和田浦海岸

家からは海は見えませんが、波が荒いときなどは、打ち寄せる波の音がきこえます。夏は潮風と蝉の声。

つながり読書。

2017-06-17 | 本棚並べ
日垣隆著「つながる読書術」(講談社現代新書)。

そこから引用。

「いま読んでいる本の中で紹介されていた文献を
手に入れよう。・・・・そこで『不要』と判断しない限りは、
すぐにネット書店で全部注文することにしています。
たいていすぐ届くので、届いた日に読み終えてしまうのがコツです。
さもなくば、どんどんたまるばかりでしょう。
・・・・ちなみに、学者やジャーナリストが、
本の内容を引用する場合、どの本のどこにその箇所が
あったかを忘れてしまうと大変なことになります。
・・・私は本を購入したときに、
『古典講座テキスト』とか、『・・・の参考文献』とか、
なぜこの本を買ったのかという理由や目的を、
最初のページに書き込んでおいたり・・・・
こうすれば、『つながり』を忘れることなく
・・・手っ取り早い方法です。
読書量が多くなればなるほど、この本をなぜ買ったか、
忘れてしまって当然です。が、その『なぜ』は、
とても重要なことですから、何らかの形で
判別できるようにすることをお奨めします。」(p139~140)


たしかに、なぜ、この本を買ったのだっけと
本を読まずにイライラしていることがたびたびあり、
私にも、御利益ありそうな『つながり読書』です。
『届いた日に読み終えてしますのがコツ』というのは、
私には無理(笑)。でもパラパラと開いてみることは
出来そうなので、まずは、そこから。


ちなみに、『WILL2008年2月号』に
渡部昇一と日垣隆との対談が掲載されていて、
そのつながりで、何冊か日垣氏の本を購入して
あったものでした。その何冊かをもう一度
開いているところ(笑)。


そういえば、最近は新聞雑誌の書評欄への興味が失せて、
本の中で紹介されている本へと比重が移動してます。

『最初のページに書き込む』は、
私にもできそう。
重要な『なぜ』つながり。
うん。その『つながる読書』。
これなら、私にもできそうです。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大な図書館が。 | トップ | 多田道太郎句集 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。