東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

23区清掃一組 放射能濃度測定の変更及び放射線障害防止実施細則の改定について

2017年03月21日 20時14分51秒 | 東京23区のごみ

 清掃一組HPで、放射能濃度測定の変更を受け「放射線障害防止実施細則(平成29年4月1日改定)(PDF:258KB)」を改定したというお知らせがでている。

放射能濃度測定の変更は、「平成28年度第3回「区民との意見交換会」開催結果(清掃一組からの説明内容)」の資料「清掃一組のこれまでの放射能対策と今後の放射能測定について」、意見交換の内容清掃一組の放射能対策に詳しくでている。

放射能濃度測定の変更点
①一部工場を除く飛灰及び溶融飛灰の測定を終了
②飛灰処理汚泥(一部工場の飛灰)は現行の1回/2週から1回/月に変更
③排ガス測定の「活性炭部」の測定を終了
※一部工場とされている墨田、北、豊島、渋谷の4工場は、中防灰溶融施設で飛灰の処理をしているため、各工場では飛灰処理汚泥が発生しないため、引き続き飛灰の測定を行うとのことであった。

関連(本ブログ)
23区清掃一組 平成29年4月からの放射能測定の変更について(「区民との意見交換会」にて)2017年03月08日

 




東京二十三区清掃一部事務組合 2017年3月21日

新着情報

3月21日

区民の皆様へ

放射能濃度測定の変更及び放射線障害防止実施細則の改定について NEW

3月21日

区民の皆様へ

平成28年度第3回「区民との意見交換会」開催結果(清掃一組からの説明内容)について掲載しました NEW

3月21日

区民の皆様へ

港清掃工場環境報告書2016を掲載しました NEW

3月17日

区民の皆様へ

平成29年第1回東京二十三区清掃一部事務組合議会臨時会の会議結果について

3月17日

区民の皆様へ

平成28年度定期監査等の結果について掲載しました

3月17日

区民の皆様へ

豊島清掃工場だより第38号を掲載しました

3月15日

区民の皆様へ

各建替工事の全景写真等を更新しました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第22回PCB廃棄物適正処理... | トップ |  荏原環境プラントグループに... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。