我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

見た目では、わからない。

2017年08月12日 | 軍事

ご案内 

2017 08 12 見た目では、わからない。【わが郷・軍事】
反日は、もう終わり。

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

 

国民ファーストなんて、

カタカナ語は、キムチ臭くて受けつけない。

 

構造改革は、

底が見透かされている。

 2014 04 01 外国から、貧しさを輸入 外国から、貧しさを輸入 【わが郷

 

都民ファーストは、大阪維新の東京版

 

井の中の蛙が、温い論議で盛り上がっていた。

 

2017 08 12 見た目では、わからない。【わが郷】核はセンセーショナル

ところが、米朝の間では、

戦争気分が盛り上がっている。

 

 

 

税制改革は、泥棒だった。豊洲移転と同じだ。

金融制度改革で、どうなったのか。

 西室 泰三 という男は、日本経済の疫病神だ。

野田聖子は西室のような、金融詐欺師で盗人の、看板娘なのを忘れてはならない。

税制改革で脳タリンの、世襲とかのケイエーイャが、大金を手にする。これを小臭い金融賭博場に、連れ込んで身ぐるみを剥ぐ。税制改革とかナンチャラ。漢字の熟語だとか、カタカナ後に欺されてはならない。郵政の大金を 州の運輸業者をストローにして、とっととっとと盗ませたのは、野田聖子なんぞを操っていた、国際金融詐欺師の西室等であった。

オリンパス 家電・情報 2011 10 28 世襲の経営者には 大馬鹿もいる【わが郷】

 

 

 

さて、異次元の戦争世界が、

ぽっかりと大きな口を開けて、

日常の思念を、全部無効にする。 

 

 

 

 

サヨク・リベラルの限界が超えられない。

安倍政権は、マスコミへの大弾圧を敢行すべきだった。

(つまり放送法の厳正な施行である。前総務相は、キムチ故 か手をこまねいていた。)

 

潜水艦積載用 潜水艦積載用

隠然とした、気分や思念上の核弾頭投射能力では、この事態に対処できない。

1941年の日本は、ハルノートでの恫喝に切れて、真珠湾を攻撃した。

 

 

北朝鮮の政府は、ICBM の完成(ほぼ)に驚喜して、やはり 切れて しまっている。

 

温湯の深井戸の外では、戦争の暗雲が広がっている。

近くに着弾でもすれば、井戸はふさがって、蛙は埋葬されてしまう。

 

戦時には言論統制なんかは、あたりまえのこと。

 

 

憲法に自衛隊、つまり軍隊の保持を明記するって、政治と報道においての、日常とは違う謂わば 戦争なのだ。加計学園問題なんぞは、憲法改正と比べれば、万分の壱の比重でしかない。憲法改正の列車が、加計という線路に置き石で、あわや転覆か。憲法改正は、言論のコントロールができねば、絶対に実現出来ない。きわめて、民主政治の根幹に関わる事態なのだ。国体の基本構造を変換する。このような、いわば革命を、民主的な段階を経て実現する。なんて、リベラル極まる夢想でしかない。

憲法改正は腕力勝負。

それが、線路の置き石で、あやうく安倍政権は、片側の車輪が宙に浮いてしまった。

 

反構造改革の、言い換えれば外国から安い商品をいれて、国際金融業者とその手先が大もうけをする。そうした米国を亡国に導く輩の、政治に於ける代理人が、ヒラリー・クリントンであった。マスコミのなりふり構わない攻撃にも耐えて、トランプ氏は大統領選挙に勝利した。

一方わが日本では、安倍内閣はいまだに、構造改革の尻尾が取れていない。ちょっと温い政治状況の中で、マスコミに対する反撃が、ぬるかった。そもそも日本の保守派なんて、国際貿易至上主義の売国がほとんどだった。理屈では判っているが、トヨタなどの自動車産業至上主義が、今の日本の閉塞状況を作っている。習近平などの支那共産党患部等が、米国などに資産を隠匿している。等と云っても、日本のカネ持ち階級は、やはり米国に資産とか社会的地位の、軸足をアメリカに於いている。自民党の最近の政治家は、アメリカ留学組がほとんどだ。つまり、自民党議員の多くは、ヒラリーと同じように、国際貿易至上主義なのだ。 

