マガジンひとり

自由民主党・おおさか維新の会の政策やTPP参加に反対します

THE少女マンガ!!

2011-09-09 23:33:27 | Bibliomania
きのう夕方6時過ぎから下北沢で飲んでたんだけど、なでしこの結果が気になるじゃんかさ、ラジオの野球中継が付いてたので、結果をやるかなと思って、試合が終わりそうな6時半ころから、7時を回っても一向にやる様子がない。
業を煮やしてマスター=野球好き=にNHKに替えてもらって、ニュースの中でようやく知ることができて。
呆れるよな。野球中継をやってたのはラジオ日本とのことで、サッカーを敵視しているのか問われたところで、いえいえそんなつもりは─ウチはいつも中継の途中で他のスポーツの結果を報じたりはいたしません─とか白々しく答えやがるだろ。
野球を好きなお客のことだけ相手していればよい、時代の変化に目をつむって、女子サッカーを応援する国民的気運が高まろうが、われ関せず─の内向きな姿勢に、現状の日本にはびこる既得権益層の姿が二重映しに。



出版社7社と作家・マンガ家122人が、本の持ち主から依頼を受けて本を分解してスキャンしてPDF化する、いわゆる「自炊代行」の業者に対し、公開質問状という形で事実上の最後通告を行った件なんかも。
著作権者が、本の売り上げに対して受け取れる印税は、わずか1割。「複製して消費者に流布する権利」を独占的に行使して、ボロい収益を上げてきた出版社。
質問状に名を連ねたような作家・マンガ家は、そんな出版社にとってドル箱であり、囲い込まれてたいせつにあつかわれてきたのだろうが、中堅や若手の作家さんは

yui_toshiki 唯登詩樹
レコードやCDや書籍や漫画や雑誌は、買えば誰だって見られる聴ける文化でした、ところが電子化されたら誰もが平等に見たり聴いたり出来ない不自由なものになってしまいました。まるでシェア争いの人質の様です。あるコンテンツを見たけりゃ、対応ハードを買いなさいって、おかしくないですか? 6-07-2011

─のように思っているとしても不思議はないし、電子書籍のフォーマットが統一できなかったり、収益分配のやり方に不透明さが付きまとったりなどについては

foot1994 foot
自民党が主張する「新エネルギーへの転換は難しい」というのは、技術的にどうこうという話ではなく、原子力と同じような利権システムをつくるのが時間がかかって難しいという意味 6-19-2011

─のように、仲間うちのもたれ合いで公共インフラを築いてきたため、大事故を起こして国民のお荷物となってしまっても、しがみつかざるをえない構図とも似ているような。
まあ、オラ自身は、電子化の必要に迫られたわけでないし、本はたいせつに持っていたい方だが、ネット環境の普及に伴い娯楽の無料化が進んでいるいま、大手出版社がそうした変化に対応できず、高齢化する読者もろとも沈没していこうとする様子に、先の野球中継と同じような侘しさを覚え、若い世代に対しても申し訳ない気持ちだ。やりようによっては、新しいビジネス・モデル、新しい表現形態を生み出して、三方がうるおうことも可能でしょうに。



東京電力よりも、その7社である文春や新潮や講談社などを解体してほしいくらいなもんだが、かつて文春がCREAという女性誌を始めたころ、特集記事に惹かれて買っただけでなく、その記事を丸ごと切り取って保存した─という例が2回。1度は、前にアップした「群ようこが選んだ100冊」を含む「本のほんもの」、そしてもう1度が、今回お目にかける「THE少女マンガ!!」(1992年9月号)。



↓に掲げた、著名人など375名の投票で決まったベスト100のほか、萩尾望都・美内すずえさんらの長文インタビュー、当時の人気モデル田村翔子がさまざまな作品の主人公に扮する写真企画(いちばん上の画像は『ポーの一族』)、好みのマンガ雑誌によってそれぞれの女たちはどのような人生を送るかのイラスト企画(↑)など盛りだくさん。
自炊もクソも、紙の雑誌という形態をぞんぶんに活かした秀逸なものだったが、こうした仕事をしていた人びとも、いつしか出版業界の上層に連なって特権に触れるうち、創意工夫を怠ってリスク回避して旧態依然となっていったのでしょう─。

◆大アンケートによる永遠の少女マンガ・ベスト100
1) 360 『ポーの一族』 萩尾望都
2) 252 『日出処天子』 山岸凉子
3) 231 『ベルサイユのばら』 池田理代子
4) 206 『ガラスの仮面』 美内すずえ
5) 189 『リボンの騎士』 手塚治虫



6) 184 『エースをねらえ!』 山本鈴美香
7) 157 『動物のお医者さん』 佐々木倫子
8) 153 『はいからさんが通る』 大和和紀
9) 145 『つる姫じゃ〜っ!』 土田よしこ
10) 143 『トーマの心臓』 萩尾望都
11) 125 『綿の国星』 大島弓子
12) 116 『へび少女』 楳図かずお
13) 114 『おしゃべり階段』 くらもちふさこ
  114 『11人いる!』 萩尾望都
15) 101 『キャンディ・キャンディ』 いがらしゆみこ(原作・水木杏子)
16) 100 『有閑倶楽部』 一条ゆかり



