グルメストアフクシマのブログ

男鹿にあるお肉とお惣菜のお店グルメストアフクシマ
(有)福島肉店スタッフのブログです。
実質スタッフ=長男です。

12月の営業のご案内

2016-12-01 10:06:41 | 営業のお知らせ
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。

12月の営業のご案内です。

今月の23日祝日は営業致します。25日は定休日、クリスマスと重なりますが年末までの最後の調整でお店はお休み致します。

■クリスマスや年末の詳細のご案内はまた改めてしたいと思います。
ご注文の締め切りを毎年もうけているのですが、その日にちのお知らせの身こちらで。
クリスマスメニューはローストレッグ、醤油煮、丸鶏のロースト、他オードブルやプレートのみで(今のところ)、23日と24日ご用意します。
締め切りは20日としております。

■年末のご注文は大変込み合います。30日~31日のご注文は24日までとしております、ローストビーフ等はお早目にどうぞ。
お弁当やオードブルは27日までお受けしておりますが、28日~31日は厨房や他社内スペースがいっぱいになってしまうため、
この期間はおつくりする余裕がなく毎年お断りしております。大変もどかしい想いでいるのですが、ご了承ください。
・ギフト、等のご予約もどうぞお早めにお願いします。

■年明け年始の営業は1月4日からです。


◆ひのめ商店
今月は12月10日土曜日です。
こちらもまた詳細改めてご案内します。

◆イベントのお知らせ
第二回ベルギービール&ドイツワイン第試飲会in 男鹿 が12月11日 日曜日
ZOTさん(故郷、船川)とワインパラディース鈴木さん(船越)と
弊社(食)の合同開催です。
なんとベルギービールもワインも自由に試飲し放題、(実質飲み放題ですね!!!)
当店の食も「試食」に重きをおきますので採算度外視、美味しく楽しんでもらえるよう考えております。

◆おが×ローカル×ビジネス×デザイン×スクール
12月17日からスタート
私にできること×男鹿の宝物=新しいしごと!
小さなしごとづくりをスピーカーからのテーマ、WSを通して共に考えていきます。
私福島も1月7日お話する予定です。




▼2017年1月のご案内もこちらに。

1月9日の祝日は営業します。


※毎週水曜日と土曜日は17時閉店致します。
毎週日曜日は定休日です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月の営業のご案内 

2016-11-01 12:32:49 | 営業のお知らせ
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。

男鹿の木々も色づき大龍寺さんの紅葉もきれいな時季になってきました。
11月 (12月も今のところの予定をのせます)の営業のご案内です。

3日は祝日ですが営業致します。
また秋田市文化会館で行われる「踊る。秋田2016」の方へ出店
、12時からの販売です。たくさんの魅力的な美味しいお店が(樫食堂さん、トリノス食堂さん、とっくりの木さん、カフェエピスさん、空の木Gardenさん、焙煎工房麻布さん、自家製酵母パンWAKUさん、N.S.北の風クラブさん)並びますよ~。個人的にもとても楽しみです。
この日は男鹿では熱闘男鹿半島大音戦 ヘイタナカ 対 エイシン&ザ・メディテーショナリーズ が温泉旅館ゆもとさんで開催されたり拉致問題啓発舞台劇の公演が文化会館であったり、他各地イベントが豊富にございます。

6日の日曜日は盛岡で開催される「青空商店」へ出店いたします。
久々の県外でのコロッケ揚げたてです♪

19日の土曜日は秋田駅前 小松クラフトスペースさんへ出店予定です。

11月23日の祝日はお休みいたします。


▼12月のご案内もこちらに。

クリスマスや年末は大変込み合います。お弁当やオードブル・ギフト、等のご予約もどうぞお早めにお願いします。
年明け年始の営業は1月4日の予定です。

※水曜日と土曜日は17時閉店致します。
毎週日曜日は定休日です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しまなみ海道~大阪 自転車旅 前編

2016-10-01 12:00:40 | ふらり旅
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。

ずっと下書きのままの記事が実はまだまだあります。(10個以上…(^_^;))
そのうちの一つが既に一年前のしまなみ海道~の自転車旅。妻寛子と。子供がお腹に宿る前にやりたい事リスト最終章。

