私、希少がんP-net患者です

1996年に膵臓手術時は病名も不明。
膵内分泌腫瘍は10万人に一人の希少がん。
通称名 P-net(ピーネット)

安定剤代わり

2017年02月13日 | 日記
私は病気になってからブログを続けて書いていた時期がしばらくあります。

無知なために引っ越しでブロバイダーが変わることによってブログが使えなくなるとは思ってもいなかったため
当時の記事は消えてなくなりました(´;ω;`)ウゥゥ

最近また書き始めるようになって
以前はあまり感じることのなかった自分を第三者の目で見られる感じがするのです。

自分の気持ちをただ書いているだけですが
読み返すと矛盾に気が付くこともありますし
書きながら考えをまとめる作業もします。

今一人暮らしをしている私が返事こそ帰ってこないけれども
自分と話し合うような
パパに報告してるような
そんな感じになって気持ちが落ち着くのです。

前にブログを書き続けていた時は
こんなこと書くとどう思われるだろう?などと
人の目を気にした書き方になってしまっていました。

今は人がどう思うか、ではなく自分の気持ちを収める棚のような気持ちで記事を書いています。
たいしたことのない話でも更新して読み返すとホッとして一息つける感じがするんです。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じる者は・・・ | トップ | レモン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (パイン)
2017-02-13 22:44:50
2/8 ヨミドクター こころ元気塾に

女性がん患者 「書く」ケア効果…気持ちを整理、病と向き合う と書く効用についての記事があります

ここでの実践より、ブログの文章は多くの方の目に留まります。

20年以上も闘える病気であることは、今診断されたばかりの方にとっても、経過観察の方にとっても、多くの患者にとっても希望です
Unknown (アケビ)
2017-02-14 14:10:29
パインさん

拙いブログをいつも気にかけてくださってありがとうございます。
確かに病気経過20年を過ぎましたがほかに同じような方と出会ったことがありません。
再発しないで20年ならうれしいんですけど再発するたびにモグラたたきをし続けるって
疲れたりもしますし休みたいとも思います。
経過観察しながらできる範囲でのんびりしたいと思っています。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事