東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

23区 「清掃負担の公平」による負担の調整額(平成29年度)について

2016年10月14日 19時55分20秒 | 東京23区のごみ

☆グラフは江東区議会「清掃港湾・臨海部対策特別委員会」資料より作成



平成20年3月14日区長会総会において「清掃負担の公平・役割分担のあり方について」の中で了承された「金銭による負担の調整の方策」に従って、平成29年度調整額の算定は、平成 27年度のごみ量に基づき、各区の負担額が算出された。この調整額は、平成29年度の東京二十三区清掃一部事務組合分担金に反映されることとなる。


「清掃負担の公平」による各区の負担の調整額は、
自区内のごみ発生量、自区内の清掃工場でのごみ焼却量などに応じて、細かな計算で算定をするのだが、、今回は平成27年度のごみ量での算定、、、杉並区は、杉並清掃工場建替による半額免除、練馬区は、練馬清掃工場建替え及び試運転期間中の半額免除などが適応された。世田谷清掃工場の、ダイオキシン漏れによる長期の稼働停止休炉は、免除措置の対象とはならなかった、、、世田谷区、収集運搬経費の大増額のみならず、、、踏んだり蹴ったりではあるが~なにしろ人口89万人でごみ量も23区で一番多い区なので、、、


江東区議会「清掃港湾・臨海部対策特別委員会」資料より転載

■「清掃負担の公平」による負担の調整額について

1 負担の調整の概要
○自区内の発生ごみ量に一定のごみ量を加算したものを、各清掃工場の「一定の処理基準」とする。
○「一定の処理基準」において処理出来ないごみ量に1トンあたり1,500円を乗じた額を、負担の調整総額とする。
○負担金は、年間の処理量が一定の基準に達していない区と工場未設区が負担する。一定の基準に達していない区は達していない割合に応じ、工場未設区は自区内発生ごみ量に応じて負担する。
○負担金を受け取る区は、一定の処理基準を超えて処理している割合に応じて受け取る(当初受取額)
○清掃工場建替え期間中の区、建替工場の試運転期間のある区、及び一定の処理基準が清掃工場の年間処理能力を超えている区は、負担金の一部を免除する。免除額は、調整額を受け取る区で調整する。(免除分負担額)
○当初受取額から免除分負担額を控除した額が、実受取額となる。
○負担方法は、清掃一部事務組合分担金と相殺して行う。

2 平成29年度調整額の算定結果
(1)調整総額
 244,377.12t×1,500円=366,565,684円(≒366,565,000円)
(2)免除額
区名 免除理由 免除額(円) 備考
杉並 工場建替え 28,602,000円 半額免除
練馬 工場建替え試運転期間 4,888,000円 半額免除
豊島 処理能力超過  396,000円 処理能力を超える938.03t分を免除
江戸川 処理能力超過 4,340,000円 処理能力を超える10,284.21t分を免除
合計         38,226,000円
(3)調整額の受取区


詳細は~
画像をクリックで拡大

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


●「各区の負担の調整額」の確定額支払額推移


●各区の分担金(負担の調整後の実納付額

東京二十三区清掃一部事務組合平成29年度予算、各区の分担金額は2月頃


 


 

今日は、江東区議会の清掃港湾・臨海部対策特別委員会を傍聴した~
豊洲市場問題で、東京都からの報告もあるというので、新聞やテレビなどの報道関係者が大勢詰めかけていた、、、さすがに豊洲市場問題は長引き、、、お昼休憩後、午後も豊洲市場、2時半頃、東京都職員も傍聴者も報道関係者も一旦退出させられてしまったので、、そのまま傍聴を止めてしまった、  そのあとどうなったのだろう、、、報告といえども、市場長からの謝罪と併せて、質疑でもマスコミで報道されている程度しかでてこなかったが、、、いろいろ思うこと多いが、、なんだかな~ ということで、「清掃負担の公平」の報告は、根性なしで最後まで傍聴デキズで資料から~

追記
あの委員会の中断というか休憩(?)は、「「豊洲市場問題、丁寧な説明を」江東区議会委員会が都に要請文」ということのようだ。結局は、共産党以外の会派は、、問題をはやく解決して「安全宣言」を出せというような発言もあり~

