリカだけであった。無差別軍事テロに屈したとはいえ、日本国は世界の工業経済の先進国である。そこに経済的な野望などを抱いて、蓮舫の父もやってきた。父は外省つまり支那本土の人である。そしてその子の蓮舫も、支那人である。彼らの言葉で言えば、中華の人である。台湾人ではなく、台湾を機関銃などの武器で奪った、国民党の係累が蓮舫の父である。

たとえば日産は仏蘭西の資本に取り込まれて、支那に本拠地を移してしまった。

これを支那人の立場からみれば、フランスの金融資本を巻き込んで、日本の巨大自動車企業を、支那に鹵獲(ろかく)することに成功した。

このために実に多くの三国人(特亜)が暗躍したことであろう。

蓮舫なども、その一員であり、民進党の代表となったことで、最大級の大物諜報員となったわけだ。

しかし、間抜けなことに、父の国である中華にこだわったばかりに、今は時の人として、その出自を詮索されまくっている。

「日本国籍の選択宣言」をさせられても、蓮舫の心は縛れない。

蓮舫はやはり、心の中では中華民国人なのだろう。

 

日本の二大自動車会社であった、その日産を支那に奪っていった、そのスパイみたいな日産の元役員だとか。それと似たような存在が、民進党代表の蓮舫なのを忘れてはならない。

その蓮舫がこだわっているのが、京都議定書に約された地球温暖化防止の取り決めである。つまり、今度は日本の優れた環境技術を、父の国・支那に あの手、この手で盗み出す。

日本の民進党は、盗人集団なのを忘れてはならない。

人気ブログランキングへ  そうだね。と思ったら、    ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

人気ブログランキングへ  宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

☆☆ 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 32位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2016.10.16 (日)    3922  PV     1148  IP      274 位  /  2615283ブログ

 

 

わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔 

 

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦後政治。 | トップ | 温湯(ぬるゆ) の蛙。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む