2015年6月後半の7日間
松山から瀬戸内海の島々を渡り、尾道、倉敷、神戸、大阪と自転車で旅して来ました。

天候は雨の予報を覆し連日晴れ梅雨入りした時期に雨に一度も打たれずラッキーでした。
前半はテント泊、後半はゲストハウス泊、食べ物もあれこれ楽しみました。
その様子を自分のための自己満記録半分、書いていこうと(下書きを完成しようと)思います。

出発は秋田空港から。例のAターンのポスター前で記念撮影(^_^;)


伊丹空港までANAのボンバルディア  伊丹空港から松山空港までもボンバルディア プロペラ機♪

そういえば父の日だったからか、ひまわりの種の配布とチェキでの記念撮影企画もありました。…という事でこちらでも一枚。

チェキ。ちぇきな。


久々の空の旅、これから旅するしまなみ海道の上空付近にワクワク興奮



松山空港に到着すると早速サイクリストが歓迎されている感を受けました。
サイクリストおもてなしスペースというのがあって、更衣室もしっかり。ここでお着替え。
自転車組み立て場の案内も有。なくてもテキトーな場所で組み立てる予定でしたがありがたい!!

輪行袋から出し組み立て、暑い。
空気入れ、道具の貸し出しもありました。

自転車で一時間程、松山市街の中心地へ。

路面電車、たまらん、また別の目的でもゆっくりまわりたい松山。

松山城の下の公園で休憩。

今治へ向かい浜沿いを行く

初 「食」 鯛めし タコ飯 ? 道の駅ふわりにて

この風和里前のサンセットビーチ 計画通りここでテントを張る事に決める

つかみまして…

かめはめは だしまして…

夜は温泉入ってアイス(^_^;)


2日目朝 今治へ向かいます。

今治駅のジャイアント。 ここから尾道のU2内のジャイアントまでのレンタルで利用する方も多いそうです。


しまなみ海道はこちら という標識などがでてくる。
サイクルカフェ サイクルオアシスのマークをつけたコンビニも目につくようになります。スタンドと空気入れが常備されています。

今治の造船工場を見ながら坂を上がり大島への最初の橋に向かうところ。

来島海峡大橋が見えてきました!橋に上がるまでも細い自転車専用道路をぐるぐる、面白かった!


残念ながらややガスり気味。


来島来峡大橋の途中にある小スペース、案内板。

この日はしまなみ海道の半分以上を進んだわけですが、マップを参考にこちらに。


やや曇り気味で写真はあまりいいのは撮れず。晴れの日の参考写真をこちらへ。

こんな夕陽でもくもくしている時に乗れたら最高だろうな~!

さて大島へ入り伯方の塩で有名な伯方島を越え、大三島へ。


寛子さん結構ばてばて。予定通りお昼は大三島の道の駅、多々羅しまなみ公園へ。ここでランチ。
マハタなる魚がこの辺では名物のようです。幻の魚 て書いてありますがここにいるわけだから幻ではないね、て書いちゃったりして。美味しかった! 

途中温泉入ります。

この地元の人が集う温泉で休憩し、近くにあった大三島農園に寄りました。優しいおじさんにたくさん試食させてもらいゆっくり選ぶ。

夏のみかんやミカンジュースをお土産に購入。もちろん、配送。


この後、隣の生口島へ。


橋から生口島をみる

渡りきって

生口島から大三島を振り返ると

晴れの日の生口島への多々羅大橋はこんな感じ▼

生口島は降りて少し進むと見えてくる瀬戸田サンセットビーチ。晴れの日のものをお借り。


ここも晴れると良いでしょうな~、予定としてはここでテントを張る候補にあり考えていたのですが、もう一つ先に行くことに。
このすぐ近くに謎の集団。

寛子はどこでしょう。


そして因島へ。
因島観光スポットで外せない耕三寺へ。




へとへとになってきましたが、もうひと頑張り。新婚には気になるまんじゅう屋さん。これが見えて小腹がすていたこともあり少し元気になるも
…この時期は売っていなかった(T_T)がっくし。気を取り直しさらに進む。

夫婦饅頭から30分くらいかな、夕食にしようと因島ではタコの唐揚とラーメン、焼きそば。。


お約束の

和菓子屋さんを見つけて購入 気になる大福。ハッサク大福というのが、この辺や尾道でも名物のようです。

因島の北方にある大浜崎キャンプ場へ。ここがまたいい感じで、ここにして良かった!!


