私、希少がんP-net患者です

1996年に膵臓手術時は病名も不明。
膵内分泌腫瘍は10万人に一人の希少がん。
通称名 P-net(ピーネット)

レモン

2017年02月17日 | 日記
今日は関東一帯で春一番が吹き荒れているようです。
少しだけ鼻がムズムズしますがくしゃみはまだ出ません。
豆乳ヨーグルトのおかげかな~?


体質改善のもう一つ ご紹介します。レモンです!

いろんな情報を読むと体が酸性に偏るとがんができやすくなるらしいとか…
でアルカリ性のものを取り入れて酸性寄りの体をアルカリ寄りにするのです。

酸っぱいレモンを上手にいただく方法ってないかなぁ~
と思いついた方法が気に入ってるのでご紹介します。

300cc程度入る保温ポットを用意して
安全に作られているレモン(私は国産のを生協で買っています)を
皮ごとざく切りにして種もついたままポットに入れます

あと肝心なのが非加熱のハチミツ。
市販されているハチミツの多くが加熱処理されているのですが
探すとありますよ 非加熱のハチミツ。
大さじ1杯をポットに入れて 熱湯を注ぎます。

で、すぐには飲まないで2~3時間後
美味しい大人向けのハチミツレモンができています!

これがおいしいんですよ~(^▽^) 
甘さが控えめで少し苦みもあって気のせいか体がシャンとします。

でね、これがまたもったいないし
まだ美味しい味が楽しめるので
最初と同じように非加熱のハチミツを入れて熱湯を注いで2時間くらいかな?

これ三回くらい繰り返して作ります。
三回目くらいになると少し味が薄くなるのでポットを振って「おいしくなれ~」
軽く二の腕運動にもなっちゃいますね!
良く振ったらレモンの果肉も入ったとっておきの一杯が飲めます。

それでラストは
ポットからざく切りの ボロボロになったレモンを出して
みんな食べちゃうんです~

これがまた柔らかくなってて種まで食べられちゃいますよ!
これをほぼ毎日繰り返し作って飲んで食べているので
けっこうアルカリになってるんじゃないかなぁ~(笑)

そうそう 途中でシナモンをポットに入れてもいいと思います。
シナモンも抗酸化作用があると聞いたことがありますし
味のポイントになるし 体が温まるんです。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安定剤代わり | トップ | 奇跡の復活 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。