がじゅまるの樹の下で。

*琉球歴女による、琉球の歴史文化を楽しむブログ*

当サイトの掲載写真・イラスト等の無断転載/無断使用を禁じます

シマノネ

2017年08月09日 | ・手ぬぐいコレクション

 

県博に行ったときに、
ニュージアムショップでこのようなものを購入しました。

 

「シマノネ」

 

シマノネとは、ずっと大切にしていきたい
「島の根っこ」のこと。

沖縄の自然や文化、思いをそれぞれのデザインに込め、
いつもの暮らしの中で
「島の根っこ」に触れるきっかけをつくります。

 

というコンセプトのもと、
県立芸術大学の学生さんとコラボして
デザインされた商品シリーズ。

赤瓦
ゴーヤー
パイナップル
サン
ナーべーラー
などのオキナワンなモチーフが
和モダン(っていうか大正ロマン風)にアレンジされ

小箱やポチ袋、
絵葉書やクラフトペーパーなどに
展開されていました。

 

中でもワタシが

おっ

ってなったのが、

写真中央にある手ぬぐい。

 

ただの手ぬぐいなら
見向きもしないのですが、

シマノネの手ぬぐいには大き高ポイントが!!!

 

 

か ま わ ぬ 謹 製 !!

 

(これは拍手が起きてもいい所ですよ)

 

つまり、総理(布)に注染!
これぞ「本物の手ぬぐい」と思ってもらっていいのです!

デザインはかわいいけど
ペラペラの布にプリントしたような
大衆観光ショップにあるような
チープな、もしくは鑑賞用の手ぬぐいではない
ということです。

これまで首里城や美ら海水族館なんかの手ぬぐいを
梨園染さんが作ってきてますが
かまわぬが沖縄の企業とコラボするのは
珍しい気がする。

 

シマノネさん、
よくぞかまわぬで作ってくれました!

 

ちょっとお値段は高めですが
(通常なら1200円程ですが1600円)
これは価値ありということで
「ガジュマル」を購入しました。

それと絵葉書を何枚か。

 

ゴーヤー手ぬぐいも欲しかったけど
売り切れたのか県博にはなかったのよね。

 

今度、南風原の店舗にも行ってみようかと思います。

 

ということで、
久々の手ぬぐい記事でした!

『沖縄県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ’17りゅうぎん紅型デザイン展 | トップ | 武寧・尚巴志時代の浦添グスク »
最近の画像もっと見る