東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

2025年度からのごみ処理民間委託方針を見直し 三木市/兵庫

2017年07月08日 08時31分12秒 | ごみ全般/環境政策

三木市の2025年度(平成37年度)からのごみ処理民間委託問題、
神戸新聞の「ごみ処理の民間委託方針を見直し」によると、「ごみ処理を民間委託するとしていた方針を見直し、全ての選択肢を再検討する」となっている。また、「民間委託を明記した一般廃棄物処理基本計画案については9月の市議会定例会に提案する予定だったが、方向性が決まるまで先送りする。」と~

■ ごみ処理の民間委託方針を見直し 三木市
神戸新聞 2017年7月8日
 兵庫県三木市は7日、2025年度からごみ処理を民間委託するとしていた方針を見直し、全ての選択肢を再検討することを明らかにした。薮本吉秀前市長が進めた民間委託については市民の理解が得られておらず、仲田一彦市長は市長選の期間中から「説明責任が果たされていない」と訴えていた。決定の経緯も不透明と批判する声も多いため、透明性を確保しながら方向性を決めるという。(大島光貴) ... …


三木市のホームページをみると、7月2日に市長選挙があり、ごみの民間委託を進めていた薮本吉秀前市長は落選し、仲田一彦氏が新市長になったようだ。このごみ処理の民間委託も争点だったのか?


三木市長選挙【投票および開票の状況】
三木市長選挙結果

投票者数36,879人(投票率56.20%)

仲田 一彦 26,727票 ←新市長
やぶもと 吉秀 9,667票 ←前市長

 

関連(本ブログ)
■ 三木市、ごみ処理民間委託(大栄環境)で、 疑問や懸念に回答 広報別冊全戸配布、説明会も開催/兵庫 2016年12月07日

関連(本ブログ)
■ 三木市、ごみ処理民間委託(大栄環境)で、 疑問や懸念に回答 広報別冊全戸配布、説明会も開催/兵庫 2016年12月07日
ごみ処理「民間活用」に 2月から業者公募 三木/兵庫 2016年01月23日
三木市 ごみ処理 民間委託の方針見直し 単独広域も検討/兵庫 2015年12月11日

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。