近くにはでかい恐竜もいる。

他に人は誰もいない。釣りの人や散歩の人がちらほらくらい。まわりに商業施設も住宅も無し。


翌朝 三日目 とても良い天気♪最高です。

恐竜にあいさつをしながらいきなりきつい坂を登り
最後の島を目指す。


向島にかかる因島大橋  2層式の橋で鉄に囲われた空間を行く。

圧迫感をやや感じるも抜けるとその全景は美しい

さらに自転車ロードをくだると海沿いの道。

釣りのオジサン達にあいさつをし

さっき来た因島大橋を望む。



向島は尾道のすぐ向かいとあって、渡った辺り以外は結構近代化の進む一般的な街という印象も。
そんな写真が全くないのですが、向島でも行きたいところが後になってでてきたり。
3日目、朝、尾道に入ります!


前編はここで区切ります。
後編でも書きますが、松山からであれば道後温泉でゆっくりし、松山も満喫してから海沿いを走り、しまなみ海道に入る前に2泊、大三島、因島で2泊、尾道で2泊の
ゆったりプランも結果的には良かったなーと思ったり。
尾道がこれまた心に残る時間となりました。続く。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月の営業のご案内

2016-09-28 10:35:52 | 営業のお知らせ
こんにちは、グルメストアフクシマの福島です。

10月の営業のお知らせです。


水曜日と土曜日は17時閉店で8日の土曜日は16時で閉店致します。
毎週日曜日は定休日です。
10日、11日はお休みいたします。※11日は平日ですが、臨時休業と致します。ご了承ください。

10月22日は、むつみワールドさんの感謝祭へ出店します。
アパマンショップ秋田城東店さんの敷地内でコロッケの揚げたて、こちらの時間等詳細はまた改めてお知らせいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当オードブルのご案内2016

2016-09-28 09:46:55 | お弁当 オードブル
こんにちは、グルメストアフクシマの福島です。

お弁当オードブルのご案内です。
これまで何度か更新しておりお値段が変わった部分もございます。



 当店のお弁当・オードブル・お惣菜は、全て手作りで、できる限り地場産の
安全性の高い食材を使用するよう心がけております。
これは自然の恩恵に感謝し、「美味しい」を大切に考えた時の形であり、
生産者さんの想いも手渡しできるよう、お召し上がりなる方に想いを馳せおつくりしております。


"■ご注文はご利用日の2日前15:00まで、ご予約分のご変更は前日12:00までに
お願い致します。前日、当日の場合はご相談に応じます。(休業日はご対応できません、ご了承下さい)
■お弁当のご注文は3000円以上(ごはん有の場合は5個以上)から承ります。
■メニューの内容はその時々で変わります。ご希望のあるお客様はご利用日の3日前までにご連絡下さい。"
お電話番号は0185-23-2624です。


オードブル・お弁当 今年の例の一部です。(2月)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

創業者 福島秋太郎

2016-09-24 14:34:17 | お店
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。下書きがたまっているので少しずつ。

本日は福島肉店の創業者
福島秋太郎のお話です。
以前Facebookにあげたものを短くまとめました。(…といってもやや長いのですが、記録として現在分かっている事を書きたいと思います)

創業者福島秋太郎は、父からすると祖父、祖父からすると父。
私にとっては曽祖父。私が生まれる前に亡くなっていますが、
どのような人だったのか、祖母はじめ父や叔母、身内やお客様にも聞いてみました。

曾祖父である創業者 福島秋太郎と曾祖母の結婚はどうやら恋愛によるものだったようです。
祖母から我が家のルーツを改めて聞いて色んな事が見えてきました。
きっかけは、「風立ちぬ」をみて、色々思うことがあり、結核や戦争、不況、その時みんな疑問を抱かなかったのか、どんな事を考えたのか、我が家のルーツと共に追っていきました。
 
