東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

23区清掃一組 水銀混入ごみによる 練馬 清掃工場 1 号炉の停止について

2017年02月13日 21時01分26秒 | 東京23区のごみ


なんということ、、まだ新しい清掃工場だというのに、

練馬清掃工場は、2015年11月竣工の23区の稼働中19清掃工場で一番新しい工場
水銀による炉停止は、2016年3月の中央清掃工場2号炉からしばらく起きていないとおもっていたけど、、

練馬清掃工場の1号炉、水銀混入ごみのため、
2月13日(月)5時55分 排ガス水銀濃度が上昇し、7時55分に焼却炉の立下げを開始したと、、、


東京二十三区清掃一部事務組合 2017年2月13日

お知らせ


平成 2 9 年 2 月 13 日
東京二十三区清掃一部事務組合

水銀混入ごみによる練馬清掃工場1号炉の停止について

 練馬清掃工場において、1号焼却炉の排ガス中水銀濃度が、自己規制値※1(0.05mg/m³N)を超えたため、焼却炉を停止しました。※2
 なお、排ガス中の水銀濃度が一時的に自己規制値(0.05mg/m³N)を超えることがあっても、周辺地域に環境汚染や健康被害を生じることはありません。
 区民、事業者の皆様におかれましては、適正なごみの出し方に従い排出されるようお願いします。
 今後の見通しについては下記のとおりです。

1 停止日時 平成29年2月13日(月)7時55分
2 経緯 2月13日(月)5時55分 排ガス水銀濃度上昇
                 7時00分 煙突入口水銀濃度0.078mg/m³N(1時間平均値)
                 7時55分 焼却炉停止操作開始
3 今後の見通し及び対応
  設備の汚染状況調査と清掃等の対策を実施し、再稼働予定です。
4 不適正ごみの搬入防止
  プラント設備の機能などを脅かす不適正なごみの搬入防止に向けて、搬入物検査の強化と23区と連携して対策を継続して講じています。
 ※1排ガス中の水銀に関して法律による排出基準はありませんが、東京二十三区清掃一部事務組合の清掃工場においては自己規制値(0.05mg/m³N)を定め、その遵守を徹底しています。
 ※2練馬清掃工場2号炉は、正常に焼却処理を行っています。

 



東京二十三区清掃一部事務組合

水銀混入ごみによる焼却炉の停止

23区内の複数の清掃工場では、水銀が混入したごみの搬入が原因で排ガス中の水銀濃度が上昇したたため、焼却炉を停止する事態が発生し、その復旧に多大な時間と費用がかかっています。
水銀を含むごみの搬入は絶対に許しません。
区民、事業者の皆様におかれましては、水銀の適正な分別処理をお願いいたします。

【水銀混入ごみにより停止した工場】

清掃工場名

焼却炉番号

停止期間

物的被害金額(概算)

千歳

1号炉

平成23年7月15日から

平成23年7月23日まで

約50万円

杉並

1号炉

平成23年9月9日から

平成23年9月20日まで

約50万円

板橋

2号炉

平成24年3月28日から

平成24年4月4日まで

約50万円

目黒

2号炉

平成24年5月27日から

平成24年6月6日まで

約100万円

千歳

1号炉

平成24年7月12日から

平成24年7月21日まで

約50万円

江戸川

2号炉

平成25年9月18日から

平成25年10月12日まで

約350万円

光が丘

2号炉

平成26年2月10日から

平成26年3月1日まで

約300万円

中央

2号炉

平成26年2月8日から

平成26年6月11日まで

約1億9千6百万円

江戸川

2号炉

平成26年11月3日から

平成26年12月13日まで

約100万円

品川

1号炉

平成27年1月28日から

平成27年2月20日まで

約50万円

江戸川

2号炉

平成27年12月19日から

平成27年12月30日まで

約50万円

中央
2号炉
平成28年3月11日から
平成28年5月5日まで
約1,200万円

焼却炉停止等の経過

 

水銀混入ごみにより停止した焼却炉の復旧状況等(平成22年6月から平成23年3月)

焼却炉の状況

水銀混入ごみの不適正搬入のために稼働停止を余儀なくされた5つの焼却炉はすべて正常化しました。

清掃工場名

焼却炉番号

停止期間

物的被害金額(概算)

足立

2号炉

平成22年6月11日から

平成22年9月3日まで

約2億8千万円

平成22年9月16日から

平成22年9月27日まで

約50万円

板橋

2号炉

平成22年7月1日から

平成22年7月17日まで

約50万円

光が丘

1.2号炉

平成22年7月8日から

平成22年8月13日(1号炉)まで

平成22年10月18日(2号炉)まで

約50万円(1号炉)

約550万円(2号炉)

千歳

1号炉

平成22年7月18日から

平成22年7月28日まで

約50万円

目黒

1号炉

平成23年2月22日から

平成23年3月10日まで

約300万円

焼却炉停止等の経過


水銀による炉停止は、平成22年度の足立清掃工場以降は、全てその都度公表されるようになった
平成22年度以前も、水銀による炉停止は時々あったようだが、、

委員会などの質疑で公表されたのは、足立(H18.3)、葛飾(H19.11)、板橋(H21.2)、杉並(H21.2)

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 低濃度ポリ塩化ビフェニル廃... | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。