東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

環境省組織規則の一部を改正する省令等の施行について(平成29年7月14日公布・施行)

2017年07月14日 21時30分24秒 | ごみ全般/環境政策

環境省「概要 [PDF 163 KB]」より



これまで3つの部局にまたがっていた廃棄物・リサイクル対策と放射性物質汚染対策を統合し一元的に取り組む「環境再生・資源循環局」を新設し、放射性物質汚染からの環境再生に関し中核的組織として整備。


環境省 2017年7月14日

環境省組織規則の一部を改正する省令等の施行について

環境省組織令の一部を改正する政令の施行に伴い、環境省組織規則の一部を改正する省令等を本日公布・施行いたしましたので、お知らせいたします。

1.改正の趣旨

 環境省に、新たに総合環境政策統括官及び環境再生・資源循環局を設置する等の措置を内容とする環境省組織令の一部を改正する政令について、本年6月27日に閣議決定し、7月14日に施行した。これに伴い、環境省組織規則及び地方環境事務所組織規則をそれぞれ改正し、所要の規定の整備を行う。

2.改正の概要

① 環境省組織規則の一部改正

  • 政策評価室の大臣官房総務課から大臣官房総合政策課への移管

  • 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部各課の下に置かれていた室の環境再生・資源循環局への移管

  • 総合環境政策局各課の下に置かれていた室の大臣官房への移管

  • 地球環境局地球温暖化対策課調整官の廃止及び地球温暖化対策事業室の設置

  • 地球環境局国際連携課地球温暖化国際対策室の廃止

  • 自然環境局総務課から自然環境計画課への生物多様性センターの移管

  • 生物多様性地球戦略企画室及び生物多様性施策推進室の廃止並びに生物多様性戦略推進室の設置

  • 放射性物質汚染廃棄物対策室の設置 等

② 地方環境事務所組織規則の一部改正

  • 東北地方環境事務所の一部の課を廃止し、新設される福島地方環境事務所に、廃止した課に相当する課を設置

  • 福島地方環境事務所の設置に伴う管轄区域の特例の設定 等

3.スケジュール

  平成29年7月14日 公布・施行

添付資料

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 23区清掃一組「水銀への対応... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。