マガジンひとり

人権と民主主義を尊重し、自由民主党・希望の党の政策に反対します

Top 50 Hits of 1966

2016-09-18 18:53:33 | Year End Charts
美川憲一さんの代名詞といえば、今でこそ「さそり座の女」ということになっているが、さそり座は同じ時代にはそう大きなヒットではなく、1966年、3枚目のシングル「柳ヶ瀬ブルース」こそが、彼を世に送り、その名を長く芸能界に刻み付けることになった大ヒットにして名曲といえよう。

明朗な青春歌謡路線でデビューした彼は、いかにも演歌然とした柳ヶ瀬ブルースを気に入らず、歌いたくないと言って、事務所をクビになりそうなところを、母親が土下座で社長に詫びて、録音することになったという。彼が半ばふてくされて録音したことで、この曲は独特の冷めた歌い方と曲想がマッチして評判を呼び、100万枚を超すヒットとなる。

7年連続で紅白歌合戦に出場、歌手として大成功した美川だったが、77年と84年、2度の大麻事件により低迷。忘れられた存在となりつつあったが、80年代後半のモノマネ番組でコロッケが彼のさそり座をとりあげ、遂には歌っている最中に本人の美川が登場するというサプライズ出演が大受け。低迷期のクラブ出演でうるさい客席を柔らかく注意するため編み出した「おだまり!」というオネエキャラも受けて、「タンスにゴン」のCM出演やトーク番組のご意見番など引っ張りだこ。ヒット曲こそないが豪華衣装などキャラの威力で紅白にも19回連続出演。ふてくされて録音したことで、こうした成功・再ブレイクの原点となった柳ヶ瀬ブルースは紅白では1度も歌っていない—




↑曲の発表で訪れたご当地、岐阜県の柳ヶ瀬商店街。あまりに大勢の人が詰め掛けてイベントは中止に(1966年、写真:東京新聞2016年9月14日)


↓1966年の50曲、ビートルズを5曲選んでいるが、この年のビートルズで評論家筋の評価が高いのはPaperback WriterのB面のRainである。リボルバーの中のTomorrow Never Knowsのように新奇なサウンドを試みたわけではないが、Rainはどことなくそれまでのビートルズと違う。狂気というか、ずっと後のオルタナティブとも通じる雰囲気がある。

B面で、あまりに異色のRainこそ外したものの、50曲の中に、新しい、発明的な要素を持たない曲は皆無である。激しい競争と同時に、市場も大きく拡大。ビーチ・ボーイズのPET SOUNDSやボブ・ディランのBLONDE ON BLONDE、翌年にはサージェント・ペパーズも生まれ、音楽の可能性は一挙に広がる。半世紀前、私が1歳だった1966年は、奇跡のような1年なのだった—





Top 50 Hits of 1966
1) Percy Sledge / When a Man Loves a Woman
2) The Beach Boys / God Only Knows
3) The Beatles / Nowhere Man (1965)
4) The Four Tops / Reach Out I'll Be There
5) The Beach Boys / Good Vibrations
6) The Left Banke / Walk Away Renée
7) Jimmy Ruffin / What Becomes of the Brokenhearted
8) Sam & Dave / Hold On, I'm Comin'
9) The Rolling Stones / Paint It, Black
10) The Beatles / Day Tripper
11) The Troggs / Wild Thing
12) ? and the Mysterians / 96 Tears



13) Love / Seven & Seven Is
14) The Lovin' Spoonful / Summer in the City
15) The Supremes / You Keep Me Hanging On
16) The Kinks / Sunny Afternoon
17) The Association / Cherish
18) James Brown / It's a Man's Man's Man's World
19) The Bobby Fuller Four / I Fought the Law
20) The Mamas & the Papas / California Dreamin'
21) The Who / Substitute
22) The Knickerbockers / Lies (1965)



23) Bobby Hebb / Sunny
24) The Isley Brothers / This Old Heart of Mine (Is Weak for You)
25) The Righteous Brothers / (You're My) Soul and Inspiration
26) The Byrds / Eight Miles High
27) The Temptations / Get Ready
28) The Rascals / Good Lovin'
29) Johnny Rivers / Secret Agent Man



30) Paul Revere & the Raiders / Kicks
31) The Supremes / You Can't Hurry Love
32) Ennio Morricone / Per un pugno di dollari (Titoli) (1964)
33) Eddie Floyd / Knock On Wood
34) Tommy James & the Shondells / Hanky Panky
35) The Beatles / Eleanor Rigby
36) The Spencer Davis Group / Keep On Running (1965)
37) The Hollies / Bus Stop
38) The Beatles / Paperback Writer
39) Mitch Ryder & the Detroit Wheels / Devil with the Blue Dress On/Good Golly Miss Molly
40) 北島三郎 / 函館の女 (1965)
41) The Beatles / We Can Work It Out (1965)
42) Nancy Sinatra / These Boots Are Made for Walkin'
43) Lou Christie / Lightnin' Strikes (1965)
44) Wilson Pickett / Land of 1000 Dances
45) Dusty Springfield / You Don't Have To Say You Love Me (Io Che Non Vino - Senza Te)



46) 美川憲一 / 柳ヶ瀬ブルース
47) Simon & Garfunkel / I Am a Rock
48) The Beatles / Yellow Submarine
49) The Capitols / Cool Jerk
50) 園まり / 逢いたくて 逢いたくて
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Top 20 Hits of 17-Sep-2016 | トップ | 米太平洋岸北西部のインディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Year End Charts」カテゴリの最新記事