江戸時代にさかのぼると福島家は墨田の某家老にいきつくのですが、長い事武家の血筋のようでした。本家は世田谷の等々力で「福嶋」だったのですが、福島肉店の創業者でもある私の曾祖父 福島秋太郎は「めんどくせー」とのことで「福島」で名乗る事になったそうな。でなければ今も福嶋だったのかもしれません。。
時は明治28年 (西暦1895年)、その福嶋家に秋太郎が生まれます。育ちは下町で江戸っ子気質、非常にやんちゃでいたずら好き、お地蔵さんに立ちションをして下半身が思いっきり腫れあがったという話が親戚の間では有名です。
秋太郎は、成城で調理講師をした後20代前半で肉の仲買人となり全国をまわったようです。
ちなみに少しコロッケの話に触れると、明治時代初期にはヨーロッパからクリームコロッケであるクロケットが伝わり、多くの洋食屋さんで登場しました。明治後期 からコロッケを作るための指南書が増え精肉店ではじゃがいもとお肉と玉ねぎのコロッケをつくるようになります。
当時の売価はコロッケ:25銭、ビフテキ:15銭、トンカツ13銭とコロッケの1人勝ち。昭和中期には身近な存在になりますが、この頃は高級料理でごちそうだったそうです。
さて、秋太郎は福島精肉店を大正七年(1919年)に創業、場所を武蔵小山に選んだのは、世田谷から近くという事もありますが、渋沢栄一の田園都市・開発の動きの読みもあったようです。結果大当たりでこの一帯はそれまで畑が広がる田舎でしたが数年後爆発的に人口が増えていきます。後述しますが、関東大震災での避難した方の影響も大きいです。


写真は、現在の武蔵小山商店街の一画に構えた創業時の福島精肉店 と近くに創業した「濱田屋」さん、や「日の出百貨店」さん、最初の市場、アーケードが完成した時の写真など。




当時は祝いのビラがぺらぺらはられていたのがわかります。現在も日の出さんは存在しており、数年前、小山周辺を探索した際見つけました、かなり感動しました。
ルーツのある土地を歩くのは不思議なものです。
 
さて、同じく明治30年前後、秋田県五城目町で私の曾祖母が生まれます。加賀谷ハナといいます。川反で芸妓もしていたそうで秋田美人として名は売れていたそうな。ほんとなんだがや、て感じですがま、写真のような感じです。
秋太郎が五城目に牛を買い付けに来た際、二人は出会います。秋太郎は秋田に数日滞在するとのことで取引する方にハナのいるお店に連れられたそうな。どんな感覚かわかりませんが、さぞやワクワクしただろうに。
秋太郎はハナの見た目よりも聡明な部分にひかれ夢中になったと祖母から聞きました。
本当はどうだったのかも生きていたら聞いてみたい。。
この秋田訪問時は秋太郎、一度東京に戻りますがその後何度か秋田を訪れます。…肉の買い付けよりもハナが目当てだったのだと想像しています。
関東大震災の時は 何度目かの訪問で秋太郎滑車で豚や牛と一緒に来ていたので震災は免れたようです。後日戻った際の上野や下町の様子がかなり大変だった事も色々きいています。世田谷の被害はほとんど無かったようです。
三軒茶屋にある小林写真館さん(現在も健在)の1925年前後の記録には二人の写真や生まれたての祖父と一緒に写っている写真が何枚かあります。数回秋田にも足を運びハナとの結婚も決まったようです。武蔵小山で市場の一画にお店をかまえ生活していましたがなぜ秋田に来たのかも色々聞きました。
なぜ今の男鹿市船川にしたのか。
それは①喉の病気 ②ハナとの出会い(本家が船川にあった) ③男鹿の環境
の三つの事が影響しているようです。
秋太郎は若くして甲状腺に病を患っていました。帝大(今の東大)で手術した後、完全には治らない事も通告され、豚の甲状腺を煎じて飲むと良い、と医者から聞いて畜産に携わる仕事として最初に仲買人になったようです。

▲喉のふくらみはその甲状腺の病

秋田でのハナとの出会いは非常に大きく病に負けず「生きよう」という意志が強くなったようです。そして秋田の空気の良さ、男鹿の景観に魅かれた事も後に語っています。
ハナは五城目生まれですが、加賀谷家の本家が男鹿市船川であった事、築港がはじまり盛り上がっていた事も男鹿に来た条件にあったようです。そうして昭和12年頃(1937年頃)祖父を連れ
東京から男鹿へ移転となりました。
…いやいや、悪いことしてやくざに追われてたんでねが、という親戚の話もあります。どちらかというとそっちの方が面白そう。。

