がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

歴史を学ぶ、楽しむという事

2017年07月15日 | ・琉球/沖縄、徒然日記

 

歴史を学ぶとは?
歴史を楽しむとは?

 

過去記事 → 歴史を学ぶ意義

 

歴史や人物像は見る人や立場によって
おおいに変わりうる。

だから色んな人の色んな見方を知りたい。

そして、
自分はこう思う、
あなたはどう思う?
と時に意見交換しながら
考え方や見方を深めていきたい

というのが私のスタンス。

 

 

ウチナー紀聞・大いなる遺産シリーズ最終話の座談会で
歴史を学ぶことについて
安里進先生が仰っていたことを
文字に起こしてみました。

 

+

 

歴史というのは100人いたら
100人の歴史の見方がある。

それを、教科書的に
こういう見方しかできません
となると
歴史に学ぶものは1つしかないわけですね。

でも実際の歴史というのは非常に多様で、
見る人によって皆違う。

だから、100人いれば100人の歴史が見えて
それを通して
非常に感動した、
良かった、
教えられるところがあった、
というのが歴史であって。

だから教科書的に
定説的な固まった歴史にこだわる必要はない。

皆それぞれ自分の目から見て
歴史を学び、
楽しみ、
やったらいい。

そういうふうに思えば
こんなに面白い世界はない。

ただで遊べる(笑)」



写真は普天間宮洞窟。


※少し前にブログ村などのランキングサービスを辞めました。
これまでクリックしてくださっていた皆様
どうもありがとうございましたm(_ _)m

『沖縄県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉球/沖縄、一問一答 【第93... | トップ | 蔡温の肖像 »
最近の画像もっと見る