マガジンひとり

自由民主党・おおさか維新の会の政策やTPP参加に反対します

BLEEPによる電子音楽史

2012-07-22 22:32:01 | 音楽
ゴハ @goha5800jp
お笑いライブに通う人間なら、綾小路きみまろさんのライブの映像がいつでも1000人超クラスのホールを1人で漫談だけで超満員にしてる光景は本当に尋常じゃないほど超人的所業にしか見えない。 7-22-2012

混濁 @kaaqoo
老人と女性の考え方 おしなべて似てる 7-21-2012


綾小路きみまろのライブにはとうてい及ばないが、きのう昼ごろ、このブログがちょっとばかり賑わって。やっぱりTVきっかけだろうと思うんだけど、先日の「東京ウシジマ新聞」で引用した、元宝塚女優が美人局でうんぬん─っていうのに対する検索需要。
引用を入力しながら思ったんだけどさァ、「天海祐希の他にも、姿月あさと、絵麻緒(現・えまお)ゆう、匠ひびきと4人のトップスターを輩出した、“花の73期”」って、いくらなんでもダサ過ぎる芸名と思いません?
アメトークの「ジョジョ芸人」で紹介されたマンガの登場人物にも感じたのだが、コッテコテですがな、既成の価値で固めまくって。
老人や女性に限らず、日本人はおおむね保守的なんだろうなと。




ホアン・アトキンス/Juan Atkins - サイボトロンやモデル500の創始者
「デトロイトはあまりにも荒廃してたから、未来を夢見て現実逃避するしかなかった。現実を忘れたい願望がこの音楽に含まれてる」

デリック・メイ/Derrick May - デトロイト・テクノ黎明期から活躍したDJ/クリエイター
「デトロイトの外の世界を想像するしかない。この街を出るには自分の夢見るものを実現するしかなかった。それが街を出る唯一の手段さ」

トム・ジェンキンソン/Tom Jenkinson - スクエアプッシャー名義でイギリスを拠点に活動するミュージシャン
「ヤマハの小型サンプラーを持ってる…どこへいった?キーボード型なんだ。フォノ端子付きスタジオでも使える。俺はこれで実際に音作りをやってるし、新譜でも多用したよ。こうした機材の良さをみな忘れがちだ。ベッドから起きて朝食を作るのと同じで、自宅がスタジオだろ。バスに乗ってスタジオに行く必要がない。ここにいるだけでOK。夜中でも曲が作れる。これは俺にとって革命的だったね」 ─(3人の発言は1998年の映画『モジュレーション』より)


BLEEPがまとめた電子音楽史、同サイトを通じて55曲のコンパイル音源MP3も安く買えるようになっており、さらにフェイスブックではBLEEPが販売権を持たない音源も含め関連音楽の歴史が概観できるようまとめられているので、弊ブログとして33曲を追加した88曲を↓に並べてみたんですが。
1980~90年代にかけて、思いついたら早い者勝ちでとにかくやってみる─結果としてさまざまな系統・サブジャンルが生まれ、2000年代の曲はやや少なめになってるものの、実験性よりはジャンル内でよく練られ、むしろ完成度では毎年凄い曲が生まれ続けている。
ミニマル・ミュージックのように、できる限り音数を少なくしてアイデアで勝負する流れでは、コテコテに固めたがる日本人は太刀打ちできない。往年のDEVOやソフト・セル、近年のエールやフェニックスですら落選するくらいなので、冨田勲、ニンテンドー等のゲーム・ミュージック、初音ミクなどにはお引き取り願わざるをえなかったのだが、↑画像でテクニクスのターンテーブルがYMOより大きく扱われてるように、機材面の貢献度はたいへんなものだ。安価になって操作性も向上したことが、「思いついたらやってみる」のをどれほど促進したろう。
現状に満足な(だから保守的な)日本人が企業を通じてテクノロジーを供給し、現状では満足できないミュージシャンの創作活動を手助けするとすれば、どちらが上かとか幸せかではなく、それぞれ人類に欠くべからざる役割を果たしていると申せましょう。




■BLEEP: A Guide to Electronic Music (● = added by Magazine One Person)
1) Oraison / Olivier Messiaen (1937)
2) Etude aux Chemins de Fer / Pierre Schaeffer (1948)
3) Williams Mix / John Cage (1952)



4) Voile D’Orphee (Veil of Orpheus) / Pierre Henry (1953)
5) Gesang der Junglinge (Song of the Youths) / Karlheinz Stockhausen (1955)



6) Main Titles – Overture / Louis and Bebe Barron (1956)
7) Concret PH / Iannis Xenakis (1958)
8) The Innocents – Savage Noises / Daphne Oram (1961)
9) Music of the Planets / Jean-Jacques Perrey (1962)
● Doctor Who (Original Theme) / Delia Derbyshire (1963)
10) Tros y Gareg (Main Theme) / John Baker (1963)
11) Silver Apples of the Moon – Part A / Morton Subotnick (1967)