だいたい田舎を出て皆中央(東京)に出る時代、逆に地方に来るんだから相当変人扱いされ苦労もしたのでは。。
祖母に聞くと、珍しがられたようだけど秋田ではまだ牛肉を食べる風習も無い時に港町に滑車で来て牛の扱いを始めたわけで店もたくさんの人で賑わっていた、と。
確かに今も60歳前後から70歳くらいの人達に、昔子供の頃、おじいさんに車にのっけてもらったよ、お世話になったよ、とよく言われます。90代のお客様もいらっしゃるのですが、

加賀谷家 は二代前から洋裁店で 現在栄通りの昔の「あたらしや」のななめ迎えにあって、ハナさんの弟と結婚したはなこさんの息子さんが現在60代で元気です。▼昭和18年頃(1943年頃)

▼現在の加賀谷さんの佇まい


自分の命を長らえるために始めた仕事でありハナとの出会いがあって秋田への移転が決まった、というこの中に少しでも条件がずれていたら私も存在していなかったのだろうか。。
ハナさんのことを秋太郎が「聡明だ」、と一言で表しているのは、内面あってこその本当の「秋田美人」だ、と取っても良いかなと思っています。
これまで何も考えずに過去の写真としてホームページ等に掲載していた一枚、一枚にストーリーが浮かび上がってきました。映画のように、この静止画から色が鮮やかになって動き出していくような妄想が今後も続きそうです。
 
◆結核に関して 身内の話
秋太郎の 姉は一人の娘以外の子供を結核で亡くし自身も結核で倒れます。
親も結核で亡くなりました。
風邪をひいた事をきっかけに簡単に結核になってしまった人が多かったようです。身内がほとんど結核で命を失った、と初めて知って映画風立ちぬともリンクしました。
◆たばこに関して
秋太郎 超ヘビースモーカー、甲状腺の病気も持っていて空気の良い所を選んで移転したわりにたばこはかなり吸っていたようです。肺癌で75歳で亡くなりました。(1969年)
これも当時の人達は当たり前のように吸う習慣があり、映画の描写がいかに地味な日常を自然に扱っているかがわかります。
◆加賀谷家の本家は現在の男鹿市役所のあるあたりにありました。明治後期(約100年前)の男鹿市船川の写真に想像できます。
ちなみに加賀谷家のルーツは加賀の国になりますね。北前船ですね~。
◆戦争に関して
私の祖父は船川の防空監視哨(現在の備蓄研修所のある丘の上)の副哨長でした。17歳の頃の話です。
終戦間際には、召集令状も来たようです。
お国のために命をささげる、戦死は名誉 な風潮の中 
秋太郎は こんな戦争 はやくやめよ、アホくせー、と普段から言っていたらしく(当時は相当なクレイジーなオヤジ)祖父の召集令状に対しても兵事係吏員や警察 県の陸軍省の役員にも直談判に行きました。
21歳になったら息子を出してもいいが、まだ早い、と。
どんなつながりがあったのか知りませんが、出兵せずに終わりました。(この時船川から出た志願兵は戦死しているそうです。)

それにしても、この時代の空気の中、祖父の恥じらいに近いような情けない気持ちも想像できます。これはまわりからの話ですが、しばらく深く帽子をかぶり下向く事が多かった、とも聞いています。
心の中では疑問を持ったり赤紙がくれば、ベートーベンの「運命」がかかるような気持ちになったのは皆同じようで、ただ口に出すような事はこの辺でも無かったようです。そんな気持ちを押し殺すための方法はたくさん用意されていたようですが…。
戦後は相当仕事に打ち込んだようです、祭りや警察への協力も積極的で、60年代は民間の交通指導隊としてテレビでも紹介され鼻高々だったようです。

100年をきりとると、祖父母や曾祖父母、その上のご先祖様が頑張って乗り越えて今があるのだなーと思いますが、もっとずっと先も追っていくと切れ目なくつながっていて、生命が誕生するところまで連綿と続くものがあるのかなぁと妄想してみたり。。
10代前にさかのぼるだけで-2-4-8-16-32-64-128-256-512-1024・・・・と倍数数列で10世祖だけで1024人ですが、合計数は2046人となります。
10代の間の話だけでも、自分もその2046人のご先祖様のうち一人でも欠けていたら存在していないわけです。そうなると皆その辺の人とも よ兄弟といえるような感覚にもなるわけです。そして歴史も面白くなるわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月の営業

