和小物、和のもの、日本の心を贈るなら

和物、和柄が好きな方。ギフト、プレゼントにおすすめの伝統工芸と和雑貨の店、通販もやってます。江古田に実店舗あり。

語ら灯 秋の着せ替え

2016年09月19日 | 住まいを彩る小道具

先日、店を休んで藝大美術館へ「驚きの明治工藝」展を見に出かけました。展示はどれも素晴らしく、時を忘れて眺め入るばかりでした。

 
その帰り、夕暮れ時の雨上がり。

最寄り駅からの道すがら、マンションから赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。元気そうな声。

頭の中に、店の営業のこともあり、敬老の日が引っかかっていたもので、赤ちゃんの泣き声が、ふと特別な音に聞こえて参りました。

店主は50目前ですが、50年生きることが、長かったかと言えばそうでもなかったと感じております。一年一年早まる時間の速度。

泣きたくなることも減らず、大人だから泣きはしないけど、小さな頃とあまり変わっていないなと、そんなことを思って歩きました。
あの泣き声の赤ちゃんは、これからの人。私は随分遠くまで歩いてきたもんだなと、そんなことを思って歩きました。

老いてきた、親のことも思います。
いつか、別れの日が来るとしても、1年先は嫌だな、2年先も嫌だな、3年先だって、やっぱり嫌だな。

本当の死は、誰からも忘れられた時と読んだことがあります。美術館で目にした工芸品は、作り手が生きた証。私は何が残せるのだろうか・・・・

薄闇、暗がり、そんな気配は物思いを誘うようで、とぼとぼ歩いて帰宅した夕暮れ。しんみり、しんみり。

家にたどり着き、灯りをつけると、目に眩しい光。暗い思いはスッと離れていきました。

光は、人を安心させ、癒してくれると気付いたひとコマ。
 
---------------------------
語ら灯 秋の着せ替え  
「語ら灯」は手ぬぐいをランプシェードに使う行灯照明。注染手ぬぐいの一大産地、大阪は堺から届いた照明器具。

驚くほど簡単な方法で、手ぬぐいの着脱が出来るので、手ぬぐいの数だけ、お部屋の印象を変えられる、インテリアアイテム。

店頭で、実物をご覧いただけます。
交換の簡単さを体験してみて下さい。

 
---------------------------
※「驚きの明治工藝」割引券(¥1300→¥1000)ご入用の方、先着で差し上げておりますので、どうぞ。
*+*-*+*-*+-*+-+*-*+*-*+-*-+**+-*+
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
03-6914-8050

環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします

環のtwitter フォローよろしくお願いいたします

#和雑貨 #和小物 #秋 #語ら灯 #注染手ぬぐい #照明器具 #和の風情 #行灯 #敬老の日
『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【漆のうつわ】まるで本物、... | トップ | 伝統工芸+モード系オシャレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住まいを彩る小道具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。