マスコミの過剰報道に踊らされると、いま成すべき事の本質が揺らいでしまう。安全性の検証や対策はこれからだというのに、早々に「安全宣言」云々という区議会にも失望する、、とはいえ、市場の問題、いろんな関係者も多いので、たいへんんなことだとはおもうが、,,、確実な安全検証、安全対策なくしては、開場などすべきではないとおもう、、、

<豊洲市場>盛り土問題 江東区議会で市場長が謝罪
BIGLOBEニュース-2016年10月14日(毎日新聞)
東京都の豊洲市場(江東区)の主要建物下に盛り土がされていなかった問題で、担当部局の中央卸売市場の岸本良一市場長が14日、江東区議会の清掃港湾・臨海部対策特別委員会に出席し「区長、区議、区民、都民、市場関係者に食の安心・安全に不安を抱 ...


江東区議会
清掃港湾・臨海部対策特別委員会案件表
1   日      時      平成28年10月14日(金)午前10時
2   場      所      江東区議会(全員協議会室)
3   議      題
(1) 28 陳情第70 号 土壌汚染対策で「虚偽」の説明がなされていた豊洲市場開場の再検討を都に求めることに関する陳情
4   報告事項
(1)  臨海副都心有明南地区地区計画の都市計画変更について(案)
(2)  豊洲市場について
(3)  江東区立豊洲ぐるり公園の設置見送りについて ←11月の開園延期
(4)  東京エコサービス株式会社の現況について ←平成27年度、当期純利益334,445,031円。剰余金の配当額は8,000万円。各区とも1区あたり208万円の配当金あり
(5)  「清掃負担の公平」による負担の調整額について
※   当日は報告事項(1)及び(2)について東京都職員の出席を予定しております。


区民環境委員会案件表
1 日 時 平成28年10月12日(水)午前10時
2 場 所 江東区議会(第1委員会室)
3 議 題
(1) 議案第74号 青少年交流プラザの指定管理者の指定について
(2) 議案第75号 産業会館の指定管理者の指定について
(3) 議案第83号 江東区青少年交流プラザ条例
(4) 27陳情第23号 福山通運トラックターミナル排気口の浄化装置設置に関する陳情
(継)
(5) 27陳情第42号 羽田空港機能強化に関する説明会についての陳情(継)
(6) 27陳情第43号 江東区青少年センター改修に関する陳情(継)
(7) 27陳情第44号 荒川上空を羽田空港出発機の経路としないことを国、都に働きか
けるよう求める陳情(継)
(8) 28陳情第13号 「江東区スポーツ推進計画」の基本理念と区民の期待・要望に合
致しない区立スポーツ施設・プール使用料の値上げ構想に関する
陳情(継)
(9) 28陳情第40号 羽田空港発旅客機の新たな騒音影響に関する陳情(継)
(10) 28陳情第43号 歩きたばこ・ポイ捨て禁止に関する陳情(継)
(11) 28陳情第46号 中学生の個人情報の閲覧を自衛隊に認めないことを求める陳情(継)
(12) 28陳情第65号 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続について意見書の提出に
関する陳情
(同趣旨の陳情外1件 28陳情第66号)
4 報告事項
(1) 第34回江東区民まつり中央まつりについて
(2) 平成28年度協働事業提案制度採択事業について
(3) 江東区勤労者福祉サービスセンターの福利厚生事業業務委託の実施について
(4) 大規模小売店舗の新設について
(5) 江東区文化プログラムについて
(6) 旧大石家住宅改修工事に伴う一般公開休止について
(7) 東大島文化センターの改修工事について
(8) 中川船番所資料館「資料閲覧学習室」の活用について
(9) 第36回江東シーサイドマラソン大会の申込み状況について
(10) 江東区スポーツ会館その他2施設のプール等工事について
(11) 証明書自動交付機の設置期間の延長について
(12) 江東区環境基本計画の平成27年度進捗状況について
(13) 羽田空港の機能強化に関する国等の動向について
(14) 江東区一般廃棄物処理基本計画に盛り込むべき考え方について≪答申≫
(15) 廃棄物処理手数料の改定について ←23区の粗大ごみ処理手数料、動物死体処理手数料が平成29年10月1日改定予定(今後のスケジュール、条例改正など経て平成29年1月以降 事業者及び区民への周知)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲問題で小池都知事、幹部... | トップ | (再)容器包装の3Rを進める... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。