東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

環境省 ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について

2017年06月14日 19時12分55秒 | ごみ全般/環境政策

※ヒアリは強い毒を持つため、生きた個体を素手で触らないようにしてください。
(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色

環境省「ヒアリ参考資料」より

 

ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認

人間や生態系への被害は、
米国では年間100名以上が死亡、ペットや家畜への死傷被害も多数

 

環境省 2017年6月13日

ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について

 平成29年5月26日に兵庫県尼崎市において発見されたアリについて、専門機関による種の同定の結果、6月9日に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。当該ヒアリは、中国・広東省広州市の南沙港から出航した貨物船内のコンテナ(1個)の内部で発見されたものです。
 このことから、コンテナ内を燻蒸消毒するとともに、現在、確認地点において、捕獲トラップ等を設置し、ヒアリの侵入がないか緊急調査を開始しました。
 ヒアリは、南米原産で体長は2.5~6㎜程度、体色は主に赤茶色の有毒のアリです。世界では北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入・定着しており、世界各地で大きな問題となっています。これまで、日本では侵入は確認されていませんでした。
 
(略)
 

4.情報提供のお願い

ヒアリは、攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシー・ショックを起こす可能性があるなど人体にとって危険な生物です。世界各地に定着がみられることから、一旦定着すれば根絶することは困難となるため、侵入監視により、早期発見、早期駆除により定着前に根絶を図ることが極めて重要です。

神戸港に限らず、海外からの貨物や旅客が到着する港や空港においては同様にヒアリ侵入のリスクがあります。

地方自治体や駆除業者の方々につきましては、ヒアリと思われる個体が発見された場合には、管轄区域の環境省地方環境事務所にご連絡ください。

連絡先URL:http://www.env.go.jp/region/index.html

ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考):https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

※ヒアリは強い毒を持つため、生きた個体を素手で触らないようにしてください。

(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色

(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色

ヒアリを発見した場所及びコンテナの燻蒸作業を実施した場所

ヒアリを発見した場所及びコンテナの燻蒸作業を実施した場所

添付資料

 

追記 2017年7月4日

大阪港におけるヒアリの確認について

 6月29日に大阪市住之江区内の倉庫に搬入されたコンテナよりアカカミアリが確認されたことを受け、環境省では、当該コンテナが陸揚げされた大阪市の南港における緊急調査を実施してきました。
 今般、緊急調査により30日に防除した個体がヒアリであったことが確認されましたので、お知らせします。
 また、環境省では、国土交通省の協力も得ながら、主要7港で専門家による確認調査を別途行っています。7月3日に大阪港において調査を行い、30日の防除実施地点と同一の場所で、新たにヒアリの疑いのある個体が確認されましたので、現在専門機関で分析を行っています。

 

追記 2017年6月30日

名古屋港におけるヒアリの確認について

 平成29年6月27日に愛知県弥富市において港湾運送事業者により発見されたアリについて、専門機関による種の同定の結果、6月30日に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。当該ヒアリは、中国・広東省広州市の南沙港から出航した貨物船内のコンテナ(1個)の外部で発見されたものです。
 発見時に確認されたすべての個体は、既に防除済みです。
 ヒアリは、南米原産で体長は2.5~6㎜程度、体色は主に赤茶色のアリです。世界では北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入・定着しています。これまで、日本では神戸市において確認されています。
 なお、環境省では、国土交通省の協力も得ながら全国7つの港湾区域で調査を行います。

 

追記 2017年6月18日

神戸港における緊急調査で確認されたヒアリについて

<神戸市同時発表>

 5月26日に兵庫県尼崎市において国内で初めてヒアリが確認されたことを受け、環境省では、ヒアリが付着していたコンテナが留置されていた地点周辺における緊急調査を実施してきました。

 今般、当該コンテナが一時的に保管されていた兵庫県神戸市ポートアイランドのコンテナヤードにおける緊急調査において、ヒアリの個体が確認され、緊急防除を開始していますので、お知らせします。

 今後も、自治体等と連携協力して調査を実施するとともに、ヒアリの防除を速やかに実施して参ります。なお、他の調査地点においてはヒアリの個体は確認されていません。


ストップ・ザ・ヒアリ
(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)

抜粋


 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民団体がアスベスト集会「... | トップ | 東京都災害廃棄物処理計画を... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。