2016-09-01 11:23:36 | 営業のお知らせ
こんにちは、グルメストアフクシマの福島です。


今月の営業のお知らせです。
9月は19日の祝日はお休みしますが、22日の祝日は営業致します。
水曜・土曜は17時閉店ですが、その他は通常営業9:00~18:00です。よろしくお願いします。

今月のイベント出店は 10日土曜日のうさと展示会 in 五城目 素敵な山々に囲まれた「竹内邸」で行われます。
詳細はこちら
FBページへ。
https://www.facebook.com/events/748915771916862/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の営業のお知らせです

2016-08-04 12:16:18 | 営業のお知らせ
こんにちは、グルメストアフクシマ福島です。
お盆期間の営業のお知らせです。

8月13日(土)は14時まで、
14日(日)は15時まで営業致します。
お盆期間のご注文は9日で締め切り、としておりますがお作りする数が限界に達したものはその時点でご予約も締切とします、
ご了承ください。

※13日は単品のみのご予約受付となります。
10日~13日はお弁当・オードブルのご予約はお受けしておりませんご了承ください。
14日のオードブルご予約も9日しめきりとなります。
追記 14日のオードブル・プレートのご予約はいっぱいとなりました。ご了承ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「衣食住がirutoco」 irutocoさんの3周年記念イベント

2016-06-07 21:12:01 | イベント
こんにちは グルメストアフクシマ福島智哉です。

先日のirutocoさんのイベントにいらしていただいた皆様、改めてありがとうございます!!!

▲写真は船木さん(Own GArment products)撮影 

irutocoしのぶさんの優しさがいたるところにあらわれていた素敵な空間だったなーと振り返ります。
私達もとても楽しく居心地の良い時間を過ごしました。

当日は 11時のオープンからコロッケが完売するまで列が途切れず想像以上の人で驚きました。写真はその最中だと思われます。
追われている時はとても嬉しく楽しい時間ではあるのですが、いきわたらずにおわってしまった方にはとても申し訳なくお詫び申し上げます。今後なくなりそうな場合は残数と並ばれている方のご要望の数と照らし合わせられるよう工夫したいと思っております。

また今回しのぶさんのご提案で、調味料などの物販も行いました。お塩やお醤油・お味噌、出汁、ソース、小麦粉などです。こちらも日頃からしのぶさんがお客様とお話されたり、それぞれの良さをお伝え頂いていたおかけで、ほぼ完売でした。素材レベルで関心の高いお客様が多いこともとても嬉しいのですが、しのぶさんとお客様との関係性、在り方がとても素敵で学びたくなります!!

http://ameblo.jp/irutoco/entry-12167840215.html
▲リンク先ブログしのぶさんが書かれている事に感動&とても共感しました。
「真面目な作り手さんと、お客様をつなげる役目を担っていきたい」「良さを伝える仕事がしたい」
自分達の立場でいうところの農家さんと食べる方をつなぐ担い手にも重なり、もっと深いところの想いや考え、現場のリアルな情報をお伝えしていこう という勢いのエンジンが強まりました♪
より良い社会創りに良い作り手、良いものを応援するという形、あつまる方が自然とそうシフトする場である事も感じなんだか、とにかくすごいぞ!!!と興奮しておりました。

個人的には「衣食住」で捉えたイベントも初めてで、
「衣」を深いところから意識したりお話を伺った事、
大建さんの創業精神に触れたり家づくりの考え方に触れた事もとても勉強になりました。
出展者さんやスタッフの皆さんとのご縁も嬉しく
本当に居心地がよく楽しい一日となりました。
しのぶさん、大建さん、お手伝い頂いた皆様にも本当に心から感謝しております。ありがとうございました!


▲落ちついたタイミング 午後4時くらい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コロッケへの道

2016-05-06 08:18:10 | コロッケ
こんにちは、グルメストアフクシマの福島です。

この度松橋ファームさんと共に
コロッケができあがるまでには、どんな過程があるのか、携わる人達にどんな想いがあるのか、
これらを多くの皆さまにお伝えしたいと思い、コロッケへの道という名の
プロジェクトを始めました。
じゃがいもや玉ねぎなどの素材が育ち、コロッケになるまでの物語をご覧いただき、ますますフクシマのコロッケを身近に感じていただけましたら幸いです。

ブログ▼
コロッケへの道
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016

2016-01-04 14:17:56 | お知らせ

今年もよろしくお願い致します。

ブログも昨年 よし!!続けるぞ~と意気込んだものの台湾にいってのまとめに時間がかかり
重要なものもFBのみでブログではアップできずに終わってしまっておりました。

続けられるようまた工夫して頑張りたいと思います!!


