わだつみの華

あなたの心という大海原を
心地よい風が渡っていきますように

(記事はリンクフリー)

(漢詩)無 題(四十)

2017-07-31 06:58:01 | 癒し
神慮難計然其内百代乃
光者今日是人乃生命


 神慮計り難し。然れどもそのうち
百代の光は今日これ人の生命なり。


 神のみこころというものははかりがたい。
 しかしながら、神から放射された光が
ながい歳月ののちに、今日の私達の生命
となっていることも、神慮のひとつである。
 我々は、この神慮を受けて、生き、
生かされている者なのである。
『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (漢詩)無 題(三十九) | トップ | (漢詩)無 題(四十一) »
最近の画像もっと見る

癒し」カテゴリの最新記事