花守

四季の花はそれぞれやさしく咲きこころなごみます
折々に咲く花を守りこころかすめる思い出など綴ってみたいです

なかなおり

2016年10月31日 10時06分13秒 | 日記
新聞の詩(朝の詩)欄に詠まれていました
“なかよし”という題になっていてそこにはこんな意味がかかれていました
 なかがよいということはケンカをしないということではなくて
 ケンカをしてもなかなおりできるということなんだ と
誠になかなおりのきっかけはややこしいです

小学3年生のとき私はクラスの女の子と放課後の掃除で喧嘩になって
しまいました
受け持ちの先生が見回りの来られました

私は「喧嘩になってしまって」というと相手はもう泣いています
こんな時は先に泣いた方がいじめられているようで同情をかうものです
「どうしたんじゃ 二人ともいい子じゃないか」
お父さんのように優しい先生に言われるとこれまで我慢していた感情
が私も一気に涙声になります

あの時の先生の対応をよく思い出すのです
二人にランドセルを背負わせて片手に荷物を持たせてもう一方の手を繋がせて
「いいか 帰るまで手を離すなよ」
といって校門近くまで二人の背中を押しながら見送られました 
そんな二人は帰り道手を繋いだまま途中までは無言でしたがやがて
「ふふっ」と相手が笑ったので
私も「うん うん」と言いました

大人になって時に思うのです
先生は仲直りをさせる名人だったのかも



ツワブキの花秋の庭にふさわしくて










ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の日に | トップ | 参拝 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵なお話 (けい)
2016-10-31 10:35:15
読んでいて心が和んできました。いつもここに来るとホッとします。今日のお話も。
先生は仲直りの名人、きっとそうですね。
こんな先生だらけだといじめも起きないのかなぁ。
ほっと (fuyou)
2016-10-31 21:13:01
けいさま
こんばんは
幼い頃のこと思い出した時にほっとるすことが出来たら嬉しいですね
昔の先生はそうだった気がします
子どもはそんなことに出会って育っていきますよね こころも
お立ち寄り頂いてありがとうございました
先生 (maria)
2016-11-01 06:05:39
fuyou さん、おはようございます。
良い先生に出逢われましたね。
心がほんわか和むお話を聴かせて頂きました。
昔の先生は子供たちが多かったにもかかわらず、良く一人一人を見守っていてくださったような気がしています。
私は小学校の先生と5〜6人で、夏休みに史跡巡りや山登りに行きました。
自然が好きになった私の原点になっているような気がします。
fuyou 様 (コスモス)
2016-11-01 09:01:13
その先生のなさったことに 「うーむ」 と感嘆しました。教え子が喧嘩はしたけれど、手を繋がせて校門まで見送ったなんて……相手はまもなく 「ふふっ」 と笑い、こちらも 「うん、うん」 となって、たちまち仲直り。とてもほのぼのとさせられます。お二人は大の仲良しになったのでは。
ウフフ・・ (fuyouさま)
2016-11-01 13:07:40
笑うっていいですね~~
私もそのようなことがあった気がいたします
久しぶりに小さい子供時代に戻った感じです
孫が意味もなく笑ってにこっとしてフフウウ・・・と
とてもうれしくなります
無邪気な笑顔・・小さな笑いごえ・・
いいなぁ~~
朝の詩 (ふーちゃん)
2016-11-01 18:17:57
fuyou 様

「朝の詩」で検索しましたらステキな詩に出会いました。
有難うございます。

私も高校時代、修学旅行先で友達と何が原因だったか口喧嘩したのですが、彼女とはいまだに仲良くしています。

昔が懐かしく思い出されるのは今が幸せということですね。
見守って (fuyou)
2016-11-01 20:48:12
mariaさま
こんばんは
見守って下さる先生 好きでしたね
そんな先生の傍にはみんなが座りたくて
傍に座れない子には先生は顔をのぞいたり
頭をなでたり
そんな先生をみんなは好きでしたね
叱られるときはみんな一緒に

そうですかmariaさまの自然がすきな原点がそこにあったのですか
納得 納得です
みんな 愛されていたのですね
いい子といわれても (fuyou)
2016-11-01 21:04:52
コスモスさま
こんばんは
先生は二人ともいい子といってくださったのですが二人とも長女 末っ子 一人娘だからとてもわがままだったのでしょう
でも先生の優しさが嬉しくて
二人は手を離さないでずっと一緒に帰りました
今の子たちもあんな心暖かい先生が傍にいて欲しいですね

コスモスさまが淡い期待を抱いて下さった彼女はすぐに大阪に転校してその後は友情は繋いでいないのは残念ですが
tangoさま? (fuyou)
2016-11-01 21:12:55
こんばんは

お孫さまの可愛い笑顔がいつもお傍でいいですね お幸せです
子ども時代を振り返ってほんのりとできること
いいですね
無邪気な笑顔いいですね
ありがとうございます
素敵な詩 (fuyou)
2016-11-01 21:38:33
ふ~ちゃんせんせい









ふ~ちゃんせんせい









ふ~ちゃん先生

こんばんは
素敵な詩にであえますね
喧嘩はふとしたことですよね
それなのに仲直りはやっかいですね
傍で子どもを理解して仲直りをさせてくださり
大人になっても懐かしく思い出すことができ
こころがほんわかします
ふ~ちゃんせんせいは昔の喧嘩は後にとてもおおきな友情を育んだのですね
ありがとうございます









ふ~ちゃんせんせい

こんばんは









ふ~ちゃん先生
こんばんは
素敵な詩に出会えよかったですね
喧嘩の理由はちょっとしたことですよね
それなのに
仲直りはむつかしいものですよね
子ども時代にどちらにも傷つかない方法で温かく手を差し伸べてくださる先生の存在は子供にとって安心感がありますね









 (tango)
2016-11-02 11:04:58
ごめんなさい
自分の名前を入れずに・・・
文章で分かっていただき、ありがとう!
はるか昔を (折節)
2016-11-05 23:07:59
fuyouさん、こんばんは。

なかなおりのことで時折はるか昔をなぜか思い出すことがあります。
近所の公民館でそろばんを習っていた頃のことですから、小学校の4、5年生の頃のことだったと思います。
近所には同級生の男の子が4人か5人かいました。
みんながそろばんを習っていました。
そのうちの一人と下校時か何かにけんかしたんですね。
当時はけんかするとよく「絶交」状態になったものです。
その翌日かのそろばん教室では気もそぞろだったのか、よく計算結果を間違えました。
その帰り道、走ったら子供の足で3分くらい。
私が先に玄関にたどり着くのですが、うしろから追いかけてきた友達が「きのうはごめんねぇ!」
私もびっくりしながら「あっ、ごめんね!」
その時の安堵感は子供心によく覚えています。
先にごめんねを切り出せなかったくやしさも同時に…。
とにもかくにも「救われた」思い、50年以上経った今でも時折思い出すのはそのせいなんでしょう。

すみません、まるっきり私の昔話ばかりになってしまいました。
昔をおもうと (fuyou)
2016-11-06 10:04:55
折節さま

おはようございます
昔をおもうとあたたかな気分になります
なかなおりの「ゴメンね」は勇気が要るのですよね
先に「ゴメンね」というと自己のプライドが傷つくようで容易にいえないのです
でも今頃はおもうのです
先に「ゴメンね」という行為のほうがプライドある行為かも知れないと思うのです
でも最近は喧嘩しなくなりました
「ゴメンね」はいつでも用意しておきます

折節さまの昔話とても新鮮です
ありがとうございます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。