写真 鳥海山 山頂より。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コロッケグランプリ2015 金賞受賞

2015-10-22 17:31:55 | コロッケ
こんにちは、グルメストアフクシマの福島です。

この度
日本コロッケ協会さん主催による
コロッケグランプリ2015において
東日本ポテト部門で 金賞を受賞しました!!


全国の大好きなお店の数々と名前が並び
不思議な感じです。


詳細は日本コロッケ協会さんのページへどうぞ

当店のコロッケは知名度は低くこういったものとは無縁なものと思っておりましたが、推して下さる方が思った以上にいらしたという事なのでしょうか。金賞予定とのお知らせを頂いた時は社員一同とてもびっくりしました。
ご投票頂いた方はじめコロッケを好いてくださっている皆様、農家の皆様はじめお取引先様、地域の皆様、ご支援頂いている皆様に改めて深く感謝申し上げます。

今はまだまだ地元にしっかりした根を張り近くにある大切なものを本当にちゃんと大切にしたいという想いを強くしております。
そしてより一層、大きな社会に理想を求める程超ローカルに小さきもの、こと、から着手していきたいと考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾10 孔子廟エリア

2015-03-08 08:00:36 | ふらり旅
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。

神農老街、海安路エリア(割愛)をまわった後はまた自転車に乗って
孔子廟のあるエリアへ移動しました。

移動途中の廟 鳥居。こういったものが時折目に入る。


オランダ統治時代の名残 消防署


孔子廟エリアに到着





お洒落な雑貨屋さん数軒まわり




ソーセージの屋台


雪の花ような見た目から、「雪花氷」(しぇーほぁぴん)とも呼ばれているかき氷。

進藤冷菓さんも台湾からとりいれ秋田でも話題になっておりました。普通の氷ではなく、ミルクを凍らせた氷を使い、ふんわりさっぱり。


オーガニック・自然食品のお店も堂々とある感じが良かったです、お土産もここで何品か。






ガイドブックでも読んでいて行ってみたかったナロー珈琲






ナロー(狭いの意)という名はこういうことだったのか!
狭い門から入る事で話題になっているのですね。

振り返ると

店内



アイスコーヒーを頂きました。普通のお味でしたが、値段は特に日本と変わらない感じ。

外に出ると歩道沿いにも簡易的な屋台や囲碁に似たゲーム中のおじさん達。

こういう風景も楽しかったです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾9 台南自転車周遊 神農老街

2015-03-07 17:18:40 | ふらり旅
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。

台南に来てまずは宿泊先のゲストハウスにチェックイン。
Dorm1828(城市小屋1828)というところでお洒落でアットホームなところ。
自転車を借りる事ができるというのでお願いしました。
24時間で200元 日本で800円くらい。
行きたいところもあちこちあったので、バスやタクシーを使うよりいいな、と思いました。
部屋に荷物を置くと早速いざ出発▼

ちなみに高雄に比べると道幅は狭く雰囲気も懐かしさがある感じ、狭い通りも名前がついているので迷う事は無く
分かりやいです。
ただ、心配なのは、自転車も車扱い同様、バイクのレーンを走らねばならぬということ。
これは自動車の停止線の前にもうけられているバイクのレーン▼

バイクの方々と自転車Peopleもここに入ります。

最初は慣れるまでちょっと怖かったです。
動画はこんな感じ
台南
台南~安平
動画にも出てきますが、金城武さんの大きな広告があり思わずパチリ。


向かうは台南駅からは西の方向に自転車で20分程、海安路エリアにある神農老街という通り。
200年以上昔の家屋が残り、石畳に木造りの家が軒を連ね、情緒ある街並みがみられるとのこと。
現在は芸術家が集まる通りとして注目されており、昔ながらの住宅のいくつかはギャラリーやショップになったり、という案内も見て楽しみに。
▼道中、どこか懐かしさを感じる不思議な街並みが続く。


神農老街まであと少しの距離の狭い通りにて、ある寺廟。

装飾の具合が色鮮やかです。調べてみると
大小を問わず、各寺廟が神に対する敬意を表すと同時に、民衆に第一印象を残すために、目立つ装飾物を設置しているそうな。華麗かつ精緻に仕上げられているのが台湾と中国南部に共通する通例だとか。

