わだつみの華

あなたの心という大海原を
心地よい風が渡っていきますように

(記事はリンクフリー)

(漢詩)無 題(二十六)

2017-07-17 09:43:07 | 日記
少時休息不言守護霊務
如神恵活人乃生命 


 しばらくの休息(くそく)も言わず。
 守護霊の務めはしものごとし。
 神の恵みのうちに人を
生かしめ人の生命を
生かしむるなり。


 たとえ一瞬でも守護霊に休息などは
ない。守護霊の働きは、神の恵みのうちに、
人を生き生きと生かし、その根元の生命を
活かしめてゆくことを第一とする。
『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (漢詩)無 題(二十五) | トップ | (漢詩)無 題(二十七) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む