日々徒然です

カフェにようこそ!

寄り添う2人

2016-12-13 16:50:27 | 小説
気づいた時には、一緒の布団に入っていた
アイツの温もりに触れたくて
酔っ払っていたアイツ・・・少し体が温かい
「ちゅっ」「うっん~」「はぁ~」
舌が絡み合う、されるがままのアイツ
甘い香りがした
離れていた間の思いが溢れ出る
俺はセーブが効かないかもしれない
そんな思いが過る
キスは深く角度を変える、より深く絡み合う
服の上から体のラインをまさぐっていたが服の裾から突起へ
手が動く
「うっ~ん」「はっぁ~」
艶やかな声が耳に触る
自虐心を煽る
一枚、一枚と脱がしていく
ふたつの突起は尖がりを増していく
舌で遊ぶとアイツの反応は面白いように飛び跳ねる
俺の思考は最高潮に達する
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧友に会えて | トップ | 目覚めた2人 »

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。