日々徒然です

カフェにようこそ!

旧友に会えて

2016-12-10 01:41:47 | 小説
幼馴染みが帰ってきた。旧友が帰ってきた知らせは直ぐにわかる
もちろんラインで、お互いの近況報告はしているから「久しぶり」では無い
出版社に就職して営業部に移動したらしく毎日が忙しそうだった
俺はアイツの忙しさを心配しつつラインしていた
旧友では終りたくない為に・・・

幼い頃から俺はアイツが好きだった
アイツが転校していく時、住所を交換
もちろん!スマホ時代にはIDも交換していた
今回はアイツの日頃の頑張りで○○賞だかを貰ったようで休暇を取ったとの事

久しぶりに見たアイツは逞しくなっていた
ラインでは、彼女が居ない事は知っている
店に来たアイツの近況報告を聞き、頑張っている事が嬉しくなる
酒は強くはないが弱くもない
つまみを食べつつ徐々に愚痴になっている
酔いもまわり舌っ足らずに話すアイツ
「可愛い」そんな言葉が当て嵌る
口に出した訳ではないが、「俺はぁ可愛くないぞ」
目がトロンとしてきた
2階の部屋に案内する「懐かしいなぁ~何年ぶりかなぁ」
誘っているのかと思う程の目で話す
昔は部屋でよく遊んでた。なんて独り言を話してる
店にはお客さんも居なくて片付けを早々に終わらせて2階に上がる

アイツは・・・「遅いぞぉ~」
なんて話しつつ酒を飲んでいる
酔っ払ったアイツを見てると、なんだか変な気持ちになってきた
肌に触れたい、キスをしたい欲求が抑えられなくなってきた

「チュ」リップ音を立てながら唇に触れる
「あっ・・うん~」誘うような目、トロンとした目
俺の数十年の欲求が抑えられない!!

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意外な帰省 | トップ | 寄り添う2人 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。