わがママ気まま日記!

♡~EXILE LOVE~♡

☆~三代目JSB LOVE~☆

スナッチャーばかりやってるあっちゃんですが(笑)

2017-10-29 15:07:27 | EXILE
こんな大役務めてますすごいわ~

EXILE ATSUSHI、イタリア王家騎士団から“ナイト”の称号授与され晩餐会で熱唱



EXILE ATSUSHIが昨日10月27日に東京・帝国ホテルで開催されたイタリア王家サヴォイア家の慈善宮廷晩餐会に出席。

王家騎士団「聖マウリツィオ・ラザロ騎士団」から“ナイト”の称号と勲章を授与された。

「聖マウリツィオ・ラザロ騎士団」は1572年に設立された騎士修道会。

世界33カ国に約4000名の騎士、貴婦人がおり、近年では慈善活動や人道支援活動に取り組んでいる。

ATSUSHIは国際的な文化活動や社会貢献活動の功績が評価され、受勲に至ったという。

名誉ある称号を叙任されたATSUSHIは、「“ナイト”の称号の重みを重々に心に受け止め、より一層、慈善活動や社会貢献活動など、一生懸命に取り組んでいけたら」と真摯に語った。

また晩餐会のフィナーレでATSUSHIは、ヨーロッパの貴族らが来賓している中で「エマニュエル王子が、慈善活動のために、こうして日本に来てくださったことに、感謝の気持ちと敬意を評して」と述べてから、日本の心をテーマにした自身のナンバー「道しるべ」を歌唱。さらに「この曲のような思いで、世界の人々が共に共存できるような世界を想像しながら、夢見ながら、聴いていただけたら」と、ジョン・レノンの名曲「Imagine」を披露した。

なお「聖マウリツィオ・ラザロ騎士団」の勲章の受章者には明治天皇、昭和天皇をはじめ、初代内閣総理大臣の伊藤博文

建築家の丹下健三、茶道裏千家前家元の千玄室、読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄、歌舞伎役者の十二代目 市川團十郎らが

名を連ねている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EXILE TAKAHIRO 国歌独唱 (追記あり)

2017-10-28 21:02:08 | EXILE
EXILE TAKAHIRO 国歌独唱 10月28日 DeNA VS ソフトバンク 日シリ 第1戦


歌ってる顔が映ってないから安心して聞けたわ~

































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まき兄〜HBD♪

2017-10-27 18:24:40 | EXILE


まき兄〜誕生日おめでとう

先日はうっさんの入籍報告ありで

残るはまき兄、あっちゃんかな⁈

PKCZ、ZIPのMCと忙しいですが頑張ってください

あっちゃんの卵のハッピバースディ♪に対してのまき兄も卵でのお礼面白かったです(笑)

これから寒くなりますが体調には気を付けて活動してください

充実した幸多い一年でありますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱこれだよ〜〜

2017-10-27 17:40:52 | EXILE


あっちゃんやっぱりこれだよ〜〜

最近、スナッチャー⁈とやらにハマってしまって素顔が見れてなかったけど

これでなくっちゃね

まだ皆様にお伝えできないんですが、本日とても名誉ある光栄な式典に参加させていただきました。

明日以降みなさんに、正式にご報告できるかと思います…。

ぜひお楽しみにしていて下さい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだドキドキするわ〜〜f^_^;

2017-10-24 18:44:37 | EXILE
10/28(土)に開催される「SMBC 日本シリーズ2017」セレモニーの国歌独唱に

EXILE TAKAHIROが決定いたしました!

ぜひ遊びに来てください!

【日時】
10/28(土)18:30

【開場】
16:30~

【開幕戦セレモニー開始】
18:00頃~

【場所】
福岡 ヤフオクドーム
(福岡市中央区地行浜2‐2‐2)
https://www.softbankhawks.co.jp/stadium/access.html

EXILEに入って長いのになぜかTAKAHIRO一人だとまだまだ見ててドキドキしちゃうんだよな〜

先日のMステでも娘となんかまだ今だに大丈夫か心配になるって

ほんと大丈夫なのにね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊EXILE表紙解禁!

2017-10-23 18:22:48 | EXILE
《10月27日発売 月刊EXILE 12月号 表紙解禁‼︎》




これはヤバいわ〜〜(о´∀`о)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度はうっさんが・・・

2017-10-23 18:12:04 | EXILE
EXILE USA、女優・杉ありさと結婚 「楽しい家庭を築いていけると確信」
杉「これからの人生も共に過ごしていきたい」


EXILE USA、女優・杉ありさと結婚「共に愛すべき未来へ歩んでいきたい」

EXILEのUSA(40)が女優の杉ありさ(28)と22日に結婚したことが、わかった。きょう23日、グループの公式モバイルサイトで発表された。



コメントを寄せたUSAは「私事ではございますが、昨日10月22日にかねてから交際中の杉ありささんと入籍させていただきました」と報告。「今年、40歳という節目を迎えて自分自身の人生を見つめ直す時に、いつか『楽しくてハッピーな家庭をつくりたい!』という夢や『日本や世界をハッピーにするには目の前の人を幸せにしなければ!』という、ずっと心にあった想いを、より強く考えるようになりました」と結婚に至った心境をつづった。

お相手の杉については「彼女とは友人関係を経て約7年間お付き合いしてきました」と告白。また、「彼女自身も幼い頃から音楽やダンスが好きで、現在はミュージカルや舞台を中心に女優として活動しており、年は少し離れていますが、何でも話し合える同志でもあることや、エンタテインメントが大好きな両親のもと、とても明るい家庭で育ったことから、この人となら、きっと楽しい家庭を築いていけると確信し、残りの人生を重ねて共に愛すべき未来に向かって歩んでいきたいと決意しました」と紹介している。

