整備手帳  尾崎 剛と北海道の四季とオートバイ

カワサキ650RS W3のスカイブルーは
故郷・四国の夏の空色
いつまでも、19歳の夏を忘れないように

その価値は、カネじゃない

2017年06月22日 | BMW R100トラッド
色々と考えた結果、
R100を手離しました。

最後に乗ったのは2年前、

ニセコの友人のところに遊びに行ったのが最後で、その後は車検切れ、たまにガレージのなかで暖気運転するだけでした。

ハイエースに積んで「レッドバロン旭川店」に運び、

査定をしてもらいます。

微妙な金額だったので、思わずそのまま持って帰りたくなりましたが、
ぐっと堪えて置いてきたR100。

・道北地域のディーラーさんと相性が良くないこと
・夏は仕事が忙し過ぎて、乗れない
・ガレージが手狭だから、断捨離

とまあ、動機はいくつかあったのですが、
実は、本機は素晴らしかった。

しっかりと基本整備さえしておけば、
あとは手間もお金もかからない、まことにコスパの良いオートバイでした。

今のBMWには、自分は乗らないと思います。
あのゴツさは、ちょっと僕には、わからない。

かつてBMWは、美しかった。

僕のR100も、純粋に機械として美しかった。

たった45万円との引き換えならば、全くもって馬鹿馬鹿しくて、
そのまま持ち帰りシートでぐるぐる巻きにして「塩漬け」の状態でガレージのいちばん奥に押し込んでおいたほうが良かったかなと、
いまは思っています。

45万円。

その価値は、カネじゃなかったな。



さて。
どうやら僕は純粋に「カワサキ乗り」に戻ったようです。
旧姓・尾崎の頃は、カワサキ一辺倒だったわけだし。

Z750FXと、650RS。

R100とは比べ物にならないくらい、どちらも恐ろしくカネと手がかかるバイク。

大丈夫か俺⁉︎

こうなったのも運命。
残り半分の人生、とことん付き合っていこうと思います。

あーあ、結局、元に戻っただけかー。
成長してないな、俺。旧姓尾崎。














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加