  100 『風と木の詩』 竹宮惠子
18) 99 『BANANA FISH』 吉田秋生
19) 97 『アラベスク』 山岸凉子
20) 96 『エロイカより愛をこめて』 青池保子
21) 74 『アタックNo.1』 浦野千賀子(原作:山下喬子)
22) 69 『伊賀野カバ丸』 亜月裕
23) 68 『ファイヤー!』 水野英子
24) 66 『ガラスの城』 わたなべまさこ
25) 62 『バナナブレッドのプディング』 大島弓子
26) 60 『オルフェウスの窓』 池田理代子
27) 58 『ちびまる子ちゃん』 さくらももこ
28) 56 『小さな恋のものがたり』 みつはしちかこ
29) 55 『生徒諸君!』 庄司陽子
30) 53 『いつもポケットにショパン』 くらもちふさこ
31) 52 『白いトロイカ』 水野英子
32) 50 『河よりも長くゆるやかに』 吉田秋生
33) 49 『パタリロ!』 魔夜峰央
  49 『純情クレイジーフルーツ』 松苗あけみ
35) 48 『スケバン刑事』 和田慎二
36) 47 『きみどりみどろあおみどろ』 土田よしこ
37) 46 『エンゼルの丘』 手塚治虫
  46 『星のたてごと』 水野英子
39) 45 『ホットロード』 紡木たく
40) 44 「竜神沼」 石ノ森章太郎
41) 41 『悪魔の花嫁』 あしべゆうほ(原作:池田悦子)
  41 『白鳥麗子でございます!』 鈴木由美子
43) 39 『レモンとサクランボ』 西谷祥子
44) 38 『サインはV!』 望月あきら(原作:神保史郎)
45) 37 『マリイ・ルウ』 西谷祥子
  37 『シニカル・ヒステリー・アワー』 玖保キリコ
  37 『イブの息子たち』 青池保子
  37 『ファンシイダンス』 岡野玲子
49) 36 『デザイナー』 一条ゆかり



50) 33 『櫻の園』 吉田秋生
51) 30 『1・2・3と4・5・ロク』 ちばてつや
  30 『銀色の髪の亜里沙』 和田慎二
  30 「ジョカへ…」 大島弓子
  30 『ねこ目の少女』 楳図かずお
55) 29 『エリート狂走曲』 弓月光



  29 『われらはみだしっ子』 三原順
  29 『ぼくの地球を守って』 日渡早紀
58) 28 『銀の三角』 萩尾望都
  28 『永遠の野原』 逢坂みえこ
60) 27 『バジル氏の優雅な生活』 坂田靖子
  27 『学生たちの道』 西谷祥子
  27 『絶対安全剃刀』 高野文子
  27 『エイリアン通り』 成田美名子
  27 『うわさの姫子』 藤原栄子
  27 『黒のもんもん組』 猫十字社
66) 26 『PINK』 岡崎京子
  26 『ママがこわい』 楳図かずお
  26 『ボーイフレンド』 惣領冬実
69) 25 『13月の悲劇』 美内すずえ
  25 『ファラオの墓』 竹宮惠子
  25 『おともだち』 高野文子
  25 『赤んぼう少女』 楳図かずお
73) 24 「たそがれは逢魔の時間」 大島弓子
  24 『東京のカサノバ』 くらもちふさこ
  24 『ユカを呼ぶ海』 ちばてつや



76) 23 「F式蘭丸」 大島弓子
  23 『ファミリー!』 渡辺多恵子
  23 『ハイティーン・ブギ』 牧野和子(原作:後藤ゆきお)
  23 『スター・レッド』 萩尾望都
80) 22 『七つの黄金郷』 山本鈴美香
  22 『まるでシャボン』 岩舘真理子
  22 『よしこで〜す』 土田よしこ
  22 『アイドルを探せ』 吉田まゆみ
  22 『れもん白書』 吉田まゆみ
85) 21 『ハニーハニーのすてきな冒険』 水野英子
  21 『吉祥天女』 吉田秋生
87) 20 『カメリア館』 わたなべまさこ
  20 『SWAN 白鳥』 有吉京子
  20 『アリエスの乙女たち』 里中満智子
90) 19 『甲子園の空に笑え!』 川原泉
  19 『空がすき!』 竹宮惠子
  19 『たそがれ時に見つけたの!』 陸奥A子
  19 『くるくるくるみちゃん』 まつもとかつぢ
94) 18 『ひみつのアッコちゃん』 赤塚不二夫
  18 『雨の音がきこえる』 大島弓子
  18 『おじゃまさんリュリュ』 おおやちき
  18 『少年は荒野をめざす』 吉野朔実
  18 『銀河荘なの!』 木原敏江
99) 17 『いろはにこんぺいと』 くらもちふさこ
100) 16 『あさきゆめみし』 大和和紀
『雑誌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふぁぼリーグ - Vol. 6 | トップ | Top 20 Hits of 9-10-2011 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む