日本茶とお茶の間

お茶の間を復活させたい思いから、日本茶に関連する情報などを発信し、みなさまとの情報交換の場にしていきたいです。

☆耕母黄昏☆

2017年04月21日 17時20分00秒 | 日記


辛夷が咲いて、白木蓮の蕾も
日に日に膨らみかけております。
待ち遠しいような、まだまだゆっくりでいいなどと
勝手なことを思ったりしています。
不思議な気持ちで、花が開くときを待っています。
誰の心の中にも、花との時間軸があるのかもしれません。


冒頭の『耕母黄昏』
宮澤賢治さんの作詞作曲の歌です。

風立ちて樹立さわぎ  
鳥とびてくれぬ
子らよ待たんいざかえり
夕餉たきてやすらはん

風たちて穂麦さわぎ
雲とびてくれぬ
子らよ待たんいざかえり
夕餉たきていこひなん

美しい旋律が讃美歌のように
優しく響いてくるようです。

今日こそは記してみましょう。
いちはしさんの事を・・・
わたくしの大切なお姉さんのような方だった・・
昨年9月20日、賢治さんの命日の前日でした。
静かに天に召されたのです。

我が胸の内を聞いていただくあなたがいなくなっては
わたくしはどうしたらいいのでしょう
あなたの事を、訪ねお聞きしたいのにあなたがいなくては
わたくしはいったいどうしたらいいのでしょう
涙はいくらあっても枯れはしない
いくら呼びかけても答えは返らない
静かにただ微笑んでいるだけ
胸の奥にそっと寄り添っていてくれるだけ
昨日の夢の中にいたような
温かな涙がひとしずく頬をつたい
優しい眼差しを感じます。


大きく膨らんだ我が胸の内を
花時と合わせて開かせましょう。

ふと、庭の柏の老木にも話しかけてみたくなりました。
「静かにそこにいてくれたんだね。ありがとう」


日永(ひなが)は、春の季語ですもの、
いちはしさんには、春がよく似合う
我が家へ、遊びに来て下さったとき
いつも、キラキラ輝く指輪を身につけていらした。
これからも、いちはしさんがいらした時のように
長くなった昼時間を楽しんでみたいと思います。
野花や野草達と遊んでみよう。








チョウカさんのひとみさんが三年前結婚を祝ってくださって
いちはしさんにも日頃感謝の花束をプレゼントなさいました。
いつだって、一緒にいた私たちでした。
ひとみさんのお写真お借りしちゃった。やっと、会えたから

いちはしさんのおもいを受け継ぎ優しくありたいと・・・合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆ありがとう・ありがとう・あ... | トップ | ☆お茶旅☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。