私、希少がんP-net患者です

1996年に膵臓手術時は病名も不明。
膵内分泌腫瘍は10万人に一人の希少がん。
通称名 P-net(ピーネット)

信じる者は・・・

2017年02月13日 | 日記
病気が長いとそりゃ心は揺れますよね
患者自身もそうですが、家族や友達などに患者がいても同様です。

どうにかして少しでも体に良いものを‼
免疫力を上げるためには何をすればいいの?

と必死に情報を集めます。

みんな自分に合うものと出会えればそれを続ければ良いのですが
何しろ心が不安定ですし
何が正しいのか判断できないでしょう

私がそういう情報を探しているからなおさらだと思いますが
昔に比べて情報量がとても多くなってきました。

多くなったのは良いことだとは思うのですが
多い中から自分に合うものを選ぶ目がない患者さんは少なくないと思います。

そして残念なことに多くの情報の中には
単なる儲け主義の売り込みもあるわけで
患者の不安な心理を利用してビジネスしてるようなものは避けていかなければなりません。


私は2年位前から自分で豆乳ヨーグルトを作って毎日食べています。
おかげで便秘知らず。
そのうえ長年困っていた花粉症が年々良くなってきているんです。

作り方はとても簡単で
市販の無調整豆乳に毎日できたヨーグルトをひとさじ入れてぐるぐるかき混ぜる。

器は密閉容器ではなく軽く蓋が乗るような茶碗蒸し用の器みたいな形のもので
台所の調味料棚の上にちょこんと置いておくだけ
常温で24時間経つとしっかり固まったヨーグルトになるんです。

興味のある方は「豆乳ぐるぐるヨーグルト」とか「TGGヨーグルト」で検索してみてください。
本も出版されていますから立ち読みでも(笑)

味は使う豆乳によって少し違ったりしますし
家の環境によっては固まりにくかったりもするのですが

一番最初の乳酸菌醗酵を呼ぶものは 通常は無農薬玄米だったり アボカドの種だったり
いろいろなものが乳酸菌を持っているのでリンゴの芯の部分などでもできちゃうんですよ!

つまり市販されているヨーグルトよりも安く自然の力で作れるヨーグルトなんです。

ちなみに私は産まれたばかりの孫のお手てを豆乳にチャプチャプさせて作りました。
毎日孫のパワーの入った豆乳ヨーグルトを繋ぎながら食べて体質改善にもなっているという訳なんです!

腸は大事な臓器です
お腹が冷えるのも良くないし便秘が続くなんてことも何とかしないといけません
毎日できる簡単な方法で腸が快調になれば体全体の循環も良くなると信じています。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気持ちはゆれるもの | トップ | 安定剤代わり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。