わだつみの華

あなたの心という大海原を
心地よい風が渡っていきますように

(記事はリンクフリー)

(漢詩)無 題(十七)

2017-07-08 08:51:32 | 日記
言葉光也然何云即不語言葉充諾
法結行時人之霊止時識是理朗神語


言葉は光なり。然れば何と云わん。
すなわち語るを得ず、といえども
言葉はゆるしにみちて法(のり)に
結びゆく時、人の霊止たるを識る。
このとき神のことわりを朗らかに語る。


言葉は光である。さてこれをどう説いて
ゆこうか、なかなか言葉にしがたいけれども、
言葉が本心のゆるしにみちて、神の愛と
平和の法則に結ばれてゆくそのとき、人間は
そのまま霊人であることを肉の身のままに
覚るのである。

 そして、そのときこそ、神が愛であることを、
誰もが、はっきりと語りつづけてゆくことが
できるのだ。
『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (漢詩)無 題(十六) | トップ | (漢詩)無 題(十八) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事