● Bach: The Well-Tempered Clavier, Book 1 - Prelude & Fugue #2 in C-minor, BWV847 / Wendy Carlos (1968)
● Oscillations / Silver Apples (1968)



● Birth of Liquid Plejades / Tangerine Dream (1972)
● Heavenly Music Corporation / Fripp & Eno (1973)
● Watussi / Harmonia (1974)
12) Aguirre I Lacrima di Rei / Popol Vuh (1975)



13) Nocturne in C-sharp Minor / Clara Rockmore, Nadia Reisenberg (1975)
● King Tubby Meets Rockers Uptown / Augustus Pablo (1976)



● Trans-Europe Express / Kraftwerk (1977)
● I Feel Love / Donna Summer (1977)
14) Oxygène Part IV / Jean-Michel Jarre (1977)
● Ghost Rider / Suicide (1977)
● Down in the Park / Tubeway Army (1979)
15) Stand Up Lazarus / Bruce Haack (1979)
16) Hot On the Heels of Love / Throbbing Gristle (1979)
● Absolute Ego Dance / Yellow Magic Orchestra (1979)
● Don’t You Want Me / Human League (1981)



● Blade Runner (End Titles) / Vangelis (1994)
17) Raga Bairagi / Charanjit Singh (1982)
18) Planet Rock / Afrika Bambaataa & the Soul Sonic Force (1982)



19) Go Bang / Dinosaur L (1982)
● Blue Monday / New Order (1983)
20) Love Reaction / Divine (1983)
21) Let the Music Play / Shannon (1983)
● On & On (Original Vocal Mix) / Jesse Saunders (1984)
22) Moments in Love (Beaten) / The Art of Noise (1983)
● Under Mi Sleng Teng / Wayne Smith (1985)
23) No UFO’s / Model 500 (1985)
24) Pic a Sound (feat. Sella Colins) / Kenny Knots & Co (1986)
● Strings of Life / Rhythim Is Rhythim (1987)
25) Acid Tracks / Phuture (1987)
● It’s a Sin / Pet Shop Boys (1987)
26) Voodoo Ray (Radio Mix) / A Guy Called Gerald (1988)



27) Big Fun / Inner City (1988)
28) Pacific 202 / 808 State (1989)
● Personal Jesus / Depeche Mode (1989)
● Hey Ladies / Beastie Boys (1989)
29) Baby Wants to Ride (feat. Jamie Principle) / Frankie Knuckles (1987)
● Chime / Orbital (1990)
30) Energy Flash / Joey Beltram (1990)
31) Mr Kirk’s Nightmare / 4hero (1990)



● Madrugada Eterna / The KLF (1990)
32) LFO (Leeds Warehouse Mix) / LFO (1990)
33) Hi Tech Jazz (Original) / Galaxy 2 Galaxy (1990)
● Unfinished Sympathy / Massive Attack (1991)
● Higher Than the Sun (a Dub Symphony in Two Parts) / Primal Scream (1991)
● Papua New Guinea / The Future Sounds of London (1992)
34) Bad Boy / Bizzy B (1993)



35) Unix / Robert Hood (1994)
36) Flutter / Autechre (1994)
37) Together / 24 Hour Experience (1994)
38) Phylyps Trak II/II / Basic Channel (1994)
● Inner City Life (Baby Boy’s Edit) / Goldie (1995)
39) Bug in the Bassbin / Innerzone Orchestra (1996)
40) Rubick’s Cube / Drexciya (1996)
● Midnight in a Perfect World / DJ Shadow (1996)
● Around the World / Daft Punk (1997)



41) More Beats & Pieces (Daddy Rips It Up Mix) / Coldcut (1997)
● Brown Paper Bag / Roni Size & Reprazent (1997)
42) Roygbiv / Boards of Canada (1998)
43) Windowlicker / Aphex Twin (1999)
44) Pop 4 / Gas (2000)
45) 00005 re vers on c / SND (2000)
● Idioteque / Radiohead (2000)
● Since I Left You / The Avalanches (2000)
46) She Moves She / Four Tet (2003)



47) Hyped-Up Plus Tax / Dabrye (2001)
48) Shisheido / Fennesz (2001)
● I Luv U / Dizzee Rascal (2003)
49) Gangsters / Wiley (2007)
50) Midnight Request Line / Skream (2005)



51) Don’t Cry / J Dilla (2006)
52) Archangel / Burial (2007)
53) Lost / Actress (2010)
54) CMYK / James Blake (2010)
55) Emerald and Lime / Brian Eno (2010)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Top 20 Hits of 7-21-2012 | トップ | 丸投げとブローカー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む