↑こういった建物があちこちにあります。

さて、▼神農老街の真ん中あたりのカフェに到着。自転車をこの辺りにとめて、歩く。

まずは奥まで行ってみよう、と通りに入ると大きな廟がズンと構えているのが目に入りました。



左の緑はガジュマルの木で祀られて250年以上のようです。

▼すぐ側に海安路行きのバス停??となりのトトロのバス停を真似した記念撮影用の一画。(ジブリの許可はとったのかな?…とかつい考えてしまうのですが、そんな話をしてもしょうがないので、わー、トトロだー、これナイスアイディア!写真撮ろう♪と数枚。。

さてここからは雑貨店やカフェ、少し変わったお土産屋さん、水晶の専門店、アートなお店の数々、この日は観光客も多く全てまわるにはかなりの時間がかかるため、さらーっとまわることに。


古民家を活かしたお店が並ぶ。






写真右上には人魚??神様??肝心な部分が無くすみません。
カフェや雑貨店は混んでいました。
店内は撮影したかったものも多くありましたが、断りもなくパシャパシャするのもどうかと思い人も多かったので控えました。
台南はよく台湾の京都とも言われているそうですが、来てみてなんとなくその共通点を感じました。
古くからの伝統・文化が感じられ、歴史的建造物も残っている
というだけでなく、町屋を改造したレストランやカフェ、雑貨店にしているところが増えている部分にも感じました。
実際古いものを活かした形 というのは古都に限らず日本でも様々なところで見られますが
この神農老街は独特。
観光客が集まるところではあるけれど、そんなに観光客相手のビジネス臭さが無く
良かった、といえます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾8 思い切って台湾カット

2015-03-06 14:13:28 | ふらり旅
こんにちは、グルメストアフクシマの福島智哉です。

初日、高雄の人気百貨店の中や夕食時、街を歩いている際に感じた事なんですが、
自分は日本人だ、とすぐ分かるような気がしました。
髪型が異様に気になりました。
なぜかというと、ほっとんどの人が同じような髪型だからです。加えていうと、
友人の結婚式前に髪を切ってから日本を出たかったのです。

そんなわけで、ちょっとこわかったのですが、思い切って
現地で髪をきることにしました。

さて、どんなところで切ったかというと…
場所は
台南駅を降りてすぐのシャングリラホテル(なぜクリスマスツリーっぽいのがあるのかは謎)

ここから成功大学まで歩いてすぐのところにある床屋さんへ。
サロンはそれなりの値段だ、と聞いてましたが、どちらにしても台湾は安い!!
選んだところは日本でいう1000円カットのようなところでしょうか。

おそるおそる入ります。

入ると目の前におそらくチケット購入用の販売機であろう、ものがあるのですが、
お金を入れるところやどうしたらいいかわからないのでとりあえず入って左の待ち合いイスみたいなところに腰掛ける。
お客さん用の椅子に足を組みながら雑誌を読んでいるお姉さんが、私に気付きますが、
軽い溜息交じりで立ち上がり面倒くさそうに
お金はここに入れてよね、と。
そこからは英語での会話、あっちもボキャブラリーが無いので
「like this?」の繰り返しで どのような髪にしたいか決めました。
いわゆる台湾のyoung people が、ファッションだよ!
そんなフレーズで出てきたそのお姉さんのスマホのモデル達の写真をみてみると…、
みんなどれも変わらないだろうが、と思うようなものばかり。
サイドはツーブロックかすっきり刈り上げるか、
最終的にすごく現地の人っぽいものを選択。

ここからは、妻 寛子 が撮影。
久々にいきなりバリカン!






なんと10分で終わりました。100元ぽっきり。日本円でいうと400円くらい。
こっちで髪を切っていれば、日本の一回分にもならないです。

そうしてこんな感じに。

臭豆腐のソーセージ、期待して食べて非常に厳しい瞬間の一枚ですが、髪をきったばかりの写真。

あ、後から寛子に言われて気が付いたのですが、お姉さんだと思っていた方は
声も体も顔もよくみたら男性でした。
…でも、心は女性なのかな、だとするとやはりお姉さんですね。

神農老街へ。
…つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加