東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か!!

佐賀市清掃工場「CO2分離回収事業」で供給量、売却額公開せず

2017年05月06日 11時32分25秒 | ごみ全般/環境政策

環境省「(添付資料)佐賀市清掃工場「二酸化炭素分離回収設備」について [PDF 135 KB]」より

佐賀新聞の「佐賀市 CO2分離回収事業で供給量、売却額公開せず」によると、佐賀新聞社が、装置の昨年度の稼働実績とCO2の供給量、売却額、稼働期間について情報公開請求したが、月報や日報では、稼働期間は記されていたが、供給量などは黒塗りで非開示となったという報道。

二酸化炭素回収機能付き廃棄物発電検討事業は、環境省も、佐賀市清掃工場の廃棄物発電施設に二酸化炭素分離回収設備を追設し、廃棄物焼却ガスからの二酸化炭素を回収・利用する最適なプロセスや採算性を検討(平成27~28年度 環境省補助5億円、補助率 1/2)、日本初の取組などとして、大々的に宣伝したのだから、、、その結果が公表されないということは納得いかない~

■ 佐賀市 CO2分離回収事業で供給量、売却額公開せず
佐賀新聞 2017年5月6日
 佐賀市は、昨夏から運用している市清掃工場の二酸化炭素(CO2)分離回収装置の稼働実績を巡り、企業へのCO2供給量と売却額を非公開としている。供給量や売却額によって企業の経営状況が類推され、企業の競争上の地位を害する恐れがあると説明する。ただ、非公開により総事業費14億円を超える大型事業の実態を市民が把握するのは難しく、専門家は「非公開は不当な判断」と指摘する。
 市は、ごみ焼却で発生するCO2を回収し、藻類を培養する隣接企業に販売している。全国でも珍しい事業で、昨年8月に稼働した。
 総事業費は14億5千万円で、このうち5億円は国補助金。市は2016年度当初予算で764万円、17年度は1255万円の販売収入を見込んでいる。さらに、清掃工場(高木瀬町)北側の用地約20ヘクタールを約18億円で取得・整備し、藻類関連企業に売却する。培養規模の拡大で収入は増加するとみており、将来的には1日10トンを回収、年間1億2千万円の売却益を見込む。
 佐賀新聞社が装置の昨年度の稼働実績とCO2の供給量、売却額、稼働期間について情報公開請求した。市が4月20日付で公開した月報や日報では、稼働期間は記されていたが、供給量などは黒塗りで非開示となっていた。
 市のバイオマス産業都市推進課と循環型社会推進課は、非公開の理由について「供給先が1社であるため、供給量や売却額を公開すると企業の経営状況が類推される恐れがある」と説明した。企業側にも意見を尋ねたところ、非公開を求められたという。 ... 続きは~


東芝トップページ

佐賀市清掃工場向け二酸化炭素分離回収プラントが稼働を開始

清掃工場で商用利用される世界初の二酸化炭素回収プラントが稼働
2016年08月10日

 当社が佐賀市清掃工場に納めた二酸化炭素分離回収プラントが、今月26日から稼働します。本プラントは、清掃工場で商用利用される世界初の二酸化炭素分離回収プラントで、ごみ処理過程で発生する排ガスから二酸化炭素を分離回収します。回収した二酸化炭素は藻類の培養や農作物の栽培等に活用するために、佐賀市が事業者に売却します。

 本プラントは、当社が火力発電所向けに開発した化学吸収法による二酸化炭素分離回収技術を適用しています。ごみ焼却時に発生する排ガスにアルカリ性のアミン水溶液を接触させることで、排ガスから二酸化炭素を吸収し、その水溶液を加熱することにより、二酸化炭素を高純度で分離・回収します。これにより、清掃工場から発生する排ガスの一部から、1日で最大10トンの二酸化炭素を回収できます。

 当社は、佐賀市の「清掃工場バイオマス利活用促進事業」において、2013年10月に小型の二酸化炭素分離回収実験プラントを佐賀市清掃工場に納入しました。実験プラントは累計で8,000時間稼働しており、そこから得られたデータをもとに、農業等に提供可能な高純度の二酸化炭素分離回収技術の検証、清掃工場での回収コストの評価、二酸化炭素の利活用方法の検討などを佐賀市と共同で実施しました。本プラントでは、これらの知見を活用し、清掃工場固有の排ガスの不純物影響等を考慮した分離・回収システムを確立しました。

 当社は、本プラントおよび福岡県大牟田市の二酸化炭素分離回収パイロットプラント等での実績をもとに、二酸化炭素分離回収技術の高性能化と適用市場の拡大を推進し、将来的に火力発電プラントと統合された低炭素システムの構築を目指します。 

2016年8月10日時点。当社調べ。



関連(本ブログ)
佐賀市清掃工場「二酸化炭素分離回収設備」稼動式典(8/26)について 2016年08月19日

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 県境越えごみ再資源化 大崎・... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アドバルーンを揚げたが (tnk)
2017-05-07 23:16:54
昨年8月の稼働式典で、大々的にPRしたが、施設の実情を公表すると経営危機の東芝にさらに打撃を与えるとの判断からでしょうか?
発表が無いということは、「とても世間様に言えない」状況だと理解します。
会計検査院に税金の無駄遣いを追及されるべき施設でしょう。
昨年の記事にも、「商業的に持続可能な施設ではないと思う。」と、コメントをさせて頂きました。
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/101fdad7907f195d3fc3c23a6fdb2800



新しい取組 (wa)
2017-05-08 09:30:56
こういう実証事業的な取組は、確固とした理念があってこそ成り立つのでしょうが、そこのところもよく理解できません。しかし、公表しないというのはよくないですね、、そのうち明らかになるでしょうが、、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。