東京23区のごみ問題を考える

脱焼却の循環型ごみ処理システムは可能か?!
〜 新聞情報など覚書 〜
&脱原発、脱原発、脱原発

23区 杉並清掃工場建替工事における総合評価落札方式の実施について

2011年08月18日 20時34分12秒 | 東京23区のごみ
東京二十三区清掃一部事務組合HPより:http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/

平成23年8月18日
東京二十三区清掃一部事務組合
■杉並清掃工場建替工事における総合評価落札方式の実施について
http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/topics/data/suginamitatekae.pdf
杉並清掃工場建替工事の一般競争入札を総合評価落札方式で行いますのでお知らせします。
1 総合評価落札方式
技術提案と価格を総合的に評価して落札者を決定します。
価格のみではなく施設の性能や機能などの技術水準も評価対象とします。
2 総合評価の方法
技術審査
職員及び建設当該区職員で構成するごみ処理施設選定委員会・技術評価委員会で審査し評価します。技術評価委員会では学識経験者の意見を聴取します。
評価方法
技術提案に対して杉並清掃工場建替工事総合評価実施基準に基づき、技術評価点及び価格評価点(価格を評点化したもの)を付与します。技術評価点と価格評価点を合計し、評価値とします。
3 技術評価項目
性能・機能に関する項目
社会的要請への対応に関する項目
企業の技術力に関する項目
総合的なコスト削減に関する項目
4 評価内容の担保
提案内容の確実な実施を担保するため契約条項に規定します。
5 契約までのスケジュール(予定)
平成23年度(9月中旬) 入札公告
平成23〜24年度 技術評価
平成24年度 入札・契約
<問い合わせ先>
東京二十三区清掃一部事務組合
建設部建設課建設調整係
電話 03−6238−0941

今日、たまたま、東京二十三区清掃一部事務組合「清掃技報 第11号」の「総合評価落札方式の導入について」の報告を読んでいたところ。全国各地の焼却施設では、故障続きの欠陥施設、維持管理費の高騰、燃料使用量のおもわぬ増大などなど、いろんなトラブルから訴訟になることも多い。一組の総合評価落札方式では、提案内容の担保方法として「用役使用量」や「補修項目」もあったので興味深くみていたところ。

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
総合評価落札方式 東京二十三区清掃一部事務組合 ごみ処理施設 一般競争入札
コメント (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ごみ処理:官民で輸出 大阪市、... | トップ | 宮城県震災復興計画 〜 宮城・東... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む