東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

容リ協会 平成28年度有償拠出金(約53億円)の市町村別配分明細を掲載(23区はPETボトル 4.6億円)

2017年06月01日 19時56分34秒 | 東京23区のごみ

容器包装リサイクル協会のHPで、平成28年度の有償拠出金の市町村別配分明細が掲載された~

いわゆる、市町村が容器包装を集めて、指定法人ルート(容リ協会)で再商品化したもののうち、、ペットボトルなどのように、容リ協会が再商品化事業者に有償で売れたものを市町村に配分するというもの。売却できた容器包装は、平成28年度はガラスびん(無色・茶色)、ペットボトル、紙製容器包装である。総額は5,286,968,127円そのほとんどがペットボトルの5,068,228,133円である。

ペットボトルの売却代金は、年度によってかなりの開きがある。平成26年度は、市町村の収集量の変動も大きいのだろうが約102億円。23区でも、ペットボトルの分別収集はすべての区で行っているが、指定法人ルートに流さず、独自ルートで売却処理する区が増えてきているので、、、それがいいのか悪いのか、、そのあとの再商品化まで見据えているのかどうかだろうが、、(鎌倉市など、PETtoPETにするためにあえて独自ルートに流すという市もあるが、、、多くの区は、選別保管の手間や経費の削減で独自ルートに流すのが多いのでは?)  

容器包装プラスチックに関しては、もちろん、有価で売れないので、指定法人ルートで、再商品化事業者を入札で決める。平成29年度は50,106円/トン(平均)かけて再商品化する。その経費は特定事業者(プラスチック容器包装を製造、利用して販売などしてる事業者など)が負担する。しかし、、いまでは、分別回収していた市町村も、収集・選別・保管にお金がかかりすぎると分別を中止して、可燃ごみとして焼却するところが増えてきた。このような問題だらけの容リ法、、どうなるのか、、、、

23区の場合(ガラスびん、紙製容器包装の分配金はなし)←23区で紙製容器包装の指定法人ルートの区はない

23区のすべての区でペットボトルの分別回収は実施しているが、
指定法人ルートに流している区は平成28年度で15区(全量ではなく一部の区もある)

ペットボトル 有償拠出金配分額一覧(平成 28年度)

PETボトル 有償拠出金配分額一覧 (平成 28年度)
区名 引渡量(トン) 配分金額(円)
千代田区 391.1 11,251,935
中央区 494.6 12,394,226
港区 1,045.94 28,990,025
文京区 596.49 16,175,711
墨田区 999.968 25,377,958
江東区 1,906.76 52,647,193
品川区 1,354.93 34,806,806
目黒区 993.2 27,939,335
世田谷区 2,186.382 75,226,870
中野区 955.26 28,632,110
杉並区 739.29 21,852,553
荒川区 657.328 16,269,514
板橋区 982.24 25,450,657
練馬区 704.684 17,673,071
江戸川区 2,415.088 66,121,298
23区計 16,423 460,809,262
 

平成29年6月1日

ガラスびん、紙製容器包装は全国分の一覧表で掲載します。PETボトルは地域別に一覧表で掲載しています。
【表の並び順:特定分別基準適合物の種類、都道府県名、市町村又は組合名、引渡量、配分金額、構成市町村】

ガラスびん : 全国分の一覧表(PDF)   / 全国分の一覧表(エクセル) 

紙製容器包装 : 全国分の一覧表(PDF) /   全国分の一覧表(エクセル)

PETボトル : 全国分の一覧表(エクセル) ※全国分の一覧表はエクセルのみです。

PETボトル : 地域別の一覧表(PDF) ※地域別の一覧表はPDFのみです。

北海道 北海道
pdfファイル
             
東北 青森県
pdfファイル
岩手県
pdfファイル
宮城県
pdfファイル
秋田県
pdfファイル
山形県
pdfファイル
福島県
pdfファイル
   
関東 茨城県
pdfファイル
栃木県
pdfファイル
群馬県
pdfファイル
埼玉県
pdfファイル
千葉県
pdfファイル
東京都
pdfファイル
神奈川県
pdfファイル
平成29年5月22日更新

再生処理事業者が当協会にお金を支払う「有償入札」をした場合、リサイクル(再商品化)の実施および製品販売後、再生処理事業者から当協会に再商品化受託料が支払われます。当協会はこの収入を一旦まとめて、消費税相当分を除く全額を、引き渡し量と落札単価に基づいて各々の該当する市町村へ拠出します。これを「有償分拠出金」と呼んでいます。
当該年度の4月~2月の収入発生分は3月末に拠出し、3月収入発生分を翌年度の5月末に拠出します。この2度の拠出の合計金額実績を各年度分として掲載しております。

※容リ法第10条の2、市町村への資金拠出制度における「合理化拠出金」とは異なります。

グラフ:市町村への有償分拠出金

単位:円
  20年度分 21年度分 22年度分 23年度分 24年度分 25年度分 26年度分 27年度分 28年度分
ガラスびん(合計) 5,582,281 9,317,473 589,892 0 0 0 80,572 363,787 125,417
  無色 5,569,609 8,774,682 525,621 0 0 0 48,856 323,991 79,229
茶色 12,672 542,791 64,271 0 0 0 31,716 39,796 46,188
その他色 0 0 0 0 0 0 0 0 0
PETボトル 4,495,755,615 1,407,706,772 4,093,718,170 8,485,105,091 7,927,001,441 6,894,161,886 10,194,317,678 6,406,985,557 5,068,228,133
紙製容器包装 - 5,177,521 72,994,066 154,407,600 160,451,988 139,261,256 173,843,857 216,396,471 218,614,577
プラスチック製容器包装 - - - - - - - - -
合計 4,501,337,896 1,422,201,766 4,167,302,128 8,639,512,691 8,087,453,429 7,033,423,142 10,368,242,107 6,623,745,815 5,286,968,127
※ 「-」表示については、有償入札が認められていないため、拠出もありません

 

関連(本ブログ) 
容器包装リサイクル協会 平成28年度分の有償収入分を市町村に拠出(拠出額:約52億9千万円)2017年05月23日
第1回 ペットボトルリサイクルの在り方検討会の資料から(ペットボトルリサイクル、独自ルートは3割)2017年04月18日
23区 容器包装プラスチックの再商品化事業者 落札結果(平成29年度)指定法人ルート2017年04月07日
容リ法 指定法人ルート ペットボトル ベール品質調査項目に「容易に分離可能なラベル付きボトル」を追加2017年04月06日
容リ協会 平成27年度有償拠出金(約66億円)の市町村別配分明細を掲載(23区は5.5億円)2016年12月02日


例えば、

平成29年度 23区「PETボトル」の再商品化


平成28年度 23区「PETボトル」の再商品化

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国初 一般廃棄物の溶融スラ... | トップ | 青南商事の家庭向け無人資源... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。