続けて「ここからが人生の第ニ章だと思って、パフォーマーとしても一人の男としても愛を込めて、夢に向かって、皆様に幸せを感じていただけるようなエンタテインメントをお届けしていきたいと強く思っています」と決意を新たにしている。

杉も自身のインスタグラムで結婚を報告。「私の二十代はほとんど彼と共にありました。彼と歩んできた約7年間全てが、今の私に繋がるかけがえのない時間でした。時には悩んだり、大きな壁が立ちはだかった事もありましたが支え合い一緒に乗り越えてきました」と振り返り「誠実で真面目で愛情深く、人との出逢いを大切にしている彼の温かい心に惹かれ、これからの人生も共に過ごしていきたいと思いました」とUSAへの思いを明かした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「禁断の恋ウタBEST10」

2017-10-21 16:09:43 | EXILE
栄えある第1位に輝いたのは、近年の不倫ソングの代表曲、女性目線で禁断の恋を歌ったEXILEの2008年のナンバー「Ti Amo」。

この曲も叶わない思い、切ない恋心が詰め込まれた歌詞になっています。

リスナーからは「最初の歌詞とか結構禁断な感じ」という意見や、「忘年会で部長とデュエットした懐かしい曲です。

今思うと妖しさマックスな雰囲気です。それも演出ということで盛り上がりました」というメッセージが寄せられていました。

「禁断の恋ウタBEST10」はこちらです。

第10位 中森明菜「難破船」
第9位 ZARD「もう少し あと少し…」
第8位 サザンオールスターズ「LOVE AFFAIR~秘密のデート」
第7位 MISIA「眠れぬ夜は君のせい」
第6位 宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」
第5位 HY「366日」
第4位 久保田利伸「Missing」
第3位 DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
第2位 小林明子「恋におちて -Fall in love-」
第1位 EXILE「Ti Amo」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わ〜〜羨ましい〜私も聴きたかった〜〜(>_<)

2017-10-20 08:37:34 | EXILE
TAKAHIROのファンクラブイベント観に行ってきました。

いやぁ一言で、素晴らしかった…。

なんか最初はお父さんのような気持ちで観てたけど

そのうちにTAKAHIROワールドにしっかり連れて行ってくれて、

心配なんてこれっぽっちもなく、楽しませてくれました。

本当にありがとう。

先輩ぶるつもりはないけど、成長したなぁ…。

歌もかなり素晴らしかったです。

一緒に"運命の人"を歌わせていただきました。

お邪魔しました。

久しぶりに、ステージで会えて嬉しかったよ。

どんな言葉よりも、今日来たことで全て感じてくれるよね…。

いつもありがとう。

来年のEXILEツアー、楽しもうぜ〜‼



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のAKIRAはこんなとこへ

2017-10-18 20:27:13 | EXILE
AKIRA、三船敏郎さんへの愛止まらず 好きなシーンをマシンガントーク

ダンス&ボーカルグループEXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマー・AKIRA(36)が

東京・渋谷の東急百貨店本店で『「世界のミフネと呼ばれた男」三船敏郎映画デビュー70周年記念展』の記者発表会に参加。





三船さんの大ファンを公言しているAKIRAは「最初に『七人の侍』を観たときに野獣のような生命力にすごく衝撃を受けた。大人になって、また『七人の侍』を観たときに、あの役柄は虎を意識して役作りをした、と。現代の人をお手本にするのではなく、動物に目をつけて躍動する侍っていうところは、なるほどと思った」と回想。

続けて「『蜘蛛巣城』という作品もすごく好き。あれだけの矢を至近距離で受けてなくなっていく様は、あんなに迫力のある死の演技は観たことない。ダイナミックな画が繰り広げられている」とうなった。まだまだ話し足りない様子だったが「止まらなくなっちゃう」と、なんとか自分でブレーキを踏み込み、ストップさせて苦笑いを浮かべた。そして「石原裕次郎さんとやられた『黒部の太陽』では、プロダクションの垣根を超えて本当に情熱一つで作品を手掛けた。現代の映画業界などの基盤を作った。そういった開拓者としても本当に素晴らしいなと思う」と功績をあらためて語り「お手本なんておこがましいですけど、すばらしい俳優さんに近づけるように頑張っていきたい」と力を込めていた。

また、AKIRAが来年春公開予定のドキュメンタリー映画『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』で日本版のナレーションをすることも発表された。同映画は三船さんと共演した名優や親しい人物の証言から三船さんの生き様や人柄に迫ると共に、スティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシによって語られる“世界のミフネ”の魅力など、貴重な映像を盛り込んだドキュメンタリーとなる。AKIRAは「三船敏郎さんに恥じぬよう務めさせていただいた」と話した。

『「世界のミフネと呼ばれた男」三船敏郎映画デビュー70周年記念展』は19日から31日まで同所で開催される。貴重な写真や資料、愛用品などが展示される。内覧したAKIRAは「贅沢な時間でしたね。こんなに貴重な展覧会はない。あと2、3回はプライベートで来たい」と見どころを語った。

会見には三船プロダクション代表取締役社長の三船史郎氏(66)も出席。「家では普通の父親。そんなに変わった様子もなかった」と普段の三船さんを語った。「とにかくきれい好きで几帳面。車も自分で洗車していた。私も子供の頃はよく手伝わされました。毎日、社員より早く出社して玄関前だとかをほうきで掃除していました」と在りし日の父を懐かしんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加