 

<普天間基地全面返還

我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】 2016 11 13 カラクリの糸。【わが郷・経済】
http://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/9f264d61a3f4952665174be89b64fd04

(今のところトランプは、米国の米穀ゴロツキと、効果的に戦えていない。このままでは、やはり米国は農業国に転落してしまう。) 

(実の兄を暗殺した。その金 正恩の言動には、狂気じみたリアリティがある。) 

 

 

攻撃は最大の防御策なのだ。

インチキ・マスコミをぶちのめせ。

 茹で蛙【記事分類】 茹で蛙 記事分類の索引

社会保障政策を、今後とも持続可能にするには、所得税の増税が不可欠。」

とかの騙し策で、貧乏人は貧しいままに、放置する。

反対に、カネ持ちには所得や相続税での、恩恵をテンコ盛り。こうして、小金もちの銭函には、小判がたっぷりとたまるような、税制改革だとか、コストカットで企業利益の拡大策がとられた。このかねで、馬鹿旦那は、株とかの金融博打に精を出す。一般庶民は、会計規範とかいったって、わかるはずもない。企業会計諸表がナンであるのか、知っている人は少ない。例え知っていても知識で知っているだけで、諸勘定元帳から、損益計算書だとか、貸借対照表なんて作ったことがない。こうした人たちが、言うところの経済政策なんて、実業を重ねた経験者から観れば、噴飯ものにきまっている。マルクスに言わせれば、「資本家である経営者は悪人で、庶民からの搾取者なのだ。」とか、脳タリンな事を言っている。そして、ウヨのほとんどは、マルクス=レーニン主義なんか、新聞などで字面を辿った程度の浅薄漢。経済の伸びしろにあわせて、経済現場にカネを注入する。これを、わが安倍政権は精力的にやってきた。しかし、経済の現場には、金融業者が関をつくって、勝手にカネをあらぬ方向に流している。大金を諸外国に、大口の金融取引で、ダダ漏れさせる。こうして、外国で盗む。ならば、国内では、口をぬぐって知らんぷり。

この金融構造改革の、こどもっぽい蒙古斑が、まだ消えるほど大人になっていない。 

小利口な政治家は、自民党にも。

いや政権与党時代が長くつづいた、自民党だからこそ耳年増が、多くいて

構造改革主義に欺されたままなのだ。

 

金融や国際経済の

事を書けば、

人々の反応は 極めてにぶい。

 

このような 子供なんぞに、戦いが出来るハズもない。

日本を守るには、核兵器の実質保持が不可欠だ。なのに、もんじゅなどで散々反日工作をつづけてきた、文科省を解体できない。この手ぬるさから、森友・加計の反撃が招来された。構造改革の蒙古斑。ミルク瓶が離せない。このような赤子に、苦い世間の現実を、噛み砕き飲み込む。この咀嚼力など期待できない。日本の政治が大人になる。それには、グアム近海に北のミサイルが着弾する。この現実が役に立つ。普通ならば、このミサイル演習は、限界を超えているので、大人は やらない。しかし、金のお兄さんは、なんでもしでかす、危険性がテンコ盛りだ。

 

イザ、米朝間で開戦となる。

それも、そうなれば北朝鮮は、核をもちだしてくる。

此処で米国も核を撃てば、陸続きの支那や、特にクリミヤ半島をかっさらった、ロシアの動静は不気味なものがある。

ウジ虫のサヨクのことは、書くのも字数の無駄。ならば、森友・加計で統制力を発揮できなかった、自民党に事態が収拾できるのか。

人気ブログランキングへ  まずはお勉強。大人になることだ。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

  岩水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 48位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2017.08.11 (金)    2990  PV      807  IP      357 位  /  2753157ブログ

 

 

 

 

 わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泥棒 一座。 | トップ | 総理には言えない、腹の内が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

軍事」カテゴリの最新記事